欅坂46 全国アリーナツアー2019の当落やチケット倍率予想などのまとめ!

欅坂46 全国アリーナツアー2019の当落やチケット倍率予想などのまとめ!





欅坂46が2019年8月16日から

『夏の全国アリーナツアー2019』をスタートさせますが、

7月5日にチケットの当落結果が出るということで注目が集まっています。

ここでは、チケットの当落の声や倍率などの情報をご紹介していきます。







夏の全国アリーナツアー2019の日程

ゼビオアリーナ仙台

2019年8月16日(金)
開場/開演 17:00/18:30

2019年8月17日(土)
開場/開演 15:30/17:00

2019年8月18日(日)
開場/開演 15:30/17:00

横浜アリーナ

2019年8月22日(木)
開場/開演 17:00/18:30
2019年8月23日(金)
開場/開演 17:00/18:30

大阪城ホール

2019年8月27日(火)
開場/開演 17:00/18:30

2019年8月28日(水)
開場/開演 17:00/18:30

福岡国際センター

2019年9月4日(水)
開場/開演 17:00/18:30

2019年9月5日(木)
開場/開演 17:00/18:30

2019年9月6日(金)
開場/開演 17:00/18:30







チケット倍率はどれくらい?

続いて、欅坂46『夏の全国アリーナツアー2019』の倍率はどれくらいなのかについてですが、

まず、上記で紹介した会場のキャパが以下になります。

ゼビオアリーナ仙台
→約4,000人

横浜アリーナ
→約17,000人

大阪城ホール
→約16,000人

福岡国際センター
→約10,000人

そして、欅坂46のファンクラブ会員数についてですが、こちらに関しては判明しておらず、どれくらいの応募があったのかを予想するのが困難な状態です。

そのため、公式ツイッターのフォロワー数が約100万人なので、3分の1の約33万人が申し込んだと仮定し、

アリーナツアー全体のキャパの合計約108,000人で割ると

約3.06倍(約33%)という倍率が出てきました。

もちろん、会場によって倍率は大きく変わってくるかと思いますが、

全体的な倍率としてはだいたい3倍くらいなのかなと予想しています。







チケット当落の結果の声

各会場の座席表について

欅坂46『全国アリーナツアー2019』で使用される各会場の座席表からの見え方については

以下の記事で座席からの実際の画像付きでご紹介しているため、会場の雰囲気が気になる方はチェックしてみてください。

ゼビオアリーナ仙台の座席表の見え方

横浜アリーナの座席表の見え方

大阪城ホールの座席表の見え方