ジャニーズJr 東京ドーム当落結果2019!倍率が高すぎて落選祭りの声も?

ジャニーズJr 東京ドーム当落結果2019!倍率が高すぎて落選祭りの声も?





2019年8月8日にジャニーズJrが東京ドームで単独公演を行います。

東西ジャニーズJr総勢300名が出演する豪華な内容となっており、

チケットの当落発表日が6月28日ということで、多くの注目が集まっています。

ここでは、チケットの当落の声や倍率などの結果はどのようになったのかなどをご紹介していきます。







ジャニーズJrが東京ドームで単独公演!

ジャニーズJrが東京ドームで単独公演を開催するのは以下のようにニュースでも報じられています。

ジャニーズJr.のSnow Man、Travis Japan、なにわ男子が26日、さいたまスーパーアリーナで合同のコンサートを開催し、8月8日にジャニーズJr.の単独東京ドーム公演を行うことを発表した。同所でのJr.の単独公演は2000年以来19年ぶり。同公演のプロデュースを担う、ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長(37)はこの日、スポーツ報知などの取材に応じ、「僕たちが見た景色を見てほしい」と力を込めた。

ジャニーズJr.の黄金期を牽引(けんいん)した滝沢氏にとって単独の東京ドーム公演は格別なものだった。滝沢氏は1999、00年の公演に出演。当時は嵐がデビューしたばかりで「自分たちがデビューしたいのにという気持ちはもちろんありましたが、同じ黄金期を過ごした仲間をどうやったらいい見送れるかみんなで話し合うなど不思議な感覚でしたね」と切磋琢磨(せっさたくま)し合った過去を遠い目で振り返り、「見える景色が変わった。Jr.のあり方が変わった瞬間」とした。

今年1月にジャニーズJr.を取りまとめる同社の社長に就任し、真っ先に東京ドーム公演を目標に掲げたという。「自分自身覚悟を持って、ここに持っていこうと半年間走ってきた」。この半年はジャニーズJr.の露出を増やすことを徹底。この日の合同コンサートでは全32曲を披露。3公演で6万3000人を動員する大成功を収めた。滝沢氏は「数か月彼らを見てきて、今のJr.には東京ドームに立てるパワーがある。絶対にいけるなと思った」と、先頭に立って実現へこぎ着けた。

東京ドームの単独公演では300人のオールJr.が出演する。Snow Man・岩本照(26)は「今のジャニーズJr.は一度も経験したことがない。うれしさが大きいのと同時に、次をまた20年ぶりとかにさせないように、結果を残したい」と気合十分だ。

滝沢氏は公演について「Jr.のお披露目の時間にしたい。俳優業をしているJr.もいるので、スケジュールの合う人は全員出ます。今の時代のジャニーズJr.を見せたい」とし、「僕たちが見た景色を見てほしい。ここがゴールではなく、ここから始まるという1日にしたい」。令和元年の夏にジャニーズJr.が大きな転換期を迎える。

引用:スポーツ報知

ジャニーズJrが東京ドームで単独公演を開催するのは19年ぶりとなっており、

今年1月に社長に就任した滝沢秀明さんが実現に向けて動いていたようです。

ジャニーズJr総勢300名が出演する豪華な内容となっていますが、

倍率などはどのようになっているのでしょうか?







ジャニーズJr東京ドーム公演の倍率は?

では、ジャニーズJrの東京ドーム公演の倍率はどのようになっているのでしょうか?

応募総数については公表されないため、予想しかできませんが、

現在ジャニーズJrのファンクラブ会員数は約63万人となっており、東京ドームのキャパが約55,000人であるため、

一人1枚応募したとして計算すると

630,000÷55,000=約11.5倍

という倍率が出てきます。

ただ、会員全員が応募することはないですし、基本的に一人4枚まで応募できることを考えると倍率を予想するのはとても難しいですが、

  • 19年ぶりの単独公演であること
  • ジャニーズJrが総勢300名出演すること
  • 1日しか公演が行われないこと

などを踏まえると、倍率は10倍を超えているのではないかと個人的に予想しています。







ジャニーズJr当落結果の感想

東京ドームの座席表について

ジャニーズJrの単独公演で使用される東京ドームの座席表については

以下の記事で座席からの実際の画像付きでご紹介しているため、当選された方などはぜひチェックしてみてください!