武蔵野の森総合スポーツプラザの座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はどこなの?

武蔵野の森総合スポーツプラザの座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はどこなの?

ライブ会場などとして使用される武蔵野の森総合スポーツプラザのメインホール。

キャパは約10,000人と大規模な造りとなっており、多くのアーティストのツアー会場などで使用されています。

ただ、

「今度、武蔵野の森総合スポーツプラザに行くけど、座席からの見え方はどんな感じなの?」

などと疑問を感じている方も多いです。

そこで、座席表や座席からの見え方を実際の画像とともにご紹介し、

見やすい席はどこなのかについてまとめてみました。

双眼鏡の用意はもうお済みですか??

「楽しみにしていたライブ、チケットを発券したら遠い席だった…」

このような経験ありますよね。私も数えきれないほど経験しました。

しかし、以下の双眼鏡 を手に入れてからは遠い席でも楽しめるようになったので、こっそりお伝えしますね。

上記双眼鏡の特徴
  • 10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでも、ふとした表情が確認可能
  • レンズが42mmと高いので、暗い演出でもくっきりと見やすい
  • メガネの上からでも使用可能

定期的に売り切れていたり、ライブギリギリで注文すると当日までに届かなかったりするのでご注意を。

定期的に値引き中!

武蔵野の森総合スポーツプラザの座席表とキャパは?

武蔵野の森総合スポーツプラザのメインホールの座席表の画像は以下の通りです。

武蔵野の森総合スポーツプラザの座席表とキャパは?
座席は主に

  • アリーナ席(1階席)
  • スタンド席(3階席)
  • スタンド席(4階席)

の3種類に分かれていて、実質3階席は2階席、4階席は3階席となっており、キャパは約10,000人です。

ただ、この座席表の画像からでは自分の座席からの眺めがイメージしづらいですよね。

そこで、座席からの見え方を実際の画像付きでご紹介していきます。

アリーナ席(1階席)からの見え方の画像

スタンド席(3階席)Cブロック付近からの見え方の画像

※3枚目

スタンド席(3階席)Eブロック付近からの見え方の画像

※1枚目

スタンド席(4階席)Gブロック付近からの見え方の画像

スタンド席(4階席)Hブロック付近からの見え方の画像

スタンド席(4階席)Lブロック付近からの見え方の画像

スタンド席(4階席)Mブロック付近からの見え方の画像

※2枚目

以上が武蔵野の森総合スポーツプラザの座席からの見え方のご紹介になります。

全てのブロックからの画像は用意できませんでしたが、近くのブロックの画像から大体の距離感が掴めるかと思います。

見やすい席はどこなの?

武蔵野の森総合スポーツプラザはキャパが約10,000人と大規模な会場ですが、

その中で見やすい席はどこなのでしょうか?

個人的には座席表を見ても分かるとおり

    • アリーナ席前方
    • スタンド3階Cブロック
    • スタンド3階Dブロック
    • スタンド4階Iブロック
    • スタンド4階Lブロック

辺りが見やすい席だと感じます。

ただ、アーティストによってはトロッコに乗って場内を一周する演出があるため、上記のブロック以外でも近くで楽しめる可能性は十分にあります。

しかし、音響があまり良くなかったとの声もあり、これに関しては大規模な会場である以上仕方がないのかもしれませんね。




武蔵野の森総合スポーツプラザのアクセス

武蔵野の森総合スポーツプラザのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒182-0032 東京都調布市西町290−11

【アクセス】
京王線飛田給駅より徒歩5分
西武多摩川線多磨駅より徒歩20分

武蔵野の森総合スポーツプラザ周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では武蔵野の森総合スポーツプラザ周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

「なんだ、遠い席かよ…」座席に不満を感じたあなたへ

「チケットを発券したらなんか遠い席で萎える…」

私も同じ経験がありましたが、以下の双眼鏡 を手に入れてからは状況が一変。遠い席の公演でも存分に楽しめるようになりました。

上記双眼鏡の特徴
  • 10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでも、ふとした表情が確認可能
  • レンズが42mmと高いので、暗い演出でもくっきりと見やすい
  • メガネの上からでも使用可能

このような特徴を備えているため、イベントの満足度も格段にアップ。ただ、値段が約6,000円と決して安くはないので、ぶっちゃけあまりイベント会場に足を運ばない方はもう少し安い双眼鏡でも問題ありませんよ。

人気のため、売り切れに要注意!

よりスペシャルな双眼鏡を安く利用するたった1つの方法

双眼鏡を調べると、5万円以上する高額なものが存在します。それらには防振機能がついていて、以下の動画をみるとその凄さが明確に。

「一生に一度の経験だから双眼鏡にお金をかけたいけど、さすがに5万円以上も使えない…」

このような場合、双眼鏡のレンタルを利用して出費を抑えるのも一つの手。特に カウリル では高額な双眼鏡のレンタルが定価の約10分の1の価格で利用できちゃいます。

カウリルの特徴

・レンタル可能期間は2泊から可能
・送料が一切かからない
・返却はコンビニでもOKで手間がかからない

このように、利用者の負担が少ないのも大きなメリットです。

特に

  • 双眼鏡を頻繁に使う予定がない
  • 高額な双眼鏡を買いたいが、現地で性能を確かめてから買いたい

という方にはおすすめなので、ぜひ一度お試しあれ〜。

期間限定SALE中の双眼鏡あり!

申し込みから返却までの流れ

カウリル公式HP にアクセスし、双眼鏡・レンタル期間を選択する
② 会員登録をしてレンタルを依頼する
③ 指定の住所に双眼鏡が到着する
④ 双眼鏡を使用する
⑤ 到着時と同様の梱包をし、コンビニなどで郵送して完了

-




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください