幕張メッセイベントホール 座席表や見え方を画像で紹介!見やすい席ってどこなの?

コンサートなどでよく使用される幕張メッセのイベントホール。

イベントホールの収容人数は約7,000人と中規模な会場ですが、
大好きなアーティストのチケットが当選して、自分の座席からどれくらいの距離感で見れるのか気になりますよね?

そこで、あなたのチケットに記載されている座席表からの見え方はどんな感じなのかを画像付きでご紹介します。

また、私はコンサートスタッフのアルバイトをしていて、何度か訪れたことがあるため、
個人的に見やすいと感じる席も併せてまとめていきます。




幕張メッセ イベントホールの座席表一覧

まず、幕張メッセのイベントホールは以下の画像のような形をしています。

そして、座席の名前は

  • アリーナ席A〜O(1階 画像中央の四角)
  • スタンド席A〜K(2階)

の2つに分かれます。

非常にシンプルな作りとなっているので、この座席表の画像でも何となく見え方がイメージできるかもしれませんが、
実際にどのような景色が見られるのか、一部の席を次でご紹介していきますね!

アリーナ席の見え方の画像(前方)


アリーナ席の見え方の画像(後方)





スタンド席(A席)の見え方の画像

スタンド席(C席)の見え方の画像

スタンド席(E席)の見え方の画像

スタンド席(G席)の見え方の画像


全ての席の画像は用意できませんでしたが、最初にご紹介した座席表と照らし合わせていただくと、景色が想像できると思います。

幕張メッセ イベントホールの見やすい席はどこ?

個人的に幕張メッセで見やすい席だと感じるのは

  • アリーナ席A〜E
  • スタンド席E
  • スタンド席G

の3つが当たりかなと思います。

アリーナ席の前方とスタンド席のステージに一番近い席ですね。
座席表を見ても見やすい席だとイメージしやすいかと思いますが、この3つの席で満足できないということはほとんどないと思います!

幕張メッセ イベントホールの見づらい席はどこ?

反対に、見づらいと感じる可能性が高い席は

  • アリーナ席K〜O
  • スタンド席E・G以外の後方
  • スタンド席A・B・K

かなと思います。

アリーナ席やスタンド席の後方は前方にもたくさんのお客さんがいるため、下手したらスタンド席よりも見づらくなってしまう可能性があります。

また、ステージと反対側のスタンド席A・B・K席も他の席と比べると距離が遠く感じてしまうかもしれません。

ただ、幕張メッセはキャパがそこまで大きくないので、そのような席でも他の会場と比べると距離感は近く感じると思います!

以上ですが、幕張メッセはコンサートによって座席表が変わったりするため、あくまでも参考程度に捉えてください。

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状です。

私もコンサートに行った際に2階席などの遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが
遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、
首にぶら下げることもできるので、コンサートでの使用に非常に向いています。

また、私はコンタクトですが、メガネをかけている方でも使用できたという声もあり、とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

幕張メッセのイベントホールの座席表の見え方を画像付きでご紹介しました。

先ほども述べましたが、幕張メッセはキャパがそこまで多くないので距離感が遠いと感じることはほとんどの席で無いと思います。

また、後方の席でも演出などで場内を一周したりする可能性もあるので、私の見やすい席なども一概には言えません。

なので、そのような演出があるのかなども期待しながらコンサートを楽しんでくださいね!




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る