舞浜アンフィシアターの座席表と見え方を画像で紹介!見やすさはどうなのかのまとめ!

ライブ会場や舞台などで使用される舞浜アンフィシアター。

キャパは約2,000人と決して大規模ではないため、出演者との一体感を楽しむことができる会場となっており、

多くのアーティストなどのツアーなどでも使用されています。

ただ、

「今度、舞浜アンフィシアターに行くんだけど、座席からの見え方ってどうなの?」

などと、疑問を持たれる方が多いのも事実です。

そこで、舞浜アンフィシアターの座席表や座席からの眺めを画像付きでご紹介し、

見やすさはどうなのかについてまとめてみました。




舞浜アンフィシアターの座席表

舞浜アンフィシアターの座席表の画像は以下の通りです。

会場の造りとしては円形のホールでA〜Lブロックに分かれているという非常にシンプルなものとなっています。

ただ、この座席表の画像を見ても、実際にどのような見え方をするのかイメージが湧きづらいですよね?

そこで、座席からの景色を実際の画像付きで次にご紹介していきます。

Aブロックの見え方の画像

Bブロックの見え方の画像

Cブロックの見え方の画像

Eブロックの見え方の画像

Fブロックの見え方の画像

Gブロックの見え方の画像

Hブロックの見え方の画像

Iブロックの見え方の画像

Jブロックの見え方の画像

Kブロックの見え方の画像

Lブロックの見え方の画像


以上が舞浜アンフィシアターの各ブロックからの見え方の紹介になります。

舞浜アンフィシアターは全体的に見やすい!

先ほど紹介した画像を見ても分かる通り、舞浜アンフィシアターは全体的に見やすい会場です。

もともとはシルク・ドゥ・ソレイユ専用劇場として作られたため、このような見やすい構造になっています。

一般的なライブ会場だと、どうしても見づらい席というものが存在してしまうのですが、

舞浜アンフィシアターでの公演で見づらかったという意見は聞いたことがないため、

そこで催し物が行われる場合は見やすさに関しては十分に期待して良いと思います!

おすすめの席はどこ?

ライブでは座席を自分で選ぶことは基本的にできませんが、舞台などでは座席を選べる場合があります。

その際におすすめの席はどこなのでしょうか?

まず、とにかく出演者を間近で見たい場合は座席表にもある通り、A〜Eブロックの最前列付近が良いでしょう。

そして、ステージ全体を見たいという場合は、最前列だと見上げる形となってしまい、全体を見渡せないので、

B〜Dブロックの中央付近が特におすすめです!





双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状です。

私もコンサートに行った際に2階席などの遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

 

コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが

遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、

遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、

首にぶら下げることもできるので、コンサートでの使用に非常に向いています。

また、私はコンタクトですが、メガネをかけている方でも使用できたという声もあり、

とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

ライブでお目当てのアーティストに目立つ方法はある?

ライブは生歌が聴けるのはもちろんですが、憧れのアーティストと同じ空間で過ごせるというのも格別ですよね!

そして、「アーティストと目が合った!」というのもライブならではの経験ですが、

そのような経験をしやすくするために客席から目立つ方法はあるのでしょうか?

その方法に関しては以下の記事で説明しており、

特に客席で目立つおすすめの服の色はすぐに実践できるので、ぜひ、取り入れてみてほしいです!

ライブ当日に忘れ物がないか心配してしまう方へ

ライブ当日あるいは前日などに準備をしていて「忘れ物がないか心配…」などという経験があると思います。

私もライブ当日は家を出てからも忘れ物がないかという心配を抱えながら会場に向かっていました。

しかし、以下の記事のようなチェックリストを確認することで、その不安は解消されました。


「私も当てはまる!」という方はぜひ、活用してみてください!

まとめ

舞浜アンフィシアターの座席表と見え方の画像をご紹介しました。

今回ご紹介した画像であなたの座席からどのような景色が見れるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る