ナゴヤドーム 野球での座席表の見え方の画像!おすすめの席はどこなの?

プロ野球「中日ドラゴンズ」の本拠地であるナゴヤドーム。

キャパは約49,000人の野球場と、かなり大規模な造りとなっています。

そんなナゴヤドームですが、座席からどのような眺めが見えるのでしょうか?

座席表や実際の見え方を画像付きでご紹介し、

個人的に観戦におすすめの席も併せてご紹介していきます。







ナゴヤドームの座席表の画像やキャパは?

ナゴヤドームの座席表の画像は以下の通りです。
ナゴヤドームの座席表の画像やキャパは?
キャパは約49,000人で上記の画像の通り、たくさんの種類の座席がありますが、

この画像からどのような眺めなのかを想像するのは難しいですよね。

そこで、全ての座席を紹介すると、膨大な数になってしまうので

  • 内野SS
  • 内野S
  • 内野A
  • 内野B
  • パノラマA
  • パノラマB
  • ドラゴンズ外野応援(ライト)
  • ビジター外野応援

の上記8種類の見え方を画像付きで次にご紹介していきます!

内野SSの見え方の画像 【値段:7,000円程度】

【一塁側】
内野SSの見え方の画像 【値段:7,000円程度】
【三塁側】
内野SSの見え方の画像 【値段:7,000円程度】

内野Sの見え方の画像 【値段:6,000円程度】

【一塁側】
内野Sの見え方の画像 【値段:6,000円程度】
【三塁側】
内野Sの見え方の画像 【値段:6,000円程度】

内野Aの見え方の画像 【値段:4,900円程度】

【一塁側】
内野Aの見え方の画像 【値段:4,900円程度】
【三塁側】
内野Aの見え方の画像 【値段:4,900円程度】

内野Bの見え方の画像 【値段:3,900円程度】

【一塁側】
内野Bの見え方の画像 【値段:3,900円程度】
【三塁側】
内野Bの見え方の画像 【値段:3,900円程度】

パノラマAの見え方の画像 【値段:2,600円程度】

【一塁側】
パノラマAの見え方の画像 【値段:2,600円程度】
【三塁側】
パノラマAの見え方の画像 【値段:2,600円程度】

パノラマBの見え方の画像 【値段:1,500円程度】

【一塁側】
パノラマBの見え方の画像 【値段:1,500円程度】
【三塁側】
パノラマBの見え方の画像 【値段:1,500円程度】

ドラゴンズ外野応援(ライト)の見え方の画像 【値段:1,900円程度】

ドラゴンズ外野応援(ライト)の見え方の画像 【値段:1,900円程度】 ドラゴンズ外野応援(ライト)の見え方の画像 【値段:1,900円程度】

ビジター外野応援の見え方の画像 【値段:1,900円程度】

ビジター外野応援の見え方の画像 【値段:1,900円程度】 ビジター外野応援の見え方の画像 【値段:1,900円程度】

どの席から観戦するのがおすすめなの?

座席からの見え方をご紹介してきましたが、

これも一部なので、どの座席で観戦すれば良いのか、とても迷うと思います。

そこで、私なりにおすすめの席をご紹介していきます!

応援歌を歌いながら熱く応援したい人は外野席!

野球といえば、応援歌も一つの醍醐味です!

応援はもちろんどの席でも可能なのですが、外野席は特に応援熱心な方が多く集まるので、

応援歌をおもいっきり歌いながら応援したいという方は外野席がおすすめです。

安全に野球観戦をしたいなら内野席がおすすめ!

野球はファウルボールやホームランボールが飛んでくるため、

プレーを見ていないとそのボールが直撃することが稀にあります。

実際に私も外野席で観戦中にホームランボールが頭に直撃している人を見たことがありますし、

ファウルボールが直撃した人も見ています。

こうした事故を避けやすいのが個人的には

  • 内野SS
  • 内野S
  • パノラマA
  • パノラマB

の4種類かなと思います。

というのも、この4種類の位置はライナー性の強い打球が飛んでくる可能性が低く

試合を見ていれば避けれないことはほとんどないので、仮に当たったとしても軽く腫れる程度で済む打球が飛んでくることから

一番安全な席なのかなと感じます。

ただ、内野SS、内野S席に関しては値段が他の座席と比べて高いため、そこは財布と相談という形になってしまいます。

 

以上が私個人的なおすすめの席の紹介になります。

人によって値段や見やすさ、安全性など、どのような点を重視するかは別々なので

この席が「絶対におすすめです」などという紹介の仕方はできませんが、少しでも参考になれば幸いです。




ナゴヤドームのアクセス

ナゴヤドームのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒461-0047 愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1−1

【アクセス】
「ナゴヤドーム前矢田駅」から 徒歩約5分

双眼鏡があると10倍野球が楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、チケットにあまりお金を掛けられなかったり、

良い席が売り切れてチケットが取れなかったりして仕方なく遠い席で観戦することもあるかと思います。

私も野球観戦に行く際にビールなどを買うと、出費が高くなってしまうのでチケット代をよく抑えています。

なので、遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、

首にぶら下げることもできるので、野球観戦での使用に非常に向いています。

また、メガネをかけている私でも使用できたため、とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし外野席など遠い席で観戦される方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

プロ野球を見るのにDAZNかスカパーかで悩んでいる場合

そして、「プロ野球の試合をテレビで見たい!」と思っても、テレビの野球中継ってだいたい1試合ほどしか放送していないため、

DAZNやスカパーで試合を楽しんでいる方がかなり増えています。

ただ、

  • 最近野球に興味を持ったので、DAZNやスカパーがよくわからない…
  • 現在DAZN(またはスカパー)に加入しているが、どっちがお得なのかわからない…
などと、疑問を抱えている方も結構います。

そこで、「【プロ野球】DAZNとスカパーを徹底比較!違いやどっちがおすすめか解説!」という記事では2つのサービス内容を徹底比較していて、あなたに合ったサービスはどちらなのかを詳しくご紹介しています。

上記の悩みをお持ちの方の参考になれば幸いですし、私も昨年DAZNに加入してプロ野球をより楽しめるようになったので、あなたがもし、まだ体験していないのであればぜひ体験してプロ野球をさらに楽しんでいただきたいです。

まとめ

ナゴヤドームの座席表や見え方を画像付きでご紹介しました。

今回ご紹介した画像であなたの座席からどのような景色が見れるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。