真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席表のキャパや見え方を画像でご紹介!見やすい席はどこなの?

ライブ会場などで使用される真駒内セキスイハイムアイスアリーナ。

キャパは約10,000人と大規模な造りとなっており、多くのアーティストのツアーなどで使用されています。

そんな真駒内セキスイハイムアイスアリーナですが、

「今度、真駒内セキスイハイムアイスアリーナに行くけど、自分の座席からどのような景色が見えるの?」

などと疑問を持っている方も多いです。

そこで、ここでは真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席表と座席からの見え方を実際の画像でご紹介し、

見やすい席はどこなのかについてまとめてみました。







真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席表とキャパは?

真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席表の画像は以下の通りです。
真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席表とキャパは?
引用:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公式HP

また、アリーナ席に関しては各公演によって配置が異なるのですが、

過去に開催されたらライブでは以下のような構成となっています。

TAEMIN_ARENA_TOUR2019
アリーナ席の座席表
King & Prince ConcertTour2019
アリーナ席の座席表
ONE OK ROCK 2019 – 2020 “Eye of the Storm” JAPAN TOUR
アリーナ席の座席表

そして、真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席は

  • アリーナ席(1階席)
  • 北スタンド(2階席)
  • 東スタンド(2階席)
  • 南スタンド(2階席)
  • 西スタンド(2階席)
  • 3階席(東・西・南・北)
  • 立ち見エリア(3階席)

の7つに分かれており、キャパは約10,000人となっています。

そして、上の画像のような会場の造りの場合、西スタンドは基本的に封鎖されます。

しかし、この座席表の画像を見ても、実際にどのような景色が見えるのか、イメージが湧きづらいと思います。

そこで、各ブロックからの見え方を実際の画像で次にご紹介していきます。

アリーナ席(1階席)の見え方の画像

北スタンド(2階席)の見え方の画像

東スタンド(2階席)の見え方の画像

南スタンド(2階席)の見え方の画像

※4枚目

3階席の見え方の画像

※1枚目画像

以上が真駒内セキスイハイムアイスアリーナの座席からの見え方の紹介になります。

見やすい席はどこ?

真駒内セキスイハイムアイスアリーナはキャパが約10,000人と多いですが、見やすい席も存在します。

個人的に見やすい席を挙げると、

  • アリーナ席前方
  • 北スタンドステージ側
  • 南スタンドステージ側

の3つが見やすくて当たり席なのかなと感じます。

やはり、ステージに近くて出演者を間近で見れる席の方がよりライブを楽しめると思います。

また、ライブによってはトロッコに乗って場内を一周する演出があるので、

  • アリーナ席後方
  • 各スタンド席前方

なども出演者を間近で見れるチャンスがあります。

見づらい席はどこ?

一方でキャパが多い分、見づらい席も存在します。

特に

  • 3階席
  • 立ち見席
  • 各スタンド席後方

などは画像を見てもわかる通り、距離が遠く感じて見づらいかもしれません。

特に3階席や立ち見席は座席数は少ないものの、相当見づらい印象です。

ちなみに自分の席が前方かは

  • アリーナ席ならアルファベットが若い順
  • スタンド席なら列番号が若い順

という形で決められていることがほとんどなので、確認してみてください!




真駒内セキスイハイムアイスアリーナのアクセス

真駒内セキスイハイムアイスアリーナのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒005-0017 北海道札幌市南区真駒内公園1−1

【アクセス】
地下鉄南北線「真駒内駅」から徒歩25分、またはバス「上町1丁目」下車徒歩5分
地下鉄東西線「西11丁目駅」からバスで約20分「南町4丁目」行き「曙町」下車徒歩2分

真駒内セキスイハイムアイスアリーナ周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では真駒内セキスイハイムアイスアリーナ周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

「なんだ、遠い席かよ…」座席に不満を感じたあなたへ

「チケットを発券したらなんか遠い席で萎える…」

私も同じ経験がありましたが、双眼鏡を手に入れてからは状況が一変。遠い席でも公演を存分に楽しめるようになりました。

ちなみに、私が愛用しているのは以下の双眼鏡。

【特徴】

  • 10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでも、ふとした表情が確認可能
  • レンズが42mmと高いので、暗い演出でもくっきりと見やすい
  • 重さが500gなので、500mlのペットボトルとほぼ同じ重さで持ちやすい
  • 少し重いおかげで手ブレしづらく、激しい動きにも見失う心配なし
  • メガネの上からでも使用可能

上記のような特徴を備えているため、イベントの満足度も格段にアップ。ただ、値段が約6,000円と決して安くはないので、あまりイベント会場に足を運ばない方はおすすめできません。

※上記の双眼鏡が売り切れの場合、タイムセールで探すという手も。意外な掘り出し物が見つかったりします。