ネズミの足音で寝れない…うるさいネズミを追い出す方法は超音波が一番な理由

「ネズミの足音がうるさくて、夜寝れない…」などと悩んでいる方は非常に多いです。

しかし、結局どういう対策をして良いのかわからず、結局足音に我慢する日々を過ごしていたり、

どの方法が一番効果があるのかわからず、行動に践め出せなかったりしていると思います。

そこで、ネズミを追い出す方法として一番効果的なものは一体何なのでしょうか?

ネズミに悩むあなたの参考になればと思い、最適な対策方法をご紹介していきます。




ネズミを追い出す方法で一番効果的なのは超音波!?

ネズミを追い出す、または退治する方法として挙げられるのが

  • ネズミ捕りを設置する
  • 毒エサを設置する
  • 業者に依頼する
  • 超音波を使用する

などの対策方法があります。

その中で一番最適な方法とされているのが超音波を使用するという方法です。

というのも、他の対策方法は以下のようなデメリットがあるため、

個人的にもあまりオススメできないかなと感じます。

ネズミ捕り・毒エサはネズミの処理をしなくてはならない

ネズミ捕りと毒エサの使用はネズミを退治することができる可能性がありますが、

仮に退治できたとしても、ネズミを直接あなたが処理しなくてはなりません。

ちなみに家によく出るネズミの大きさは

  • ドブネズミ→20〜28cm以上
    (1ℓの牛乳パックで約20cm)
  • クマネズミ→15〜25cm程度
    (一万円札で16cm)
  • ハツカネズミ→6〜10cm程度
    (100円ライターで8cm)

という大きさとなっているため、比較的大きいネズミを自分の手で処理するのは抵抗がありますよね?

また、ネズミは死骸になると異臭を放つため、うるさい音とは別の問題が発生する可能性がありますし、

あなたの家にネズミがいるということはネズミにとって住みやすい環境ができてしまっているということなので

また別のネズミがやってくるなど根本的な解決にはならない可能性が高いのです。

業者は費用が高い

ネズミを確実に駆除するにはネズミ駆除業者に頼むのが確実なのですが、

駆除にかかる費用の相場を調べてみると、

だいたい10〜25万円程度はかかってしまいます。

これだけ金額の幅があるのは家の広さというよりは工事する箇所の多さによるため、

例えば外からの侵入口を塞ぐ防鼠工事は、古くてすき間の多い家ほど費用がかさんでしまうので

これだけの金額の幅が出てしまいます。

そして、ネズミ対策で業者を利用すると、ほぼほぼ防鼠工事を行うため、

これを行うと10万円は確実に越えると考えておいてください。

ネズミを追い出すのに超音波が良い理由

ネズミを追い出すなら、先ほどご紹介した業者を利用するというのは専門家の意見を聞けるので、オススメではあります。

しかし、高額であることから、まずは自分で対策できる方法として超音波の使用を強くおすすめします。

ただ、超音波は自分の目には見えない分、本当に効果があるのかと疑問を感じますよね?

ですが、超音波がネズミに効果があることはネズミ対策の超音波メーカーではない

第三者機関が効果があることを証明しているのです。

日本大学生産工学部がネズミと超音波の関係を研究した結果

日本大学生産工学部がネズミと超音波の関係について以下のような研究を行いました。

>>強力空中超音波がネズミの聴覚に及ぼす影響について

その結果をまとめると

 

  • 20kHzと28kHzの超音波によって行動が著しく止まるようになった
  • 両耳を閉じ、しきりに耳を掻くネズミも観測された
  • 食事の摂取量が減った

 

などという結果になりました。

ネズミの行動が止まったり、両耳を閉じたり、食事の摂取量が減ったということは

超音波がネズミに対して悪影響を与えていることが結果として証明されたということになります。

日本音響協会がネズミと超音波の関係を研究した結果

次に、ネズミの嫌う周波数が日本音響学会のホームページで紹介されていて、

・(ネズミは)20~50kHz帯がもっとも聴力が良いと報告しています。
・ネズミは成獣で25kHz前後,幼獣で40kHz前後の超音波を使い分けている

などとネズミに超音波が効果があるだけでなく、効果的な周波数があることを発表しているのです。

超音波でネズミを駆除するのが理にかなっている理由

ネズミは雑食性なので、人間が食べるものはもちろん、花や石鹸、昆虫なども食べてしまいます。

しかし、エネルギー消費がとても激しいため、

一般的に2〜3日何も食べないと餓死することがわかっています。

 

つまり、最初の日本大学生産工学部の実験結果で判明した

「食事の摂取量が減った」というのは、

エネルギー消費が激しいネズミにとっては死活問題となるわけです。

 

なので、ネズミとしてはそのような環境にいては餓死してしまうため、

それを逃れるために超音波の環境から逃げて行くというのは理にかなっていると言えるのです。

ネズミに効果的な超音波を発する商品は?

では、どのような商品を使用して超音波を発すれば良いのでしょうか?

個人的にオススメなのは以下のネズミガードという商品です。

■お客様満足度80%超え!■
>>「ネズミガード」公式サイト




なぜ、オススメなのか次でご紹介していきます。

ネズミガードの周波数はネズミが嫌うものと合致している

ネズミガードの仕様は以下の通りです。

  • 幅:約10.8cm
  • 厚さ:約2.4cm
  • 重量:98g
  • 出力周波数:25khz〜26khz
  • 電源:9V型乾電池(2本)

日本音響協会の研究結果では、ネズミは25khzの周波数を聞き分けていることがわかりましたが、

ネズミガードの出力周波数を見ると、しっかりと出力周波数が25khz〜26khzとネズミの嫌う周波数であることが確認できます。

また、電源が乾電池なので、コンセント式とは違い、

特に被害の多い天井裏の設置もできてしまうので、より効果的なのです!

ちなみに超音波の25khzというのは人間にはまず聞こえない音となっていますが、

実際に以下の動画で聞こえるかどうか確認してみてください!

複数の周波数を出すことができる

そして、先ほどの仕様には書いてありませんが、

ネズミガードは複数の周波数を出すことができます。

 

この仕様はネズミ駆除において非常に大事なものです。

 

これがどのような効果をもたらすかというと、

1種類の周波数を流しても最初は効果があるのですが、

ネズミがその音に慣れてしまうと、途中から効果が発揮しなくなってしまうのです。

 

そのネズミの習性にしっかりと対応しており、4種類の周波数を交互に流す仕様となっているため、

ネズミが複数の周波数に対応することができず、ねずみにとって劣悪な環境を作り出すことが可能なのです。

ペットに悪影響は無いの?

ネズミで悩んでいて、犬や猫などのペットを飼っている方も多いと思います。

しかし、ネズミガードの周波数はハムスターやモルモット、リス等のげっ歯類の動物以外のペットには悪影響はないので、

それ以外の犬や猫などのペットを飼っている場合は使用しても問題ありません!

ネズミガードはサポートが充実で全額返金対応も可能!

ただ、これだけ効果が期待できる点を述べても、あくまで”期待できる”だけなので、

「効果が得られなかった」とする声も見られるのが現実です。

仮にあなたがそうなった場合でも公式サイトから購入すれば以下のようにサポートが充実しているため、

お金が無駄になるということはありません。

 

  • その1.安心の全額返金保証
    →満足いかない場合は全額返金してくれる!
  • その2.全額キャッシュバック制度
    →毎月5名限定で、代金を全額キャッシュバック!
  • その3.ネズミガードの安心365日補償プラン
    →アクシデントが発生してもすぐに新品と交換!
  • その4.30日間のマンツーマンメール相談サポート
    →年中無休、24時間メールでサポート対応!
  • その5.全国送料無料・代引き手数料無料
    →全国どこでも送料無料!

 

先ほどもご紹介した通り、一般家庭でネズミ駆除を業者に依頼すると、

一般的に10万円~25万円

という高額な金額がかかってしまいます。

ネズミガードの金額も決して安いものではありませんが、全額返金保証もついていますし、

1〜2万円でまずは試してみるというのも、対策方法に迷って何も行動しないよりかは良いのかなと思います。

ネズミガードの口コミや評判などについて気になる方は以下の記事にまとめてありますので、チェックしてみてください。

まとめ

ネズミの足音で寝れなかったり、追い出す方法がわからない場合は高額な料金を支払って業者に頼むのも確実で良いですが、

業者よりも少額で簡単に実行でき、全額返金保証などがついているネズミガードをまずは利用してみて様子見するのがオススメです。

ネズミガードで実際に効果を得られたという声は多いですし、あなたも同じ結果になれば、

業者でかかるはずだった10万円以上の金額が浮くことになります。

この記事でネズミ対策の行動を取っていただけるきっかけになっていただけたら幸いです!

■全額返金保証などサービスが充実!■
>>「ネズミガード」公式サイト

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る