キンプリのチケット転売を通報する方法!逮捕の可能性がヤバい…





6月24日にキンプリのコンサートツアーの当選発表ありましたが、

「キンプリ全滅」がツイッターのトレンドに浮上するほどチケットが当たらなかった方が多くいたようです。

そんな中、チケット販売サイトでは早速キンプリのチケットが出回っており、

中には元の値段の10倍以上も高い金額で売られているなどかなり悪質なものも目立ちます。

そこで、ここではチケットの転売を通報する方法のご紹介や、

販売者の逮捕の可能性についてまとめていきます。







キンプリのチケット転売を通報する方法

① ジャニーズ事務所に連絡する

まずは、ジャニーズのファンクラブサイトからキンプリのチケットの転売について通報しましょう。

方法としては以下のツイートが大変わかりやすく記載されています。

  1. お問合せ
  2. メールでのお問合せ
  3. 新規お問合せ
  4. お問合せ種別「違法・違反・禁止行為のご連絡」→問い合わせ内容を書く
① ジャニーズ事務所に連絡する ① ジャニーズ事務所に連絡する







② チケット流通センターの通報の方法

次に、チケット流通センターでの通報の方法は以下の通りです。

  1. サイト名で検索
  2. お問い合わせ【氏名、メアド記載のみ】
  3. 概要入力

こちらは別のライブでの通報の方法ですが、概要の書き方は

「アイドリッシュセブン 2nd」のところを「キンプリ」に変えるだけで使い回しができると思います。
② チケット流通センターの通報の方法







③ チケットストリートの通報の方法

次に、チケットストリートの通報の方法は以下の通りです。

  1. 転売されているチケットを選択する
  2. 「注文手続きへ進む」を選択
  3. 「このチケットを通報する」を選択
  4. 「通報の内容」を記入して「通報する」ボタンを押す

他にも転売されているサイトはあると思いますが、基本的にやり方は同じなので、

上記の通報の方法が参考になれば幸いです。







出品者が逮捕される可能性は?

チケットの転売といえば、6月14日に「チケット不正転売禁止法」が施行され、

転売に対する新たな法律が設けられたばかりです。

そして、24日には以下のように転売で逮捕者も出ています。

人気歌手の吉田拓郎さんのコンサートチケットを、インターネット上で転売する目的でだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課などは24日、詐欺の疑いで、大阪市西淀川区の無職、河合和久容疑者(47)を逮捕した。「5年前からチケットを転売していた」と容疑を認めている。

県警によると、河合容疑者の口座には今年4月までの約1年間で、転売サイト数社から計約2千万円の入金があった。3月に吉田さんの所属事務所から不正転売に関する相談を受け、捜査を進めていた。

逮捕容疑は1月20日に転売目的で吉田さんのコンサートチケットの抽選予約を申し込み、当選後の2月2日にチケット1枚(1万2千円)を詐取したとしている。チケットは転売サイトで8万3千円で落札された。

引用:産経新聞

ただ、こちらに関してはチケット不正転売禁止法ではなく、詐欺罪で逮捕されており、

調べてみると、転売目的でチケットを購入すると詐欺罪が適応されるとのこと。

また、新しく施行されたチケット不正転売禁止法が適用されるのは「特定興行入場券」のみなので、

今回のキンプリのチケットが「特定興行入場券」に該当するのかを調べてみましたが、確認できませんでした。

ちなみに今年10月に行われるPerfumeのライブは「特定興行入場券」と表記されています。


なので、もしキンプリのコンサートが「特定興行入場券」だとすれば、

チケット不正転売禁止法の見せしめとして逮捕者が出ることも考えられますが、

単価の10倍近い値段で転売しようとしているのをみると、吉田拓郎さんのライブの件のように

詐欺罪で逮捕者が出るような気がします。







通報で期待できること

今回、ジャニーズや一部チケットサイトの通報の方法をご紹介しましたが、

一人一人の通報によって当選枠が増えるなどの効果も期待できます。

というのも、嵐のチケットが転売された際には多くの通報によって嵐のチケットが取引できなくなり、

転売屋に大きなダメージを与えたこともありました。

また、通報された転売チケットが無効となり、その分が復活当選枠にプラスされる可能性があるため、

通報することは決して無駄ではないのです。

そして、通報の数が多いほど、事務所も転売対策について本腰を入れる要因に繋がるので

転売に少しでも不満がある方は、抗議の意味も込めて通報しましょう。