台風12号2018最新進路!気象庁や米軍、ヨーロッパの予想では関東直撃は必須?

2018年7月25日に日本列島南側に台風12号が発生しました。

進路予想は関東を直撃するとの予想が出されており、多くの人に影響を及ぼしそうです。

また、進路具合によっては土日のイベントが中止になる可能性もあるので、ここでは

  • 気象庁
  • 米軍
  • ヨーロッパ

の3つの機関からどのような進路予想が出ているのかをご紹介していきます。




気象庁の最新進路予想

気象庁が発表した台風12号の最新進路予想は以下の通りです。

台風12号が北上して、28日(土)の夕方ごろに関東を直撃する予想が立てられています。

米軍の最新進路予想

次に米軍合同台風警報センターが発表した台風12号の最新進路は以下の通りです。

上記の米軍の画像の見方についてですが、時差を+9時間する必要があるため、例えば「29/00Z」という表記は7月29日午前9時という見方となります。

こちらも気象庁の進路予想とそこまで大きな差はありません。
28日午後から29日にかけて関東を直撃する予想となっていることが確認できます。

ヨーロッパの最新進路予想

最後にヨーロッパ中期予報センターが発表した台風12号の最新進路は以下の通りです。

こちらも気象庁や米軍と同じで28日から29日にかけて関東を直撃した後、30日には関東を通り過ぎていることが確認できます。

2018年台風12号の情報まとめ

気象庁、米軍、ヨーロッパの進路予想から

台風12号が関東を直撃するのは28日(土)〜29日(日)にかけてというのが共通した予想でした。

この日はイベントが多く予定されており、

特に28日は隅田川花火大会など数多くの花火大会が予定されていて、隅田川花火大会では

実施可否については、開催日当日の午前8時に公式Twitterで発表されるという。午前8時に判断がつかない場合は午前10時に発表されるため、こまめに情報をチェックしてほしい。

などと報じられています。

そのため、しっかりとイベントの最新情報などを確認するようにしましょう!




台風の勢力(強さ)とは?

台風は下記の3つの勢力(強さ)に分けられます。

「猛烈な」 最大風速が54m/s(105ノット)以上
「非常に強い」 最大風速が44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
「強い」 最大風速が33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満

今回の台風12号は7月25日時点で最大風速30m/sの「強い」勢力となっています。

ただ、進路と同様に勢力も強くなる可能性が高いため、どのような勢力になるかはもう少し近づかないと正確な数値がわからないというのが現状です。

まとめ

ここ最近は猛暑日が続いていましたが、この台風12号によって暑さが落ち着く予報が出ているのは良いことですね!

しかし、直撃が予想されている28日から29日は花火大会やフジロックなどのイベントが多く行われる予定なので、開催がどうなるのかは各イベントの最新情報やツイッターなどをチェックしてください!

また、外出の用事がない場合は家でゆっくり過ごして疲れをとるのもありでしょう!





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る