ナゴヤドームのライブでの座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はどこなの?

野球だけでなく、ライブとしても使用されるナゴヤドーム。

キャパは約50,000人と大規模な造りとなっており、第一線で活躍するアーティストのライブ会場として使用されています。

ただ、

「今度、ナゴヤドームに行くんだけど、座席からの見え方ってどんな感じなの?」

などと疑問を持っている方も多いと思います。

そこで、ナゴヤドームの座席表の画像や座席からの景色の画像をご紹介し、

見やすい席はどこなのかについてもまとめてみました。







ナゴヤドームのライブの時の座席表とキャパは?

ナゴヤドームのライブ時の座席表の画像は以下の通りです。(画像はあくまでも一例です)

座席の種類は

  • アリーナ席
  • 1階スタンド席(2階席)
  • 1階スタンド席後方(3階席)
  • バルコニー席(4階席)
  • 2階スタンド席(5階席)

の全5種類という造りとなっており、キャパはライブ時で約50,000人となっています。

ただ、この座席表の画像を見ても、実際の見え方のイメージが湧かないと思います。

そこで、次に実際の画像付きで座席からの眺めをご紹介していきます。

アリーナ席の見え方の画像

【Aブロック】

【Bブロック】

【Dブロック】

1階スタンド席(2階席)の見え方の画像

【一塁側 100番台付近】

【三塁側 400番台付近】

1階スタンド席後方(3階席)の見え方の画像

【三塁側 100番台付近】

バルコニー(4階席)の見え方の画像

2階スタンド席(5階席)の見え方の画像

【一塁側】

以上が座席からの見え方の紹介になります。

全ての画像は用意できませんでしたが、ご紹介した画像から座席表の画像と照らし合わせると、なんとなくイメージできるかと思います。

ナゴヤドームで見やすい席はどこ?

ナゴヤドームはキャパが約40,000人と非常に大規模な会場なので、見づらい席も多く存在します。

しかし、その中でも見やすい席はどこなのかを挙げると

  • アリーナAブロック
  • アリーナBブロック
  • アリーナCブロック前方
  • 1階スタンド席300番台後半
  • 1階スタンド席400番台

あたりが見やすい席なのかなと感じます。

また、ライブによっては演出でトロッコで場内一周することがあるため、

  • アリーナ席後方(D・E・F)
  • 1階スタンド席前方
  • 1階スタンド席後方

も出演者を近くで観れるチャンスは十分にあります!




ナゴヤドームのアクセス

ナゴヤドームのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒461-0047 愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1−1

【アクセス】
「ナゴヤドーム前矢田駅」から 徒歩約5分

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席からの眺めをご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状なので、

私もコンサートに行った際に2階席などのステージより遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

結局コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが、

以下の双眼鏡を使用することで遠い席に当たってしまった場合でも以前より楽しむことができるようになりました。

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽いのが特徴で、

長時間首にぶら下げていても首の負担が少なかったりメガネをかけている私でも問題なく使用できたため、今ではとても重宝しています。

 

また、「Amazonでお得に買う方法!この裏技を知らないで損をしている人が多すぎ!」という記事では誰でも1,000円以上お得に商品を購入する方法をご紹介しており、

これはよくわからないサイトに登録するなど決して怪しい方法ではなく、Amazon内で手続きが完了するAmazon公式が推奨している方法なので、

「双眼鏡をAmazonで購入するか検討中 or Amazonをよく利用している」という方は要チェックです。

ナゴヤドーム周辺のおすすめホテル(Go Toトラベルで最大50%割引の大チャンス!)

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事ではナゴヤドーム周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

ナゴヤドームの座席表と見え方の画像をご紹介しました。

今回ご紹介した画像であなたの座席からどのような景色が見れるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。