ジェットコースターで怖くない方法は?男は克服して苦手意識を無理に無くす必要はない?

遊園地に行ったときに外せないのが、ジェットコースター。
好きな人もいれば、苦手な人もいますよね。

カップルやグループで遊園地に行ったときにジェットコースターに誘われると、
苦手な人は本当に悩んでしまうと思います。

そこで今回は、ジェットコースターに恐怖を抱く理由と、
怖くなくなる方法をご紹介します!

この方法でぜひ克服しましょう!

また、特に男性の場合はジェットコースターに乗れないと
カッコ悪いと思われて印象が悪くなるのでは…と心配になる人もいるかと思います。

そんな時の対処法や考え方もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。




なぜ恐怖心を感じるのか?

ジェットコースターが怖いのはなぜなのでしょうか?
高い場所やスピードが早いことが恐怖の原因としてパッと頭に浮かぶかと思いますが、
ジェットコースターが苦手でも飛行機は大丈夫という人は沢山います。

 

ジェットコースターに恐怖を感じる原因としては、高さやスピードの他に

  • 予測できない動きをすること
  • 自分でコントロールできない動きをすること
  • 急落下などによる浮遊感を感じること
  • 急ブレーキや急発進で体にGが掛かること
  • 回転などで平衡感覚が失われること

が挙げられます。

 

これらが原因で脳がパニックを起こし、
不安感や恐怖心を感じてしまうわけです。

 

あと、これはもちろん人にもよりますが、
一般的には女性よりも男性の方がジェットコースターに恐怖を抱いているようです。

これは少し意外ですよね!!

 

男女では脳の作りに違いがあり、
同じ緊張を与えた場合に男性は動揺を感じる一方で、
女性は興奮・楽しさを感じることが理由と言われています。

怖くないと感じる克服方法!

では、ジェットコースターを怖くないと感じるためにはどうしたらよいのでしょうか?
遊園地デートでかっこいいところを見せたい時や、

グループで遊園地に行ったときに自分だけ乗らないのは気が引ける…
なんていう場合もありますよね。

そんな時は、ジェットコースターの恐怖感を克服したり楽しめるようになる必要があります!

恐怖感を克服する方法

まず、ジェットコースターが予測できない動きや
自分でコントロールできない動きをすることで起きる恐怖感を克服しましょう。

そのためには、
ジェットコースターに乗っている間に実況中継をする方法がオススメです!

声に出して、
「次は右だー!」「今、カーブに差し掛かっています!」
などと叫ぶのが最も効果的ですが、

恥ずかしかったら心の中で叫ぶのもOKです。

また、体に重力が掛かったり、
平衡感覚が失われるのを防ぐためにはしっかり脚を踏ん張るのがオススメです。

脚は肩幅に開いて、
足の裏と床をしっかり密着させて踏ん張りましょう!

脚が浮いていると、身体が安定せず、
恐怖感が煽られてしまうためです。

 

もし席を選ぶことができるなら、
一番前と一番後ろ以外を選んでください。

一番前は、視覚的に最も恐怖感を感じやすく、
一番後ろは体感的に一番負担がかかるからです。

楽しむ方法

ジェットコースターに恐怖を感じていても、
楽しさも味わうことができるのであれば乗るのも苦になりません。

楽しむためには、恥ずかしさを捨てて絶叫することです!

思い切り叫ぶことで、日頃のストレスが発散されて気持ちがスッキリしますよ!

 

また、少し余裕が出てきたら景色も楽しみましょう。

普段見られない高さから見る街の景色はきっと素敵です!

逆効果になってしまう行為は?

ジェットコースターが苦手な人は、
高いところからの景色を見たくないためついつい目をつぶってしまうことが多いと思います。

でも実は、これは逆効果なんです!

 

目をつぶってしまうとコースが見えないため、
次にジェットコースターがどんな動きをするのか予測できません。

そのため、自分がコントロールできない恐怖や
予測できない動きをすることによる恐怖を増大させてしまいます。

 

怖いとは思いますが、目をしっかり開けてジェットコースターに挑みましょう。
この時、景色を見るのではなく、

レールを見てジェットコースターの動きを予測しながら乗ると恐怖が軽減されますよ。
もちろん、慣れてきたら景色を楽しむのもOKです。

お腹がふわっとする感覚はなくならないのか

ジェットコースターで最も嫌なのは浮遊感、という人が多いと思います。
なぜかジェットコースターに乗っていると、

お腹が浮く感覚や内臓が口から出そうな不安感を抱きますよね。

 

これは、急落下する際などに身体はベルトで固定されているにも関わらず
内臓(お腹の中)は無重力状態になることが原因の1つです。
そのため、お腹の中だけが浮く奇妙な感覚を感じます。

 

また実際はベルトで固定されているから大丈夫なのですが、
身体が放り出されてしまうと恐怖を感じることも原因です。

これらを防ぐためには、
急落下する直前にお腹に力を入れる方法がオススメです。

 

鼻から大きく息を吸って息を止め、
お腹にぐっと力を入れてみましょう!

 

また、身体が放り出される恐怖を軽減するには
背もたれにしっかりと背中を付けて、手すりをぎゅっと握りましょう!

 

この方法で浮遊感完全に無くすことはできませんが、
少し軽減させることができます。

ジェットコースターに乗れない男性は印象が悪い?

好きな女性と遊園地に行って、
ジェットコースターに誘われたときに怖いからといって断るのは気が引けますよね…。

断ったら、小心者と思われてしまって嫌われるのでは?と不安になる人もいると思います。

 

色々な考え方があると思いますが、
多少我慢して乗ることができるのであれば、
前述した克服法を参考にしながら頑張って乗ってあげると相手の女性も楽しむことができると思います。

 

ただ、人によっては本当に苦手で具合が悪くなってしまう人もいますよね。
もし本当に苦手であるならば、断っても全然OKです。

ネットの意見でも、

  • 無理に乗って楽しんでもらえないのは悲しい
  • 具合が悪くなってしまったら元も子もない
  • 好きな相手であれば、乗れないからといってキライにはならない

と言う意見が多く、乗れないからと言って悪い印象を抱く人は少ないようです。
確かに、無理矢理乗って具合が悪くなってしまったら、
相手にも迷惑が掛かりますし遊園地を楽しめません。

 

無理な場合は、しっかり断りましょう!
本当に好かれていればそれで嫌われることはありませんから。

もし万が一、ジェットコースターに乗れないからと言って嫌うような相手であれば、
今後上手く付き合っていけないのでは…と個人的に思います。

スポンサードリンク





まとめ

ジェットコースターが怖いと感じる原因や、
乗らなくてはいけない場合に怖くない方法をご紹介しました!

恐怖の原因である予測できない動きを克服するために実況中継する方法や、
思い切り叫んで逆にジェットコースターを楽しんでしまう方法など、
さまざまなやり方があります。

グループやカップルで遊園地に行って、
ジェットコースターに誘われた場合に断りにくいから克服したい…と考えている人は、
今回ご紹介した方法をぜひ参考にしてくださいね。

男性の場合、好きな人にジェットコースターを誘われて断ったら印象が悪くなるのでは…?
と不安になる人も多いかと思いますが、本当に苦手な場合は無理はしないでくださいね。

体調が悪くなってしまってはデートが楽しめませんし、
乗れないからと言って悪い印象を抱く人はほとんどいないので
あまり悲観的にならないようにしましょう!

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る