528Hzのソルフェジオ周波数の効果が凄すぎ!あの堂本光一も聴いていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ソルフェジオ周波数」というものをご存知だろうか。
これはある特定の周波数のことなのだが

なんとこの周波数の音を聴くだけで
人間に様々な良い効果をもたらすとされているのだ。

また、数ある「ソルフェジオ周波数」の中でも特に
528Hzの周波数の効果に注目が集まっている。

なんと、あのKinKi Kidsの堂本光一さんも寝る時に聴いているのだとか。

なので、実際にどういった効果があるのかなどをご紹介して
あなたの力になれればと思う。

スポンサードリンク





ソルフェジオ周波数と528Hzについて

まず、「ソルフェジオ周波数」には528Hzの他に
主に5種類の音が存在する。

それぞれの周波数とその効果については

396Hz=罪悪感やトラウマからの解放
417Hz=挫折や困難の回復
528Hz=DNAの修復
639Hz=人間関係やつながりの修復
741Hz=問題解決
852Hz=直感を研ぎ澄ませる

他にも174Hzや285Hzなどが存在するが
ここでは代表的なものをご紹介させていただいた。

そして、様々な音の種類が存在する
「ソルフェジオ周波数」の中でも528HzのDNAの修復という
効果に注目が集まっているわけだ。

528Hzのソルフェジオ周波数「DNAの修復」は具体的にどういう効果か?

一言で「DNAを修復する」と言っても
それが何に良いのかがあまりイメージできなかったため
実際に調べてみた。

DNAというものは活性酸素や紫外線、放射線などを受けて
常に破壊されている。

しかし、破壊と同時に修復する機能が備わっており
完全に破壊されることはほとんどない。

ただ、DNAは「A」ー「T」などのように対になっているのだが
例えば「A」破壊され、再生している間に
もう片方の「T」も破壊され、両方が破壊されてしまうと
修復不可能になってしまうのだ。

そして、DNAが破壊されることで体の能力が低下し
老化に繋がるというメカニズムである。

528Hzにはこうして破壊されてしまったDNAを回復する効果があるとされており
老化だけでなくガンなどにも効果があるそうだ。

スポンサードリンク





堂本光一も528Hz聴いていた!それがこちら

3月27日に放送された「KinKi Kidsのブンブブーン」の中で
堂本光一さんが寝る時に528Hzを聴いていると話していたのが
話題となっている。

実際に堂本光一さんが聴いている音源がこちらである。

528Hzのソルフェジオ周波数を聴く際の注意点

Youtubeで「528Hz」や「ソルフェジオ周波数」と検索すると
たくさんの音源が表示されるが
中には偽物も多数存在するのだとか。

また、効果がないだけならまだしも
中には悪影響を及ぼすものも紛れているのだという。

もし、この記事を読んでいただいた方が528Hzの音を聴こうと
関心を持ってくださったのに偽物を聴いて欲しくはないため

色々調べたところ下記の528Hzは本物とのことなので
寝る前や作業しながら聴いてみると良いだろう。

さらにAmazonでも検索してみるといくつかヒットして
その中でも特に評価の高かったものがこちらである。


レビューを見ると、安眠できるようになったとの声が多く見られ
不眠症の方にも効果が期待出来るとのこと。

また、リンク先の「曲目リスト」では実際に視聴することができる。

個人的な意見として、同じ528Hzでも自分がリラックスできると感じる音を聴くのと
作業感覚で聴くのとでは効果も大きく変わってくるのではないかと思うため

自分に合った音を選んでほしい。

まとめ

528Hzのソルフェジオ周波数の効果についてご紹介させていただいたが
いかがだっただろうか。

この効果を信じるかどうかはあなた次第だが
この528Hzの効果はあまりに強大なため、ほとんど公にされていないのが現実である。

また、Youtubeなどで聴くと色々な種類の528Hzがあるが
あくまでも周波数なので違う曲調でも不思議ではないとのこと。

ちなみに528Hzを使用している曲として有名なのは
ジョンレノンの「imagine」や「Hey Jude」だ。

KinKi Kidsの堂本光一さんも聴いているとのことで
あなたもこれをきっかけに528Hzの音を聴くのを
習慣化してみてはいかがだろうか。

【関連記事】

ストレス解消法は音楽で決まり!簡単にできるストレス解消法で人生に余裕を
↑ストレスに悩んでいる方は読んでみてください。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る