パンドラTVやデイリーモーションはウイルスの危険性が?安全性に欠けてオススメできない理由とは?

仕事や家事、育児などで

「見たいドラマを見逃してしまった」

という経験はよくありますよね。

そんな時、無料で見逃し動画を見るためにパンドラTVやデイリーモーションなどの海外の動画投稿サイトで

違法アップロードされた動画を見ようとしてはいませんか?

私もそのような経験があるのですが、

実はウイルスに感染する可能性があるなどの様々なデメリットがあるのです。

ここでは、どのようなデメリットがあるのか、

画像や自らの経験談を踏まえてお伝えしていきます。




違法アップロード動画を見るデメリット

パンドラTVやデイリーモーションなどで違法アップロードされた動画を見ることで

以下のようなデメリットが生じ、中には安全性に欠けるものもあります。

  • 動画が頻繁に止まる
  • サイト自体が重い
  • 広告が多い
  • 画質・音質が悪い
  • ウイルス感染の危険性がある

これらについて次で詳しく説明していきます。

動画が頻繁に止まるorサイト自体が重い

この2つに関してですが、まずはパンドラTVの場合

アクセス集中で混雑した状況になると回線が遅くなってしまう仕様になっています。

 

というのも、それを回避するためにプレミアム会員登録というのが存在するためです。

(日本でいうニコニコ動画のような制度をとっているのです)

一方、デイリーモーションの方はそのような制度は見受けられませんが、

以下のリンクの公式サイトを飛ぶと、明らかに重いのが確認できます。

>デイリーモーション トップページ

もちろん回線にもよると思いますが、私の場合、完全に表示されるまで10秒以上も掛かり、

YouTubeは1秒ほどなので、いかに重いかがよくわかると思います。

広告が多い

私はよくYouTubeを見るのですが、

よく広告がたくさんついている動画がありますよね?

 

それだけで少し嫌な気分になってしまうほど短気な私ですが、

同じように嫌な思いをされる方は私だけではないと思います。

実際にパンドラTVを見てみると、以下のようにびっしりと広告が表示されました。

広告が5つも表示されています…

ただ、デイリーモーションに関しては広告がほとんど表示されなかったので

これは少し意外な結果でした。

画質・音質が悪い

違法アップロードされた動画は画質が悪く、

特にドラマなんかは役者さんの表情を見る楽しみがありますが、

それを満足に楽しむことができません。

以下の画像はドラマ『シグナル』の映像を比較したものです。

(上:違法動画 下:公式動画)

下の公式動画だと、木村祐一さんの表情がはっきりと確認できます!

私はドラマを見る際に役者さんの表情も楽しむポイントの一つとして見ているので、

この画質の悪さは非常に辛いものがあります。

 

また、音声に関してはここで実際に音質を比較することができないのですが、

画質の悪い動画って音質もあまり良くないですよね?

上の比較動画を見ても画質の差は歴然なので
音質も同じくらい良くないと思っていただいて構いません。

ウイルス感染の危険性がある

これが一番不安な要素だと思いますが、

違法アップロードされた動画を見て、ウイルスに感染したという声が多く見られます。

実際にツイッターを見てみると、


さらに、2014年のネットニュースで『閲覧だけでウィルス感染のおそれ』という記事の中に

パンドラTVの名前が挙がっていました。

旅行会社の「H.I.S.」とブログサービス「JUGEM」、動画サービス「PANDORA.TV」のウェブサイトが、
何者かによって、閲覧しただけでウイルスに感染するよう仕組まれていたことがわかった。

セキュリティソフトのシマンテックによれば、日本のユーザーの銀行口座情報などが狙われたという。
Adobe FlashやJavaScriptの脆弱性を悪用した攻撃だとしている。

引用:Japan cnet
https://japan.cnet.com/article/35048745/

これは心配ですよね…

そして、私自身も別の動画投稿サイトで違法アップロードされた動画を見た際に

以下のような警告文が表示され、心臓がバクバクしました…

なので、以上のリスクがあることから、

違法アップロードされた動画を視聴するのは安全性の面からもオススメしません。

下手したら、パソコンやスマホを失うことになりますので。。。

まとめ

パンドラTVやデイリーモーションで違法アップロードされた動画を

視聴する危険性などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

2018年4月には漫画村やアニチューブなどの違法サイトがアクセスできなくなったため、

こうした違法動画に関しては今後も取り締まりがより一層厳しくなっていくことでしょう。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

にほんブログ村

ページ上部へ戻る