東京ドームシティホールの座席表のキャパや見え方を画像付きで紹介!見やすい席はどこなの?

コンサート会場などで使用される東京ドームシティホール。

キャパは約3,000人と中規模の大きさですが、

その分、出演者との距離が近く感じられる会場となっています。

そして、自分の座席表からどのような眺めが見えるのか、

見え方が気になりますよね?

そこで実際の画像とともに見え方の紹介と、

見やすい席はどこなのかについてまとめました。







東京ドームシティホールの座席表とキャパは?

東京ドームシティホールの座席表は以下のものになります。

上の座席表にもある通り、東京ドームシティホールの造りは

  • アリーナ席(※スタンディングの場合あり)
  • 第1バルコニー席(2階席)
  • 第2バルコニー席(3階席)
  • 第3バルコニー席(4階席)

という4つに分けることができ、キャパは約3,000人となっています。

厳密にいうと、東京ドームシティホールは地下に会場があるため、

第3バルコニーが1階で、アリーナ席が地下3階となるのですが、

ここではわかりやすいように第1バルコニー席が2階席と表記しています。

ただ、上の座席表を見ても、実際の見え方がどのようになっているのか、

とてもわかりづらいですよね。

そこで、次に画像付きで座席からの見え方をご紹介していきます。

アリーナ席の見え方の画像


第1バルコニー(2階席)の見え方の画像


第2バルコニー(3階席)の見え方の画像


第3バルコニー(4階席)の見え方の画像


以上が実際の画像の紹介になります。

東京ドームシティホールで見やすい席はどこ?

東京ドームシティホールはキャパがそこまで多くないため、

ほとんどの席が見やすい構造になっています。

強いて挙げるならアリーナ席の前方が一番距離が近く、楽しめると思いますが、

見やすさでいうと、第1バルコニーや第2バルコニーの前方の方が

全体的には見やすいかもしれません。

 

あと、上の階の後ろの席は見づらい会場が多いのですが、

東京ドームシティホールは

「後ろの方の席でも見やすかった」という声も見られたため、

見づらくて楽しめないということはほとんどないと思ってもらって大丈夫です!




東京ドームシティホールのアクセス

東京ドームシティホールのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3

【アクセス】
JR「水道橋駅」東口
都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
都営地下鉄大江戸線「春日駅」A1出口

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状です。

私もコンサートに行った際に2階席などの遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが、

遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、

首にぶら下げることもできるので、コンサートでの使用に非常に向いています。

また、メガネをかけている私でもメガネをかけたまま使用できたので、とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

 

また、もしAmazonで購入される場合は、商品をおトクに購入するあまり知られていない裏技があります。

しかも、この方法はAmazon公式が推奨しているもので、1,000円以上もおトクに買い物ができるので

気になる方は以下の記事をチェックしてみてください!

東京ドームシティホール周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では東京ドームシティホール周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

東京ドームシティホールの座席表の見え方を画像付きでご紹介しました。

この会場は見えづらい席がほぼないため、双眼鏡は必要ないかもしれませんが、

ライブをよく見るという方は持っておくと便利な一品です。

今回ご紹介した画像で少しでも座席からの景色がイメージできたら幸いです!