横浜アリーナの座席表のキャパや見え方を画像や写真で紹介!見やすい席はどこなの?

人気アーティストのライブで使用されることが多い横浜アリーナ。

収容人数は約17,000人とアリーナとしての規模は大きく、

最寄駅の新横浜は新幹線が留まる駅でもあるため、遠方から来る方も多い場所です。

そんな横浜アリーナですが

「自分の席からどのような感じで見えるのか」見え方が気になりますよね?

そこで座席表からどのような見え方をするのかを画像付きでご紹介し、

私はコンサートスタッフのアルバイトをしていたので個人的に見やすい席もご紹介します。







横浜アリーナの座席表やキャパは?

横浜アリーナの座席表は以下の通りです。

引用:横浜アリーナ公式HP

横浜アリーナのキャパは最初にご紹介した通り、約17,000人と大規模な会場です。

会場の造りとしては

  • センター席(1階)
  • アリーナ席(A〜Eブロック)
  • 立ち見席(2階or4階)
  • スタンド席(東西南北)

の4種類から構成されており、他のコンサート会場ではアリーナ席というと1階のことを指すのですが、

横浜アリーナの場合、アリーナ席は2階なのでご注意ください。

横浜アリーナの会場パターンについて

横浜アリーナで催し物が行われる際は以下の3パターンから会場が作られます。

この3パターンの中でコンサートはAパターンのような会場が作られることが多いので

Aパターンの見え方を次から画像付きでご紹介していきます。

センター席(1階)の見え方の写真

アリーナ席(2階)Bブロック付近の見え方の写真

アリーナ席(2階)Dブロック付近の見え方の写真

アリーナ席(2階)Eブロック付近の見え方の写真

東スタンド席(3階)の見え方の写真

西スタンド席(3階)の見え方の写真

南スタンド席(3階)の見え方の写真

北スタンド席(3階)の見え方の写真

立ち見席(2階)の見え方の写真

横浜アリーナの見やすい席はどこ?

横浜アリーナで特に見やすいなと感じる席は

  • センター席の真ん中付近以外
  • アリーナ席の前の方

の2つが一番アーティストを近くで見られるので個人的には当たりだと思います。

また、スタンド席でも東スタンドと南スタンドはステージの真横なので

前方付近であれば距離は近く感じます。

反対に一番見づらいのは

  • 立ち見席
  • アリーナ席後方
  • スタンド席後方

辺りが見づらく感じるかもしれませんし、場合によってはセンター席のC・D辺りも身長の関係から見づらい可能性があります。

ちなみに立ち見席はアリーナ席の後方に設置されていますが、この席だとアーティストとの距離はかなり遠く感じると思います。

ただ、演出でアーティストがセンター席の周りを一周したりする場合もあるので

そういう演出があれば近くで見れますが、そうでない場合はアリーナ席前方の方が圧倒的に見やすいです。

前方の席かどうかの見分け方!

自分の座席の判別方法についてですが、チケットには列番号と席番号が記載されています。

横浜アリーナではこの列番号が若いほど前方となるため、列番号の数字を注意して見てみてください。

ちなみにセンター席はAブロックが一番前となり、Dブロックが一番後ろで、そのブロックの中で若い番号から順に前となるのでご注意ください。

また、横浜アリーナ公式HPでは自分の座席を調べることができるため、

お手元にチケットをお持ちの方は検索してみてください。

>>座席を検索する

横浜アリーナのアクセス

横浜アリーナのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3−10

【アクセス】
横浜市営地下鉄ブルーライン『新横浜駅』7番出入口より、徒歩4分
JR新幹線『新横浜駅』東口より、徒歩5分
JR横浜線『新横浜駅』北口より、徒歩5分

「なんだ、遠い席かよ…」座席に不満を感じたあなたへ

「コンビニでチケットを発券したらなんか遠い席で萎える…」

私も同じ経験がありましたが、双眼鏡を手に入れてからは、状況が一変。今では、遠い席でも公演を存分に楽しめるようになりました。

ちなみに、私が愛用しているのは以下の双眼鏡。

【特徴】
・10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでも、ふとした表情が確認可能
・レンズが42mmと高い(この数値が大きいほど暗い会場でもくっきり見やすくなる)
・重さが500gで、500mlのペットボトルとほぼ同じ重さ
・この重さのおかげで手ブレしづらく、激しい動きにも見失う心配なし
・メガネの上からでも使用可能

上記のような特徴を備えていて、満足度も最高。久しぶりに良い買い物をした気分になりました。ただ、値段が5,000円近く掛かるので、あまりイベント会場に足を運ばない方はおすすめできません。

最近はコロナ禍の影響で着席でのイベントが増えていて、双眼鏡の出番も増えました。この状況はしばらく続きそうなので、せっかくの思い出をより楽しみたいなら活躍間違いなしのアイテムです。

横浜アリーナ周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では横浜アリーナ周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

横浜アリーナの座席表や見え方を写真付きでご紹介し、
私の個人的に見やすい席も述べさせていただきましたが、いかがでしたか?

コンサートは当選してから当日までの時間もワクワクが止まりませんよね!

なので、自分の座席がどんな感じ描きになると思うので、
この記事を見て少しでもイメージが湧いていただけたら嬉しいです!