さいたまスーパーアリーナ 座席表や見え方を画像で紹介!見やすい席ってどこなの?

コンサートなどでよく使用されるさいたまスーパーアリーナ。

収容人数は約37,000人と関東のコンサート会場では規模が非常に大きいのが特徴です。

そこで、お目当のライブのチケットが当選して自分の座席からどのような景色が広がっているのか、

座席からの見え方が気になると思います。

そこで、画像付きで見え方をご紹介し、見やすい席についてもまとめていきます。




さいたまスーパーアリーナの座席表の仕組み

さいたまスーパーアリーナは可動式の座席となっており、

 

  • アリーナモード
  • スタジアムモード
  • ホールモード

 

という3種類の座席が作られます。

しかし、コンサートで使用されるのはアリーナモードなので、

今回はアリーナモードの見え方の画像のみご紹介していきますね!

さいたまスーパーアリーナ 座席表一覧

さいたまスーパーアリーナの座席表は

 

  • アリーナレベル(1階席)
  • 200レベル(1階席)
  • 300レベル(2階席)
  • 400レベル(2階席)
  • 500レベル(3階席)

 

という5つに分けられます。

では、実際にどのような見え方なのかを画像付きでご紹介していきます。

アリーナレベル(1階席)の見え方の画像


200レベル(1階席)の見え方の画像


300レベル(2階席)の見え方の画像





400レベル(2階席)の見え方の画像


500レベル(3階席)の見え方の画像

以上が見え方の画像一覧です。

見やすい席はどこなの?

では、さいたまスーパーアリーナで見やすい席はどこなのでしょうか?

アーティストとの近い距離感を楽しめる場所は

 

  • アリーナレベルA・B
  • 200レベル 228〜230
  • 200レベル 201〜204

 

辺りがステージと近く、絶妙な距離感を楽しめると思います。

見づらい席はどこなの?

反対に見づらい席はどこなのでしょうか?

こちらもアーティストとの距離感を考えたうえで選ぶとすると、

 

  • アリーナレベルE・F
  • 200レベル 210〜220
  • 300レベル
  • 400レベル
  • 500レベル

 

が当てはまると思います。

さいたまスーパーアリーナが37,000人という大きなキャパがあるため、どうしても見づらい席が多くなってしまいます。

ただ、コンサートの演出によってはステージと反対側にアーティストが移動したりする可能性もあるため、

そうなると、「アリーナレベルE・F」や「200レベル 210〜220」などは実は当たり席だったりします。

 

実際に私もコンサートで200レベルの215辺りの席に座ったことがあるのですが、

トロッコで反対側に来てくれてとても近い距離でコンサートを楽しむことができた経験があります!

なので、一概に上記の席が見づらいというわけでもないことを頭に入れておいてください。

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状です。

私もコンサートに行った際に2階席などの遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが

遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、

首にぶら下げることもできるので、コンサートでの使用に非常に向いています。

 

また、私はコンタクトですが、メガネをかけている方でも使用できたという声もあり、

とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、

素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

さいたまスーパーアリーナはキャパが多いので、どうしても他の会場に比べて距離感を感じてしまう席が多いです。

こればかりは運なので、どうしようもありませんが、近くだったらラッキー程度に捉えておくと、遠かった時のダメージが少なくなるので

さいたまスーパーアリーナで開催されるコンサートは遠くて当たり前と捉えてくのが良いでしょう!




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る