ソルフェジオ周波数に危険な効果が?本物の見分け方はCDや本の購入がオススメ!

巷で有名なヒーリングミュージックのソルフェジオ周波数。

私たちの体には7つのチャクラ(気)が存在し、その中でも528hzの音を聴くとDNAを修復する効果があるとされており、

それが若返りに繋がると考えられていることから密かに人気が高いということを以下の記事でもご紹介した。


しかし、一方ではソルフェジオ周波数は危険な効果があるとする声も見られる。

もし、あなたが現在ソルフェジオ周波数を聴く習慣がある場合、

目を疑いたくなる情報だが、実際にソルフェジオ周波数は危険なのかと、

本物の見分け方などをまとめてみた。




ソルフェジオ周波数は危険なものではない!

結論から言うと、ソルフェジオ周波数を聴くことで

副作用などの危険な要素は無いとされている。

と言うのも、ソルフェジオ周波数というのは科学的に効果が実証されているものではなく、

効果があると思い込むことで実際に効果が得られる「プラシーボ効果」の要素が強いため、

そのようなものに副作用などの危険な影響が及ぶことは無いのである。

ただ、音というのは暗示が強く、それによってソルフェジオ周波数も効果が高いとされているのだが、

YouTubeなどで出回っているソルフェジオ周波数は偽物も紛れているとのことなので、

例えば、440hzは人を不快にさせたり、ストレスを溜めやすくする効果があるとされているのだが、

それを528hzなどと偽って紹介されている可能性もゼロではないのだ。

なので、しっかりと正しいソルフェジオ周波数であれば、危険な効果は無いのである。

同じ周波数ばかり聴いているとバランスが崩れる可能性も

ただ、危険な可能性として、例えば528hzの音ばかりを聴いていると体のバランスが崩れる恐れがあるとの情報もある。

これは、同じ健康食品をたくさん食べ続けると体が不調になるのと同じ原理で、人間には

  • 396Hz=罪悪感やトラウマからの解放
  • 417Hz=挫折や困難の回復
  • 528Hz=DNAの修復
  • 639Hz=人間関係やつながりの修復
  • 741Hz=問題解決
  • 852Hz=直感を研ぎ澄ませる

という主に7つのチャクラがあるため、

これらを均等に聴いた方が良いとする意見もあるのだ。

これに関しては人それぞれなので、一概には言えないが、

もし、あなたが今一つの周波数を中心に聴いていてあまり効果が感じられなかったり、不安があるようであれば

全ての周波数を聴いてバランスを取るのが良い可能性もある。

しかし、全ての周波数を揃えるのは大変なので


上記の商品は7つの周波数が収録されており、効果があるという声も多いため、オススメしたい。

ちなみにどのような音が収録されているのかは、上記のAmazonのページから視聴することができるため、

自分に合うのかを試してから購入してほしい。

自分に合わない音を選ぶと危険?

音が暗示に強いというのを説明したが、音というのは言葉にも関係する。

例えば、酷く罵声を浴びせられると気分が下がり、場合によってはうつ病となって行動力が低下したり、

体に不調が現れるのはご存知の方も多いと思うが、

これもいわば、言葉という不快な音によって体に不調が現れてているため、

音にはそれだけの力があるということを指している。

 

これをソルフェジオ周波数に当てはめると、

自分が聴いていて不快だと思っていても「効果があるから」と無理をして聴き続けてしまうと、

罵声を浴びたように体に不調が現れる危険性があるというメカニズムである。

YouTubeなどで528hzなどと調べると、同じ周波数でも様々な音が検索されると思うが、

自分が心地よいと感じた音が一番効果があるとされているため、

自分の感覚を大切にして周波数を選ぶことを意識して、周波数を聴くのを習慣化してほしい。



ソルフェジオ周波数の本物の見分け方

YouTubeなどでソルフェジオ周波数などと検索すると、多くの音が投稿されており、無料で聴くことができるが、

これが全て本物なのかと不安に感じている方も多いのではないだろうか。

実際にソルフェジオ周波数の本物の見分け方はよくわかっておらず、

YouTubeで聴く場合は投稿した方を信じるしかないわけだが、

その投稿した人物がどのような方なのかという情報は不明である。

なので、個人的には上記で紹介したCD付きの本のようなものを購入されて聴くことをオススメしたい。

本には著者が記載されており、その人物がこの分野に精通しているのかなどを簡単に知ることができるためだ。

また、それがしっかりと記載されていれば、本物か偽物かなどという不安を感じずに聴くことができるため、

多少値段がかかっても、確実に本物を聴きたいのであれば購入することを強くオススメしたい。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る