日本ガイシホールの座席表のキャパや見え方を画像付きでご紹介!ライブでの見やすさはどうなの?

ライブ会場などで使用される日本ガイシホール。

キャパは約10,000人と中部地区では大規模なアリーナとなるため、

ツアーなどでよく使用される会場の一つです。

そんな日本ガイシホールですが、実際に座席表からどのような眺めが見えるのか、

見え方が気になりますよね?

そこで、実際の画像付きで座席から見える景色を画像付きでご紹介し、

見やすさなどについても説明していきます。







日本ガイシホールの座席表の画像とキャパは?

日本ガイシホールの座席表の画像は以下の通りです。
日本ガイシホールの座席表の画像とキャパは?
引用:日本ガイシホール公式HP

ちなみに日本ガイシホール公式HPではより詳しく座席表を見ることができるため、

お手元にチケットがある場合はぜひ検索してみてください。

>>座席を検索する

上の座席表にもある通り、日本ガイシホールは

  • アリーナ席(1階席)
  • スタンド席(2階席)

の大きく2種類に分けることができ、キャパは約10,000人となっています。

また、アリーナ席のD席後方にブリージア席というのが設置されるパターンもありますが、

基本的にライブの場合は設置されないケースが多いため、今回の紹介では省きます。

そして、上記の座席表だけを見ても、実際にどのような見え方をするのか、

イメージが湧きづらいと思うので、次に実際の画像付きで眺めをご紹介していきます。

アリーナ席(1階席)の見え方の画像


スタンド席(B席)の見え方

スタンド席(D席)の見え方

スタンド席(E席)の見え方

スタンド席(I席)の見え方

スタンド席(J席)の見え方

スタンド席(P席)の見え方


以上が座席からの見え方のご紹介になります。

全ての座席の画像は用意できませんでしたが、

最初にご紹介した画像と照らし合わせながら、ステージとの距離をイメージできるかと思います。

日本ガイシホールの見やすさはどうなの?

全体的に見やすさはどうなのかについてですが、ネットの声では見やすいという意見が多く見られます。

実際の画像を見てもわかるかと思いますが、ステージだけでなく、

アリーナの周りを出演者が歩く円形のような作りになっている場合も結構あるので、

その場合ですと、スタンド席の場合でも近い距離で楽しむことができます。

 

また、スタンド席でもJ席とP席はステージの真横なので、かなり見やすいです。

ただ、スタンド席後方はどうしても出演者との距離が他の席と比べると遠く感じてしまいます。




日本ガイシホールのアクセス

日本ガイシホールのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5丁目1番地16

【アクセス】
JR東海道本線「笠寺駅」下車、徒歩3分

「なんだ、遠い席かよ…」座席に不満を感じたあなたへ

「コンビニでチケットを発券したらなんか遠い席で萎える…」

私も同じ経験がありましたが、双眼鏡を手に入れてからは、状況が一変。今では、遠い席でも公演を存分に楽しめるようになりました。

ちなみに、私が愛用しているのは以下の双眼鏡。

【特徴】
・10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでも、ふとした表情が確認可能
・レンズが42mmと高い(この数値が大きいほど暗い会場でもくっきり見やすくなる)
・重さが500gで、500mlのペットボトルとほぼ同じ重さ
・この重さのおかげで手ブレしづらく、激しい動きにも見失う心配なし
・メガネの上からでも使用可能

上記のような特徴を備えていて、満足度も最高。久しぶりに良い買い物をした気分になりました。ただ、値段が5,000円近く掛かるので、あまりイベント会場に足を運ばない方はおすすめできません。

最近はコロナ禍の影響で着席でのイベントが増えていて、双眼鏡の出番も増えました。この状況はしばらく続きそうなので、せっかくの思い出をより楽しみたいなら活躍間違いなしのアイテムです。

日本ガイシホール周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では日本ガイシホール周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

日本ガイシホールの座席表や見え方を画像付きでご紹介しました。

スタンド席後方はどうしても距離を感じてしまいますが、

全体的には見やすい席が多い会場と言えるでしょう。

もし、遠くの席になってしまった場合は、双眼鏡などでカバーするのもアリです!

今回ご紹介した画像で少しでも座席からの景色がイメージできたら幸いです!