昼夜逆転の治し方はコレ!徹夜は逆効果だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
昼夜逆転 治し方 徹夜

せっかくの休日が昼夜逆転生活になってしまったり
夜、スマホやゲームなどを操作してしまい
昼夜逆転生活とはいかないまでも睡眠の質を妨げてしまい
何とか改善したいと思っている方は少なくないだろう。

昼夜逆転生活の治し方は徹夜が良いとの声もあるが
どうすれば良いのだろうか?

スポンサードリンク





昼夜逆転生活のデメリット

昼夜逆転生活を送っていると様々なデメリットがあるため
まずはご紹介したい。

肉体的な影響

・血流が悪くなる
・心臓病になりやすい
・ガンになりやすい
・生活習慣病になりやすい
・身体が回復しづらい

精神的な影響

・感情コントロールの低下
・記憶力の低下
・うつ病になりやすい
・思考力の低下

などのデメリットが挙げられる。

人間は昔から朝起きて夜に睡眠をとるという生活リズムには
しっかりとした理由があったのだ。

昼夜逆転の生活を送っていると
どういうデメリットがあるのかを知ることで
改善しようという気になりやすいため
まず初めにご紹介した。

昼夜逆転生活の治し方

起きる時間を少しずつ調整する

昼夜逆転生活を治し方で重要なのが一気に治そうと思わないことである。
身体はその生活に慣れてしまっているため、一気に治そうと早く起きたとしても
その日は体の怠さなどで身が入らなかったり、眠気で集中力が無くなってしまう。

また、一気に治そうとしても長続きしないケースがほとんどなので
治し方としては少しずつ調整するのがベストなのだ。

ここでいう少しずつとは10%ずつ変えていく方法をオススメする。

例えば、現在昼の12時に起きていたとして毎朝7時に起きると設定したとする。
この場合、時差は5時間なので300分となる。

この300分の10%である30分、つまり11時半に起きるように心がけるのだ。
これを2、3日続けて慣れてきたらまた10%の30分早めていく。

こうすることで1ヶ月もすれば目標の時間に無理なく起きることができる
というわけである。

もちろん、可能ならパーセンテージを自分で高く設定しても構わないが
無理のないようにだけ注意してほしい。

寝る前のスマホやゲームの画面を見るのは厳禁ではない?

よく睡眠の質を阻害する行為として
寝る前のスマホやゲームの画面を見る行為が挙げられているのを目にするが
これらはもちろん良くないのだが

ある設定を行えばそこまで影響されないのをご存知だろうか?

実はアメリカの研究チームが行った調査で
画面を暗く設定するか、35cmほど離れて画面を見れば問題ないとのこと。

しかし、35cm離すとなるとテレビやパソコン以外は現実的ではないため
画面を暗く設定するのが良い。

ちなみにiPhoneでブルーライト遮断機能があるのをご存知だろうか?
画面下部を上にスクロールすると表示される画面で
下の5つのマークの中から真ん中の太陽のボタン(Night Shift)を押すと
画面が暗くなり、ブルーライトが遮断されるのだ。

一番は画面を見ないことだが、これを続けるのは相当大変なので
一度上記の方法を試してほしい。

起きたら布団から出たら自分の勝ちという意識を持つ

昼夜逆転生活を脱却しようと目覚ましを早い時間にセットするものの
2度寝して結局いつもの時間に起床してしまったという経験はあるだろう。

これを脱却するには強引に布団から出て雨戸やカーテンを開けて
太陽の光を浴びてしまうのだ。

こうすることで幸せホルモンの「セロトニン」が体内に分泌され
気分が高まり、うつ病などにも効果的なのだ。

可能であれば外に出て散歩をするのが理想だが
ハードルが高いと感じる方もいると思うので

まずは、部屋の中からでも太陽の光を浴びて
これは健康に良いことだと心の中で思うことが大切なのである。

スポンサードリンク





昼夜逆転生活の治し方で徹夜をオススメしない理由

最後に、昼夜逆転生活の治し方で徹夜をして無理やり治すという
治し方があるようだが、あまりオススメできない。

まず、上記でも触れたが徹夜をしている日というのは個人差はあるが
何をする気も起きなかったり、とにかく睡魔との戦いで無駄な時間を過ごしてしまう。

また、数日間は戻ったと思っても体内の生活リズムはそう簡単には変わらないため
また昼夜逆転生活に戻ってしまうなんてことも起こり得るためだ。

さらに、徹夜をすることで免疫力が低下し体調を崩しやすくなるため
徹夜をして良いことはほとんど無いのだ。

人間は3、4日寝ないと幻覚を見始めたりするらしいが
それほど睡眠は大切なので
無理の無いように昼夜逆転生活を治していくことを私はオススメする。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る