南海トラフ地震が5月17日に?政府が陰謀やデマとの情報、どれが正しいのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先月発生した熊本大地震では甚大な被害が発生したものの
復旧活動が進み、少しずつ地震の恐怖から
解放された生活を取り戻そうとしている。

そんな中、ネットでは南海トラフ地震が5月17日に発生すると話題になっている。
これはタイムトラベルをしてきた未来人が2chに書き込んだことが
騒動の始まりとなっているようだ。

これに対し、政府が陰謀しているとの情報や
単なるデマだという意見があるのだが
一連の流れを紹介してきたい。

スポンサードリンク





5月17日に南海トラフ地震が発生するとの未来人とは

5月17日に南海トラフ地震が来ると予言したのは
2062年から来た未来人。

この未来人は2chのオカルト板に予言を書き込んでおり
一番初めに登場したのは2010年11月ごろで
2011年3月11日の東日本大震災と原発事故を予言。

さらに先月の熊本大地震についても2016年4月15日に発生するとの
予言を的中させている。

そして2016年私たちに伝えたいことは何かという質問に対し
「南海トラフ地震のことだ」と回答し
次回は5月17日に降臨予定と記載して消息を絶っている。

ちなみにこれは4月15日に書き込まれたとのこと。
そのため、次回降臨する5月17日に
南海トラフ地震が起きるということを意味しているのだ。

5月17日に南海トラフ地震が発生はデマとの声も

デマと言われているのはいくつか理由がある。

まずは、誰でも容易に書き込める2chに
このような予言をするのがおかしいため
デマだというもの。

しかも未来人が書き込んでいるオカルト板には
多くの人が予言をしているのが現状なので

その中でたまたま当たっているだけだという理由から
デマのではないかという意見もある。

では、なぜ多くの予言がある中
5月17日に南海トラフ地震が発生する予言が多く出回っているのだろうか。

それはこの未来人が南海トラフ地震以外のことも回答しており
それが妙に信ぴょう性が高いためだと思われる。

例えば
・円は通貨としての価値を保っている
・VRを活用したゲームが出てくる
・量子コンピュータが2030年ごろに社会に実用され
あらゆる問題を解決してくれるが、ある企業が独占して大問題に

などと未来の状況について説明を具体的に説明しているため
大きく広まったのではないかと思われる。

スポンサードリンク





5月17日に南海トラフ地震が発生するのを政府が陰謀している?

南海トラフ地震の予言とともに
5月17日に発生することを政府が陰謀しているとの情報も出回っている。

その理由としては2chに書き込まれた内容で
母親が海上保安庁に勤めるユーザーの書き込みで
5月16日までに地震に備えるよう海上保安庁内で
通告があったんだとか。

さらに4月の下旬に高知県で
モグラが30匹以上も大量死しているのが確認された。


これはネットで一時期大きな話題になったものの
テレビなどで取り上げられず
政府が陰謀したのではないかというものだ。

政府が陰謀したとされる理由

なぜ、政府は陰謀する必要があるのか。
それは南海トラフ地震の被害想定からその理由が想像できる。

こちらがその被害想定予想図である。


マグニチュードは9.1と想定されており
東日本大震災とほぼ同じだが

想定されている死者数はなんと33万人。
これは東日本大震災の時の約20倍という数字である。

高さ約20メートルに及ぶ津波が押し寄せてくるそうだ。

さらに経済被害は220兆3000億円。
これは東日本大震災の時の約10倍で
日本のGDPの約42%を占める数値である。

また、南海トラフ地震発生後の1週間の避難者数が950万人以上と推測され
この人数は避難所にとても収まりきらない人数である。

このように南海トラフ地震が発生した場合
日本存続の危機と言っても過言ではないのだ。

なので、政府がもし陰謀しているのだとすれば
もう手立てがないか、事前の混乱を防ぐためだとしか考えられない。

結局、5月17日に発生するのか
あるいは単なるデマなのかは不明なのが現状だが

もしもの時に備えて対策をしておくことは悪いことではない。
一人一人がある程度対策をすれば
少しでも被害が抑えられると思うので

この記事を見て、危機感を持っていただけたら幸いである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る