東京ドームシティホールの座席表のキャパや見え方を画像付きで紹介!見やすい席はどこなの?

コンサート会場などで使用される東京ドームシティホール。

キャパは約3,000人と中規模の大きさですが、

その分、出演者との距離が近く感じられる会場となっています。

そして、自分の座席表からどのような眺めが見えるのか、

見え方が気になりますよね?

そこで実際の画像とともに見え方の紹介と、

見やすい席はどこなのかについてまとめました。




東京ドームシティホールの座席表とキャパは?

東京ドームシティホールの座席表は以下のものになります。

上の座席表にもある通り、東京ドームシティホールの造りは

  • アリーナ席(※スタンディングの場合あり)
  • 第1バルコニー席(2階席)
  • 第2バルコニー席(3階席)
  • 第3バルコニー席(4階席)

という4つに分けることができ、キャパは約3,000人となっています。

厳密にいうと、東京ドームシティホールは地下に会場があるため、

第3バルコニーが1階で、アリーナ席が地下3階となるのですが、

ここではわかりやすいように第1バルコニー席が2階席と表記しています。

ただ、上の座席表を見ても、実際の見え方がどのようになっているのか、

とてもわかりづらいですよね。

そこで、次に画像付きで座席からの見え方をご紹介していきます。

アリーナ席の見え方の画像


第1バルコニー(2階席)の見え方の画像


第2バルコニー(3階席)の見え方の画像


第3バルコニー(4階席)の見え方の画像


以上が実際の画像の紹介になります。

東京ドームシティホールで見やすい席はどこ?

東京ドームシティホールはキャパがそこまで多くないため、

ほとんどの席が見やすい構造になっています。

強いて挙げるならアリーナ席の前方が一番距離が近く、楽しめると思いますが、

見やすさでいうと、第1バルコニーや第2バルコニーの前方の方が

全体的には見やすいかもしれません。

 

あと、上の階の後ろの席は見づらい会場が多いのですが、

東京ドームシティホールは

「後ろの方の席でも見やすかった」という声も見られたため、

見づらくて楽しめないということはほとんどないと思ってもらって大丈夫です!




東京ドームシティホールのアクセス

東京ドームシティホールのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3

【アクセス】
JR「水道橋駅」東口
都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
都営地下鉄大江戸線「春日駅」A1出口

「なんだ、遠い席かよ…」座席に不満を感じたあなたへ

「今日はついにチケット発券日だから、コンビニで発券しよう!
…………なんでこんなに遠い席なの、なんか萎えたわ;;」

などという経験はありませんか。

私も同じ経験がありましたが、双眼鏡を手に入れてからは、状況が一変。今では、遠い席でもイベントをおもいっきり楽しめるようになりました。

ちなみに、私が愛用しているのは以下の双眼鏡。

10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでもしっかりと表情が確認でき、レンズが42mmです。この数値が高いほど、暗い会場でも見やすいので、演者のふとした表情も確認可能。

さらに、重さは約500gなので、500mlのペットボトルとほぼ同じ重さ。少し重いと感じるかもしれませんが、逆に重さが軽すぎると、手ブレで見づらくなってしまう欠点もあるので、ちょうど良い重さです。

また、メガネをかけていても使え、オートフォーカスでピント調節がいらないなど、マジで十分すぎる機能を備えています。

もし、双眼鏡をまだ一個を持っていないのであれば、初めの一台としてぜひ双眼鏡デビューして、最高の思い出を作りましょう。

東京ドームシティホール周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では東京ドームシティホール周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

東京ドームシティホールの座席表の見え方を画像付きでご紹介しました。

今回ご紹介した画像であなたの座席からどのような景色が見れるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。