ゴキブリの対策で最強に寄せ付けない方法は?いつから行うのが一番効くの?

主に春から秋にかけて長い期間活動し、私たち人類の最大の敵でもあるゴキブリ。

自宅でゆっくりくつろいでいると、突然現れて、
退治できたとしても非常に疲れますよね。

中には退治できない方や、寄せ付けない方法は無いか悩んでいる人が非常に多いのが現状です。

しかし、私はそんな厄介なゴキブリを駆除することに成功しました!

そこで、どのようにしてゴキブリを駆除したのか、
最強の対策方法と、そのような方法をとった理由やいつから行うのが良いのかなどをご紹介していきます!




ゴキブリの対策方法を考えた結果、巣ごと駆除できる”毒エサ”が一番だと感じました

まず、ゴキブリ駆除には以下のように様々な対策方法があります。

  • バルサンなどの部屋全体に薬品を撒くタイプのもの
  • ゴキジェットなどの直接スプレーをかけるもの
  • ゴキブリホイホイなどの捕獲するもの

これらの方法でゴキブリ駆除をすることはもちろん可能ですが、
ゴキブリは1匹いたら100匹はいるとされています。

というのも、ゴキブリの1匹のメスが一回で産む卵の量は、なんと40個!!

 

さらに、その卵は約2カ月という早さで孵化するため、
上記の商品は主に目の前に出てきたゴキブリを駆除するためのものなので、
完全にゴキブリを駆除するにはあまり効果が無いと考えました。

 

では、巣ごと駆除するにはどうしたら良いのかを調べてみると、
それを可能にしたのが毒エサと呼ばれるものです!

毒エサの効果はどのようなもの?

毒エサはゴキブリがよく通る冷蔵庫の裏や玄関などに設置します。

そして、ゴキブリがそのエサを食べると、体の水分を奪い、
巣がある下水などに移動してそのまま死骸となります。

 

さらに、その死骸を巣にいる他のゴキブリが食べて、
そのゴキブリも死骸になるという効果があります。

 

通常、私たちの手ではゴキブリの巣を駆除することはできないのですが、
毒エサはそれを可能にするため、ゴキブリを完全に駆除するのに適しているのです。

最強の毒エサはどれ?

ただ、毒エサといってもスーパーなどで売られているブラックキャップなどがありますが、
どれが一番効果が期待できるのでしょうか?

私個人的にはプロの駆除業者も使用しているゴキちゃんストップがオススメです!

▼ネット販売限定!▼
「ゴキちゃんストップ」公式サイト



というのも、私はブラックキャップとゴキちゃんストップの両方を実際に使用したのですが、
ブラックキャップでは効果が得られなかったものの、
ゴキちゃんストップは設置した後にゴキブリを全く見なくなり、寄せ付けなくなったためです。

 

また、私自身も自宅でゴキちゃんストップを愛用しています。

その上での使用感や使用する際の注意点などを以下の記事にまとめているので
もし、購入を検討されている方はご覧下さい。

>>ゴキちゃんストップの効果は?口コミが正しいか実際に購入して検証してみた!

ゴキブリの対策はいつから行った方が良いの?

冒頭でゴキブリの活動期間は春から秋にかけてと説明しました。

 

しかし、実は、その時期に活動が盛んなだけであって、
冬の期間もゴキブリは活動しているのです!

なので、活動期間は丸1年ということになるのですが、
ゴキブリの駆除は活動量が落ちている時期にするのが一番だとされています。

 

そのため、今はゴキブリをまだ見てなくても毎年夏ごろになると見るという方は
冬・春の時期から対策しておくのがオススメです。

 

また、夏場などのピークの時期に毒エサの対策をしても効果は十分ありますので、
手遅れと思わず、しっかりと対策してくださいね!

ゴキブリは気持ち悪いだけではない!人間に悪影響を与えていた

ゴキブリは見た目や動き方が気持ち悪いだけのように思われていますが、
実は、私たち人間にとって以下のような悪影響を与えています。

様々な雑菌を運んでくる

ゴキブリはトイレや排水口など不衛生な場所を好んで生息しています。

その不衛生な場所には様々な雑菌があるため、
ゴキブリが触れた箇所に雑菌がついて人に感染するといったケースもあります。
(例えば食中毒の原因であるサルモネラ菌を運んでくるなど)

機械に侵入して危害を加える

また、ゴキブリが危害を与えるのは人だけではありません。

実は、ゴキブリは電化製品などの機械にも侵入し、漏電などの危害を加えています。

これによって火災の原因にもなり、身の危険にも繋がるため、
あまりにたくさんのゴキブリを見かける方は早めに対策した方が良いのです!

 

以上のような悪影響がゴキブリにはあるため、
単なる気持ち悪いだけでは済まないことが伝わったかと思います。

いつまでに対策をした方が良いの?

では、ゴキブリ対策はいつまでに行うべきなのでしょうか?

結論から言うと、どうしても駆除したいなら今すぐに対策をするべきです!

 

というのも、ゴキブリのが最も活動する時期は7〜9月なのですが、
気温が18度以上でもゴキブリは活発に動き出します。

 

それくらいの気温になるのは4月下旬〜5月あたりですが、
ここ数年は温暖化の影響もあり、3月でも18度を超える日は珍しくありません。

 

中には

「冬でもゴキブリを見た」

という報告があるのですが、

これは暖房器具の使用によってゴキブリが活動しやすくなる環境が作られていることが原因であるため、
本当は冬でもしっかりと対策をした方が良いのです。

 

そして、7〜9月の活発期に入ってから対策をしても、もちろん効果はありますが、
完全にゴキブリを退治するのには、ある程度の日数がかかってしまいます。
(特に一軒家などの広い家にお住いの方は大変かもしれません)

 

また、ゴキブリが成虫になってしまうと、卵を産んでしまうため、
そこまで放置をすると駆除をするのが非常に厄介になってしまいます。
(約20〜50匹の赤ちゃんが同時に生まれてしまうためです)

 

対策するといっても、大掛かりな作業をするわけではありません。
ゴキちゃんストップのような毒エサを該当の箇所に設置するだけで非常に負担が少ないですし、
効果も6ヶ月程度あるので、シーズン通して使用できるというのも非常に楽ですよね!

どうしてもゴキブリを見たくないという方は積極的に対策して、
ゴキブリに怯えることのない生活を取り戻しましょうね!

まとめ

私個人的な意見として、ゴキブリ対策に最強アイテムとして巣ごと駆除できる毒エサを勧めました。

その中でも実際に私が使用してゴキブリが寄せつかなくなったのが
プロの駆除業者も使用しているゴキちゃんストップという商品です。

このような毒エサはゴキブリがあまり目の前に現れない時期から使用すると、より効果的なので、
毎年必ずゴキブリを見かけるという方は今すぐにでも対策をしましょう!

 

私は
>>ゴキちゃんストップの効果が凄すぎ!口コミが正しいか実際に購入して検証してみた結果がコチラ!
でご紹介した通り、ゴキブリ駆除に無事に成功したのですが、

その中で何が一番良かったかと言うと、もちろん気持ち悪いゴキブリを見なくなったことも良かったのですが、
無駄な時間を奪われなくなったことが一番良かったと感じています。

 

というのも、ゴキブリが発生した場合、捕まえる時間は平均すると30分はかかっていて、
(退治してから元の作業に戻ったり、心の中を切り替える時間を含める)
例えば10回出れば、5時間もゴキブリに時間が奪われてしまう計算になってしまうのです。

 

5時間もあれば、本を読み進めたり、映画を2〜3本は見ることができると考えると、
物凄く勿体無い時間だと感じませんか?

 

5時間もあれば、好きな映画を2〜3本も観れますし、
本だって物によっては1冊読めてしまいます。

なので、多少お金をかけてゴキブリ退治をしなくて済むようになったのは
大げさに言うと、時間をお金で買っているような感覚なのです!

ゴキブリ対策で非常に辛い想いをされていると思いますが、
ゴキブリで悩んでいるあなたのその悩みの解決の糸口となれば幸いです。

▼某ネットショップ売上1位!▼
「ゴキちゃんストップ」公式サイト



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る