日本ガイシホールの座席表のキャパや見え方を画像付きでご紹介!ライブでの見やすさはどうなの?

ライブ会場などで使用される日本ガイシホール。

キャパは約10,000人と中部地区では大規模なアリーナとなるため、

ツアーなどでよく使用される会場の一つです。

そんな日本ガイシホールですが、実際に座席表からどのような眺めが見えるのか、

見え方が気になりますよね?

そこで、実際の画像付きで座席から見える景色を画像付きでご紹介し、

見やすさなどについても説明していきます。







日本ガイシホールの座席表の画像とキャパは?

日本ガイシホールの座席表の画像は以下の通りです。

引用:https://livekiti.com/

上の座席表にもある通り、日本ガイシホールは

  • アリーナ席(1階席)
  • スタンド席(2階席)

の大きく2種類に分けることができ、キャパは約10,000人となっています。

また、アリーナ席のD席後方にブリージア席というのが設置されるパターンもありますが、

基本的にライブの場合は、使用されないケースが多いため、

今回の紹介では省きます。

そして、上記の座席表だけを見ても、実際にどのような見え方をするのか、

イメージが湧きづらいと思うので、次に実際の画像付きで眺めをご紹介していきます!

アリーナ席(1階席)の見え方の画像


スタンド席(B席)の見え方

スタンド席(D席)の見え方

スタンド席(E席)の見え方

スタンド席(I席)の見え方

スタンド席(J席)の見え方

スタンド席(P席)の見え方


以上が座席からの見え方のご紹介になります。

全ての座席の画像は用意できませんでしたが、

最初にご紹介した画像と照らし合わせながら、ステージとの距離をイメージできるかと思います。

日本ガイシホールの見やすさはどうなの?

全体的に見やすさはどうなのかについてですが、ネットの声では見やすいという意見が多く見られます。

実際の画像を見てもわかるかと思いますが、ステージだけでなく、

アリーナの周りを出演者が歩く円形のような作りになっている場合も結構あるので、

その場合ですと、スタンド席の場合でも近い距離で楽しむことができます。

 

また、スタンド席でもJ席とP席はステージの真横なので、かなり見やすいです。

ただ、スタンド席後方はどうしても出演者との距離が他の席と比べると遠く感じてしまいます。




双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席からの眺めをご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状なので、

私もコンサートに行った際に2階席などのステージより遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

結局コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが、

以下の双眼鏡を使用することで遠い席に当たってしまった場合でも以前より楽しむことができるようになりました。

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽いのが特徴で、

長時間首にぶら下げていても首の負担が少なかったりメガネをかけている私でも問題なく使用できたため、今ではとても重宝しています。

 

また、「Amazonでお得に買う方法!この裏技を知らないで損をしている人が多すぎ!」という記事では誰でも1,000円以上お得に商品を購入する方法をご紹介しており、

これはよくわからないサイトに登録するなど決して怪しい方法ではなく、Amazon内で手続きが完了するAmazon公式が推奨している方法なので、

「双眼鏡をAmazonで購入するか検討中 or Amazonをよく利用している」という方は要チェックです。

ライブによく行く私が実践する宿泊先の最安値を探す方法!

ライブを行く際にもう一つ気にかけておかなければならないのは宿泊先です!

ただ、複数のホテルを探したり、料金を比較するのってとても面倒ですよね…

そんな時、私はトリバゴを利用してホテルの予約を取っています。

トリバゴは

  1. 指定されたキーワード周辺のホテルを一覧で表示!
  2. 値段、距離、評価の順番に並べ替え可能!
  3. そのまま予約も可能!

という比較サイトで、検索する時間お金も節約できるので私がとても重宝しているサイトです。

利用方法は以下の画像の通りとなっており、とても簡単です!

また、会場に近いホテルを探したい場合は以下のように操作してください。

一瞬で会場周辺のホテルが出てきますし、ホテル代は日によって大きく変動するので、絶対にホテル代で損をしたくない!という方は一度試してみてください!

■たった1分でホテル代の比較&予約ができる!■

まとめ

日本ガイシホールの座席表や見え方を画像付きでご紹介しました。

スタンド席後方はどうしても距離を感じてしまいますが、

全体的には見やすい席が多い会場と言えるでしょう。

もし、遠くの席になってしまった場合は、双眼鏡などでカバーするのもアリです!

今回ご紹介した画像で少しでも座席からの景色がイメージできたら幸いです!