梅田芸術劇場の座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はこの席がおすすめ!

ミュージカルなどの会場として使用される梅田芸術劇場。

キャパは約2,000人と中規模な造りになっており、あまり会場が大きくない分、近い距離感で楽しむことができます。

ただ、

「今度、梅田芸術劇場に行くけど、座席からの見え方がよくわからない…」

という方も多いと思います。

そこで、実際の見え方を画像付きでご紹介し、おすすめの見やすい席についてもまとめてみました。







梅田芸術劇場の座席表とキャパは?

梅田芸術劇場の座席表の画像がこちら。

座席の種類は

  • 1階席
  • 2階席
  • 3階席

の3つに大きく分けられており、キャパは約2,000人となっています。

座席はSS席、S席、A席、B席などの種類がありますが、公演によって種類が変わるため、今回は省きます。

しかし、この座席表を見ても、実際の見え方はどうなのかがあまり想像つかないと思います。

そこで、実際の画像付きで座席からの眺めを次にご紹介していきます。

1階席の見え方の画像



2階席の見え方の画像


3階席の見え方の画像



以上が梅田芸術劇場の見え方の紹介になります。

見やすい席はどこなの?

梅田芸術劇場のおすすめの席についてですが、キャパが約2,000人と大きな会場ではないため、

全体的には見やすい造りとなっています。

その中でも

  • 1階席前方〜真ん中付近
  • 2階席前方

あたりは特に見やすくて、ミュージカルなどをより楽しめることでしょう。

座席の種類はSS席orS席に分類されることが多い席です。

特に2階席などの上の階はワイヤーアクションがある舞台などで全体的に見ることができるので

遠くても十分迫力のある演技を見ることができますよ!

前方過ぎる席は見づらい?

見やすい席として1階席前方とご紹介しましたが、舞台を全体的に見たい方にとっては見づらくなってしまうので注意です。

その分、出演者の方を間近で見れますが、近過ぎる分、舞台全体を見るのが困難なためです。

また、1階席の23列目あたりになると、出演者の表情が見づらいという意見もあるため、

その座席付近あるいはそれよりも後ろの席の方は注意が必要です。




梅田芸術劇場のアクセス

梅田芸術劇場のアクセスは以下の通りとなっています。

【住所】
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-1

【アクセス】
阪急電車
「梅田駅」茶屋町口より徒歩3分
JR線
「大阪駅」御堂筋北口より徒歩8分
地下鉄
御堂筋線「梅田駅」1号出口より徒歩5分
御堂筋線「中津駅」4号出口より徒歩5分
谷町線「東梅田駅」1号出口より徒歩7分
四ツ橋線「西梅田駅」3号出口より徒歩11分

双眼鏡があると10倍コンサートが楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、舞台では自分の希望する座席のチケットが取れなかったということもあるかと思います。

私はコンサートに行った場合ですが、2階席などの遠い席だと心のどこかで少しテンションが下がってしまいます。

ただもし、遠い席になったとしても以下の双眼鏡を使用することで距離感が近く感じ、以前より楽しむことができるようになりました。

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、

首にぶら下げることもできるので、舞台だけでなくコンサートやスポーツ観戦にも向いています。

また、メガネをかけている私でもメガネをかけたまま使用できたので、とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

 

また、もしAmazonで購入される場合は、商品をおトクに購入するあまり知られていない裏技があります。

しかも、この方法はAmazon公式が推奨しているもので、1,000円以上もおトクに買い物ができるので

気になる方は以下の記事をチェックしてみてください!

梅田芸術劇場周辺のおすすめホテル!

公演が終わった後にそのままホテルに宿泊したり、あるいは前日からホテルに宿泊することがあるかと思いますが、

以下の記事では梅田芸術劇場周辺で口コミ評価の高いおすすめのホテルをご紹介しています。

私は普通に自宅に帰れる距離のところで公演が行われている場合でも、次の日が何も予定がない場合はホテルに宿泊するのですが、

ホテルに宿泊した方がそのまま自宅に帰るよりも公演の余韻に浸れて楽しいので個人的にもおすすめです。

まとめ

梅田芸術劇場の座席表と見え方を画像付きでご紹介しました。

座席は当然前方の方が見やすいですが、ワイヤーアクションなどは前方過ぎると見づらい可能性があります。

ただ、それ以外の席でも見づらいと感じることはほとんどない会場です。

今回ご紹介した画像で座席からどのような景色が見れるのか、少しでもイメージが湧いたら嬉しく思います。