写真写りが良くなる方法(男性編)!写りがいい人と悪すぎる人の違いはコレ!

自分が写った写真を見て

「自分ってこんな顔だったっけ…?」
「なんか暗い雰囲気で写っている…」

と、写真写りが悪すぎて悩んでいる人も多いかと思います。

 

写真写りが悪い、という意識を持ってしまうと、
写真に写るのが嫌になってしまいますよね。

でも実は、そんな苦手意識がさらに写真写りを悪くしてしまっていたんです!

自信を持って写真に写ることができるよう、
男性向けに写真写りが良くなる方法・オススメのポーズを説明していきます!

また、写りが悪い人といい人の違いについても紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。




写真写りが良くなる方法はコレ!

写真写りを良くするために一番大切なことは、
ズバリ「まず自分を知ること」です!

人によって、カッコよく写る角度や表情が変わります。
まずは、鏡を見て自分が一番素敵に写る角度を探してみましょう。

 

また笑顔も、思い切り笑った顔が似合う人もいる一方で、
笑いすぎると写りが悪くなってしまう人もいます。
特に以下の4点を意識して、まずは自分の顔をしっかり観察してみましょう。

 

  • 一番良く見える角度
    (真正面ではなく、少し角度を付けるのがオススメです)
  • 自分にとってちょうどよい笑顔
    (笑いジワが多い人は、クシャっとした笑顔にすると優しい、包容力のある印象になります!)
  • 似合う髪型
  • 似合う色
    (明るい印象にしたい時は白系を、クールにしたいときは黒系がオススメです)

 

鏡でお気に入りの角度・表情などが定まったら、
次は何枚か自撮りして写真写りを確認します。

 

鏡と写真では、写り方が若干異なりますので、
自撮りの練習はとても大切です!

 

この時のコツは、目線はカメラより少し上に向けて、
リラックスした状態で明るい印象を心掛けることです!

 

また、顎だけ引いてしまうと二重顎になってしまうので、
顎を引きつつ首筋を伸ばすよう意識しましょう。

写真写りが良くなるオススメのポーズはある?

まず大前提として、どのポーズでも
しっかり背筋を伸ばすことを意識しましょう!

猫背になっていると、
自信がなさそう、暗そうといったネガティブなイメージを与えてしまいます。

 

また、真正面からではなく少しだけ横を向いたポーズにすると動きがあり
活発で男らしい印象を与えることができます。

右向き・左向きは、人によって似合う方向があるので鏡で確認してみてください。

 

ポーズとしては、一般的なピースサインなども元気な印象を与えることができますが、
ガッツポーズ両手を上げるポーズにすると、
一気に男らしさを出すことができ写真写りが良くなります。

また、仲間と腕を組んで撮ったり、
自分の好きなもの(ペットや楽器、スポーツグッズなど)と一緒に撮ることで、
自然と素敵な笑顔になることができてオススメです。

さらに、頬杖をついて落ち着いた笑顔で、なんていうポーズも、
大人の男らしさを演出することができてオススメです。

写真写りが悪すぎる?その原因はコレ!

まず、冒頭で述べたように
自分が良く映る角度などを把握できていないのが大きな1つの原因です。

その他の原因として、
そもそも写真を撮ることに慣れていないため
苦手意識恥じらいを持っていることが挙げられます。

自分に自信がないから恥ずかしいな、あまり写真に写りたくないな…
と思った状態で撮ってしまうと、

それが表情や雰囲気に表れてしまって写真写りが悪くなってしまいます。

そのようなことを防ぐためにも、自信を持って写真に写ることができるよう、
鏡で自分を研究し、自撮りで写真に慣れていきましょう!
ちなみに自撮りで練習するのは恥ずかしいことではありません。

毎回写真写りが良いあの人も話を聞くと実は影で練習していた…
なんて事も全然あります。

男はルックスが全てではない!中身も大切に

もちろん、ルックスが良いと自分に自信を持つことができたり良い面もあります。

しかし、外見だけにこだわりすぎると、
それが自ずと行動にも出てしまい、「ナルシスト」と思われて周りから引かれてしまうことも…。

写真は不思議と、その人が持っている性格や考え方などの内面も写真の雰囲気として表れます。

優しそうな人や、穏やかな人は、写真を見ると何となくわかりますよね。

外見にこだわりすぎるのではなく、
自分の内面に自信を持って明るい気持ちで写真に写れば、
自然と良い写真が撮れるはずです!

そして、良い写真が撮れるようになったら
マッチングサイトで成果を試してみるのもアリです!
【pairs】Facebookで恋活・婚活
pairs3

まとめ

男性向けに、写真写りが良くなる方法についてご紹介してきました。
しっかり自分を観察・研究して、自信を持って写真に写ることが重要です。

写真写りがいい人の多くは、自分が良く写る角度や、似合うファッションをきちんと把握しています。

 

自分に合う角度などを研究したら、
カッコよく写るポーズを意識して写真を撮ってみましょう!

ガッツポーズをして男らしさを出したり、
好きなもの・人と一緒に写って自然な笑顔で写真を撮るのがコツです。

 

写真写りが悪すぎる…と悩んでいる人も、
まずは自分の内面に自信を持って前向きな気持ちで写真に写ることから始めてみましょう!

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

にほんブログ村

ページ上部へ戻る