センチュリーホール(名古屋国際会議場)の座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はどこなの?

ライブ会場などで使用されるセンチュリーホール(名古屋国際会議場)。

キャパは約3,000人と中規模な造りとなっており、多くのアーティストのツアー会場などで使用されています。

ただ、

「今度、センチュリーホールに行くんだけど、座席からの見え方はどんな感じなんだろう…」

などと疑問を持たれている方も多いと思います。

そこでセンチュリーホールの座席表と実際の見え方を画像付きでご紹介し、

見やすい席はどこなのかについてまとめてみました。







センチュリーホール(名古屋国際会議場)の座席表とキャパは?

センチュリーホールの座席表は以下の画像の通りです。

座席は上記の座席表の通り、

  • 1階席
  • 2階席
  • 3階席

の3種類に分けることができ、キャパは約3,000人となっています。

ただ、この座席表を見ても、実際にどのような景色が見えるのか、イメージが湧きづらいと思います。

そこで次に実際の画像付きで座席からの眺めをご紹介していきます。

1階席の見え方の画像



2階席の見え方の画像



3階席の見え方の画像




以上がセンチュリーホールの見え方の紹介になります。

見やすい席はどこ?

センチュリーホールの見やすさについてですが、キャパは約3,000人と中規模な造りとなっているので、

ライブで一体感を楽しめるような見やすい席はとても多いです。

中でも

  • 1階席前方
  • 1階席中央
  • 2階席前方
  • 3階席前方

は見やすさという部分に関しては問題ありません。

ただ、ライブ内容にもよりますが、一体感を楽しむのであればやはり1階席が一番盛り上がります。

しかし、1階席後方になってしまうと、出演者との距離を感じたり、顔が見えなかったりするデメリットがあるので注意です。

ちなみに自分の座席が前方かどうかはチケットに記載されている列番号が若いかどうかで判断することができます。




センチュリーホールのアクセス

センチュリーホールのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1 1番1号

【アクセス】
地下鉄名城線「西高蔵駅」(2番出口)もしくは地下鉄名港線「日比野駅」(1番出口)下車、駅から徒歩5分。

「なんだ、遠い席かよ…」座席に不満を感じたあなたへ

「コンビニでチケットを発券したらなんか遠い席で萎える…」

私も同じ経験がありましたが、双眼鏡を手に入れてからは、状況が一変。今では、遠い席でも公演を存分に楽しめるようになりました。

ちなみに、私が愛用しているのは以下の双眼鏡。

【特徴】
・10倍スコープなので、東京ドーム天井席からでも、ふとした表情が確認可能
・レンズが42mmと高い(この数値が大きいほど暗い会場でもくっきり見やすくなる)
・重さが500gで、500mlのペットボトルとほぼ同じ重さ
・この重さのおかげで手ブレしづらく、激しい動きにも見失う心配なし
・メガネの上からでも使用可能

上記のような特徴を備えていて、満足度も最高。久しぶりに良い買い物をした気分になりました。ただ、値段が5,000円近く掛かるので、あまりイベント会場に足を運ばない方はおすすめできません。

最近はコロナ禍の影響で着席でのイベントが増えていて、双眼鏡の出番も増えました。この状況はしばらく続きそうなので、せっかくの思い出をより楽しみたいなら活躍間違いなしのアイテムです。

センチュリーホール周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事ではセンチュリーホール周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

センチュリーホールの座席表と見え方の画像をご紹介しました。

今回ご紹介した画像であなたの座席からどのような景色が見れるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。