横浜アリーナの座席表の見え方を画像や写真で紹介!見やすい席はどこなの?

人気アーティストのライブで使用されることが多い横浜アリーナ。

収容人数は約1万7000人とアリーナとしての規模は大きく、
最寄駅の新横浜は新幹線が留まる駅でもあるため、遠方から来る方も多い場所です。

そして、お目当のライブを前にして
「自分の席からどのような感じで見えるのか」見え方が気になりますよね?

そこで座席表からどのような見え方をするのかを画像付きでご紹介し、
私はコンサートスタッフのアルバイトをしていたので個人的に見やすい席もご紹介します。




横浜アリーナの座席表について

横浜アリーナは以下の画像のような構造をしています。

私たちがライブで使用するのは主に

  • センター席(1階)
  • アリーナ席 (2階)
  • 立見スペース(2階)
  • スタンド席(3階)

の4種類で、アリーナ、立ち見、スタンドには東・西・南・北が振り分けられています。

また、多くの会場ではアリーナ席が1階なのですが、
横浜アリーナの場合はアリーナ席は2階なのでご注意ください。
(私もアルバイト時代、何度も間違えそうになりました笑)

そして、横浜アリーナでコンサートが行われる際は以下の3パターンから会場が作られます。

この3パターンの中で特にAパターンのような会場が作られることが多いので
Aパターンの見え方を次から画像付きでご紹介していきます。

センター席(1階)の見え方の写真

東アリーナ席(2階)の見え方の写真

西アリーナ席(2階)の見え方の写真

南アリーナ席(2階)の見え方の写真

北アリーナ席(2階)の見え方の写真





東スタンド(3階)の見え方の写真

西スタンド(3階)の見え方の写真

南スタンド(3階)の見え方の写真

北スタンド(3階)の見え方の写真

立ち見席(2階)の見え方の写真

横浜アリーナの見やすい席はどこ?

ライブでは座席は基本的に自動に振り当てられてしまうので
自分の振り当てられた席が見やすいのか気になりますよね。

そんな振り当てられた席のどこが当たりかというと

  • センター席の真ん中付近以外
  • アリーナ席の前の方

の2つが一番アーティストを近くで見られるので個人的には当たりだと思います!

また、スタンド席でも東スタンドと南スタンドはステージの真横なので
前方付近であれば距離感は近く感じますよ!

反対に一番見づらいのは

  • 立ち見席
  • アリーナ席後方
  • スタンド席後方

だと思います…
立ち見席はアリーナ席の後方に設置されていますが、かなりアーティストとの距離は遠く感じると思います。

あと、場合によってはセンター席のC・D辺りも見づらいです。

演出でアーティストがセンター席の周りを一周したりする場合もあるので
そういう演出があれば近くで見れますが、そうでない場合はアリーナ席前方の方が圧倒的に見やすいです。





前方の席かどうかの見分け方!

「じゃあ、どこを見れば前方の席かどうかわかるの?」と疑問に感じると思いますが、
チケットには列番号と席番号が記載されています。

横浜アリーナではこの列番号が若いほど前方となるため、列番号の数字を注意して見てみてください!

ちなみにセンター席はAブロックが一番前となり、Dブロックが一番後ろです。

そのブロックの中で若い番号から順に前となるのでご注意ください!

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状です。

私もコンサートに行った際に2階席などの遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが
遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、
首にぶら下げることもできるので、コンサートでの使用に非常に向いています。

また、私はコンタクトですが、メガネをかけている方でも使用できたという声もあり、とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

横浜アリーナの座席表や見え方を写真付きでご紹介し、
私の個人的に見やすい席も述べさせていただきましたが、いかがでしたか?

コンサートは当選してから当日までの時間もワクワクが止まりませんよね!

なので、自分の座席がどんな感じ描きになると思うので、
この記事を見て少しでもイメージが湧いていただけたら嬉しいです!




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る