神戸ワールド記念ホールの座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はどこなの?

ライブ会場などで使用される神戸ワールド記念ホール。

キャパは約8,000人ほどで中規模な会場となっており、有名アーティストなどのツアー会場としてもよく使用されています。

そこで

「今度、神戸ワールド記念ホールに行くけど、座席からどのような見え方なんだろう…」

などと疑問を感じる方も多いと思うので、座席表や実際の見え方を画像付きでご紹介し、

見やすい席はどこなのかについてもまとめていきます。







神戸ワールド記念ホールの座席表とキャパは?

神戸ワールド記念ホールの座席表の画像は以下の通りになります。

神戸ワールド記念ホールの会場の造りは

  • アリーナ席(1階席)
  • スタンド席(2階席)

の2種類に大きく分けることができ、キャパは約8,000人となっています。

しかし、この座席表の画像を見ただけでは実際の見え方がよくわからないと思うので、

座席からの眺めを実際の画像付きで次にご紹介していきます。

アリーナ席からの見え方の画像

スタンド席(B席付近)からの見え方の画像

※2枚目

スタンド席(C席付近)からの見え方の画像

※1枚目

スタンド席(D席付近)からの見え方の画像

スタンド席(E席付近)からの見え方の画像

スタンド席(F席付近)からの見え方の画像

スタンド席(H席付近)からの見え方の画像

スタンド席(J席付近)からの見え方の画像

以上が見え方の画像の紹介になります。

全てのブロックの画像は用意できませんでしたが、

近いブロックの画像からご自身の座席からの見え方が何となく想像できるかと思います。

神戸ワールド記念ホールの見やすい席はどこ?

神戸ワールド記念ホールはキャパが約8,000と中規模なため、

ほとんどの席が見やすい造りとなっています。

ただ、その中でも

  • アリーナ前列
  • スタンドAブロック
  • スタンドBブロック
  • スタンドKブロック
  • スタンドJブロック

はステージとの距離が特に近いため、その席になれば、非常に満足するコンサートになるかと思います。

見づらい席はどこ?

反対に見づらい席は

  • アリーナ後列
  • スタンドEブロック
  • スタンドFブロック

あたりの席は出演者との距離が遠く感じることから見づらいと感じるかもしれません。

ただ、コンサートの演出でトロッコなどで場内を一周する可能性もあるため、

その場合は上記の箇所でも十分に楽しむことができると思います。




神戸ワールド記念ホールのアクセス

神戸ワールド記念ホールのアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目12−2

【アクセス】
ポートライナー「市民広場駅」から徒歩すぐ

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席からの眺めをご紹介しましたが、ほとんどのコンサートでは自分で座席を決めることができないのが現状なので、

私もコンサートに行った際に2階席などのステージより遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

結局コンサートの座席は運なので、自分ではどうしようもないのですが、

以下の双眼鏡を使用することで遠い席に当たってしまった場合でも以前より楽しむことができるようになりました。

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽いのが特徴で、

長時間首にぶら下げていても首の負担が少なかったりメガネをかけている私でも問題なく使用できたため、今ではとても重宝しています。

 

また、「Amazonでお得に買う方法!この裏技を知らないで損をしている人が多すぎ!」という記事では誰でも1,000円以上お得に商品を購入する方法をご紹介しており、

これはよくわからないサイトに登録するなど決して怪しい方法ではなく、Amazon内で手続きが完了するAmazon公式が推奨している方法なので、

「双眼鏡をAmazonで購入するか検討中 or Amazonをよく利用している」という方は要チェックです。

神戸ワールド記念ホール周辺のおすすめホテル!

ライブが終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では神戸ワールド記念ホール周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところでライブが行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりもライブの余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

神戸ワールド記念ホールの座席表と見え方を画像付きでご紹介しました。

お目当のアーティストのライブは夢のような空間ですので、

どのような座席で楽しめるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。