年末ジャンボ宝くじ2018 買う日はいつ?買い方のコツや人気の場所はどこ?

2018年11月21日(水)〜12月21日(金)の期間に販売する年末ジャンボ宝くじ。

1等前後賞合わせて最大で10億円が当たるため、多くの人が全国各地の宝くじ売り場で購入していますが、

どうせなら縁起の良い日に宝くじを購入したいですよね?

そこで、ここでは年末ジャンボ宝くじを購入するにあたって縁起の良い日を一覧でご紹介し、

おすすめの買い方や人気の売り場についてもまとめています。

買う日はいつが良いのか迷っているあなたの参考になれば嬉しいです。




年末ジャンボ宝くじは金運が高い日に購入を!

宝くじは確実に高額当選する裏ワザなどは存在しないため、高額当選するには100%運に頼るしかありません。

しかし、その運の要素を上げる方法の一つとして吉日に購入するというのがあります。

「大安」や「一粒万倍日」などが吉日として有名ですが、

それらの日と年末ジャンボ宝くじの販売期間が被る日はいつなのかを以下にまとめてみました。

一粒万倍日と販売期間が被る日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは手元にある資産を万倍に育てる日という意味が込められていて、

宝くじの購入に最適な日とされています。

最高の開運日とされているので、日付で迷ったら迷わずに一粒万倍日に購入することをおすすめします!

 

【販売期間中の一粒万倍日一覧】

  • 11月25日(日)
  • 11月26日(月)
  • 12月9日(日)
  • 12月10日(月)
  • 12月21日(金)

天赦日と販売期間が被る日

天赦日(てんしゃび)とは天の神々が万物の罪をゆるす日と言われていて、

宝くじの購入に最適な日です。

こちらも一粒万倍日と並んで、最高の開運日とされています。

 

【販売期間中の鬼宿日一覧】

該当日なし

大安と販売期間が被る日

大安とは六曜(大安・仏滅・先勝・友引・先負・赤口)の一つで、結婚式は大抵が大安の日に行われるほど親しみのある日です。

何事にも良い日とされているため、宝くじ購入との相性も抜群です!

 

【販売期間中の大安の日の一覧】

  • 11月21日(水)
  • 12月3日(月)
  • 12月7日(金)

寅の日と販売期間が被る日

寅の日とは金運に密接した日で、虎の毛の色が金色であることからそのような意味が込められるようになりました。

宝くじの購入はもちろんのこと、財布の新調にも最適な日とされています!

 

【販売期間中の寅の日一覧】

  • 11月30日(金)
  • 12月12日(水)

巳の日・己巳の日と販売期間が被る日

巳の日(みのひ)とは寅の日と同じく、金運が上がる日とされています。

巳は蛇のことを指すのですが、その蛇は弁財天さまのつかいと言われていることから金運が上がる最適な日とされています!

そして、己巳(つちのとみ)の日とはその弁財天さまに所縁のある日とされているため、

巳の日よりも縁起がよく、金運が上がるとされています。

 

【販売期間中の巳の日・己巳の日一覧】

  • 11月21日(水)→巳の日
  • 12月3日(月)→己巳の日
  • 12月15日(土)→巳の日

鬼宿日と販売期間が被る日

鬼宿日(きしゅくび)とは、何事をするにも良い日とされています。

その名の通り、鬼が宿にいて外を出歩かない日とされているため、

運気が良くなるとされています。

 

【販売期間中の鬼宿日一覧】

該当日なし

宝くじは複数の吉日が被る日に買うのがおすすめ!

様々な吉日をご紹介してきましたが、

「結局どの日に購入するのが一番良いの?」

という疑問を持たれたかと思います。

実は、吉日が複数被るとさらに運気が良くなるとされているため、以下におすすめの購入日をまとめてみました。

販売期間中に吉日被る日やおすすめの日一覧

以下が吉日が被る日一覧ですが、一粒万倍日も運気が非常に高まる日であるため、

おすすめの日としてご紹介しています。

  • 11月21日(水)→巳の日+大安
  • 11月25日(日)→一粒万倍日
  • 11月26日(月)→一粒万倍日
  • 12月3日(月)→己巳の日+大安
  • 12月9日(日)→一粒万倍日
  • 12月10日(月)→一粒万倍日
  • 12月21日(金)→一粒万倍日

絶対に宝くじを購入してはいけない日

吉日とは反対に、仏滅など縁起が良くない日も存在します。

こういう日は運気も落ちるとされているため、宝くじの購入は控えましょう。

それらに該当する日は以下になります。

  • 11月24日(土)→受死日
  • 11月25日(日)→十死日
  • 11月26日(月)→仏滅
  • 11月27日(火)→不成就日
  • 12月2日(日)→仏滅
  • 12月5日(水)→不成就日
  • 12月6日(木)→受死日
  • 12月11日 (火)→不成就日
  • 12月12日(水)→仏滅
  • 12月13日(木)→受死日
  • 12月15日(土)→十死日
  • 12月18日(火)→仏滅
  • 12月19日(水)→不成就日

吉日と被った場合はどうする?

例えば、11月25日は一粒万倍日ですが、十死日でもあります。

こうした場合、どちらを信用した方が良いのでしょうか?

この場合、厳密にどちらが正解などという答えはなく、本人次第となってしまうのですが、

私なら被っている日は避けて、被っていない日に購入します。

被っている日に購入しても心の中でモヤモヤしてしまうと思うので

それなら別の日に購入した方がスッキリして、運気も上がるような気がするためです。

買うときの売り場は西銀座チャンスセンターがおすすめ!

購入日以外に運気を上げる方法として、購入する売り場にこだわるという方法があります。

では、どの場所が一番おすすめなのかというと、東京銀座にある西銀座チャンスセンターが一番おすすめです!

西銀座チャンスセンターは

  • 平成で493人もの億万長者が誕生している!
  • 2017年度の1億円以上の当選者は11人!
  • 日本一高額当選者を輩出している

という特徴がある日本で最も有名な宝くじ売り場です。

吉日の宝くじ売り場は混雑の可能性があるので注意!

宝くじを購入する方は買う日をこだわる方がとても多く、ご紹介した吉日は宝くじ売り場が混雑する傾向が見られます。

実際に西銀座チャンスセンターでは

年末ジャンボ宝くじ販売期間中の大安の日には4時間半の行列ができたこともあります。

もちろん、他の宝くじ売り場でここまでの行列ができることはあまりないと思われますが、

宝くじで高額当選する方の特徴として、西側の宝くじ売り場で購入しているケースが多いのですが、

西銀座チャンスセンターはそれらの全ての要素が揃っているため、日本一の高額当選者を輩出しているともされています。

西銀座チャンスセンターで待ち時間なしで指定日に購入する方法!

そんな大人気の西銀座チャンスセンターで吉日に待ち時間なしで購入する方法があります。

それはドリームウェイという宝くじ購入代行サービスを利用する方法です!

■待ち時間を大幅に節約できる!■

本当に西銀座チャンスセンターで購入してくれるのかなどの疑問を持たれるかもしれませんが、

宝くじとともに領収書が送付されてくるため、それがしっかりと指定した日付や売り場で購入している証拠になります。

詳しくは以下の記事で説明していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

年末ジャンボ宝くじはどういう買い方をすれば良いの?

では、いざ宝くじを買おうと思ったときに、特に悩むのが、どういう買い方をすれば良いのかですよね?

実は、宝くじにはバラや連番の他に

縦バラ・特連・特バラという特殊な買い方が存在し、実は高額当選者はこの買い方をしている人が多いのです。

なので、普通の買い方は損をしていると言っても過言ではないかもしれません。

具体的にどのような買い方なのかについては以下の記事で詳しく説明しているので、

興味のある方はチェックしてみてください!

まとめ

年末ジャンボ宝くじを買う際におすすめの日や場所をご紹介しました。

宝くじは運の要素に頼るしかないので、少しでも運気を上げるために今回ご紹介した内容を実践してみてください。

そして、さらに運気を上げる方法なども以下の記事で紹介してますので、興味のある方はチェックしてみてください!

■日本中のどこからでも日本一の売り場で購入できる!■