ゴキブリの赤ちゃんが出たら…大量発生はどこから?簡単な対策法はコレ!

夏休みや楽しいイベントが多い夏。

しかし、そんな楽しい時期に釘を打つような気分にさせてしまう生物が
家の中に毎年現れて悩んでいる人が多い。

その生物の正体はゴキブリである。

毎年春から秋の終わり頃まで
どこからともなく家に侵入して我々を脅かすが、

いくら屈強な体つきをしたジャイアンみたいな男性でも
「ゴキブリの退治だけは無理!」
などと、その時に限ってはのび太くんのような性格になってしまう人も多く、

ゴキブリで毎年頭を抱えている人が非常に多いのも事実だ。

しかし、ある方法を使えば、
そのような悩みが一気に改善される可能性があるため、

ゴキブリの赤ちゃんや成虫ゴキブリが大量発生している
あなたの悩みを解消できる対処法についてご紹介していきたい。



ゴキブリの赤ちゃんの画像

ゴキブリの赤ちゃんの画像はこちらから。

あまりゴキブリの画像を見たくないという方もいるため
上記の検索ページに載っている画像を見て
ご確認いただきたい。

 

特徴としては2本の長い触角が大きく動いているため、
見かけた際に何となく

「小さいけど、ゴキブリっぽい虫だな」

と感じたら
それはゴキブリの赤ちゃんとみて、ほぼ間違いないだろう。

大量発生は室内で卵が数十個も孵化したから

家や職場でゴキブリの赤ちゃんが大量発生している場合、
家や職場の中のどこかでゴキブリの卵が孵化した可能性が非常に高い。

 

ちなみにゴキブリは1回の産卵で約20〜50匹もの赤ちゃんが孵り、約2ヶ月という早さで赤ちゃんが誕生する。
そのため、1匹を退治しても効果的ではないのだ。

また、成虫になるまでの期間は平均で早い種類でわずか3ヶ月なので
成長スピードも決して遅くないのがさらに厄介なのである。

 

さらに、これを複数の成虫ゴキブリにやられたらと考えると、非常に恐ろしいことになるのが想像できるだろう。

そもそも、ゴキブリはどこからやってくるのか?

ゴキブリは

  • 台所や洗面所などの配管
  • 玄関
  • ベランダ

など、ありとあらゆる隙間から家の中へと入ってくる。

しかし、家の中にやってくるとはいえ、そのまま住みつくかは別問題。

ゴキブリにとってその家が住みにくい環境であれば、別のところへと勝手に逃げていくのだ。

ゴキブリにとって住みつきにくい環境とは


ゴキブリは25度くらいの温度でジメジメした環境を好んでいる。

 

さらに、生ゴミや汚れた食器などをそのままにしておくと
そこから発生しやすいとも言われているため

ついやってしまいがちだが、
これらは必ず放置しないことが重要である。

 

そして、以下の条件に当てはまらない行動を意識することも、
ゴキブリを寄せつけない重要な要素となるため、ぜひ、意識してほしい。

 

■ゴキブリが発生しやすくなる条件

  • 食後の食器を長時間放置している
  • 飲食物を放置している(玉ねぎやビールは特に好む)
  • 床に髪の毛やパンくずが落ちている
  • 物陰の掃除をしていない
  • 生ゴミを放置している
  • 洗面所の掃除をしていない
  • 台所の掃除をしていない
  • トイレの掃除をしていない

 

一方で、除湿機を動かして乾燥させたら発生しなくなったとの声もあるため
除湿機を持っている方は試してみると効果が得られるかもしれない。

大量発生の際は”毒エサ”が100%効果的!

ここからはいよいよ対策方法をご紹介したい。

 

まず、ゴキブリの赤ちゃんを見つけてしまった場合、
複数のゴキブリがあなたの家中を徘徊していると思って良い。

そして、そのゴキブリたちを人間の目視だけで対策するのは無理な話である。

 

そこで効果的なのが薬局やスーパーなどでお手軽に手に入る
「ブラックキャップ」などの毒エサと呼ばれる商品。

これは、エサを食べた後にすぐに死ぬのではなく、
徐々に弱らせて死に至らせるという効果がある。

 

そのためゴキブリの死骸を目にすることがほとんどなく
さらに、毒エサを食べたゴキブリの糞や死骸を別のゴキブリが食べるため

巣ごと駆除できてしまうのが毒エサの大きな特徴なのだ。

 

ちなみにバルサンなどのくん煙タイプのものや
ゴキブリの苦手なアロマ系の匂いを発するものなども効果があるのは確かなのだが、

一時的な効果しかないため、完全に駆除したいのであれば、毒エサ一択なのである。

 

ゴキブリの赤ちゃんが大量発生しているということは
あなたの家が住みやすいということ。

 

このような対策をして
夏場にゴキブリ退治に悩まない日々を迎えたい。

毒エサを設置しても効果がない…そんな場合は?

ゴキブリの駆除に効果的だとして毒エサを紹介したが、
あまり効果が得られずにゴキブリ駆除を諦めている人が多いのも事実。

 

実際に私も、実家が一軒家でよくゴキブリが出たため、
ブラックキャップを購入して設置してみたが、効果が得られなかった経験がある。

 

だが、市販の製品よりも
さらに強力な商品が存在することをご存知だろうか?

それがこちら!

▼某ネットショップ売上1位!▼
「ゴキちゃんストップ」公式サイト



こちらは「市販の商品よりもさらに強力なゴキブリ駆除製品が欲しい」というニーズに応えたネット販売限定商品で、
家庭をはじめ、店舗、学校、事務所などでの使用実績のほか、ゴキブリ駆除業者が実際に使用しているものとなっている。

 

そのため、市販の商品と比べると、値段が割高となってしまうが、
それは、ゴキちゃんストップにはホウ酸という成分が使われているためである。

 

ブラックキャップはフェプロニルという成分が含まれているのだが、
これだと、薬剤に抵抗力を持ったゴキブリには対応できない。

まさに、あの明石家さんまさんがトークが出来ないような状態と同じなのである。


しかし、ホウ酸はそのようなゴキブリにも対応できるため、
ゴキブリ駆除に非常に効果が期待できるのだ。

 

有効使用期限は業務用だと2〜3ヶ月で一般家庭だと6ヶ月程度となっている。

さらに、実際に購入したユーザーからは以下のように
効果があったと満足する声が挙がっているため、参考になればと思う。


また、私自身も自宅でゴキちゃんストップを愛用している。

 

その上での使用感や使用する際の注意点などを以下の記事にまとめているので
もし、購入を検討されている方はご覧いただきたい。
>>ゴキちゃんストップの効果が凄すぎ!口コミが正しいか実際に購入して検証してみた結果がコチラ!

ゴキブリを今すぐ100%駆除したいあなたに

とても効果が期待できる「ゴキちゃんストップ」だが、
上記のツイッターの声にもある通り、

小さなゴキブリや死骸を見てしまったという声も見られている。

 

さらに、毒エサでゴキブリを完全に駆除するのは一定期間を要してしまうため、

「どうしても今すぐにゴキブリを駆除したい…」
「ゴキブリの死骸すらも見たくない…」

などの事を求めるとしたら、
満足のいかない結果になりかねない。

 

また、飲食店などを経営されている方にとっては
ゴキブリの発生はお店の評判に繋がり、死活問題に発展する恐れがあるため、
早急に対応する必要があるだろう。

 

では一体どうすれば良いのだろうか?
このような場合、下記のような専門業者に頼むのが1番の解決策となる。

ダスキンのゴキブリ駆除サービス

上記のサービスは飲食店などのお店だけでなく、一般家庭にもサービスを行っているため、

 

「自分で対策をしたが効果が得られなかった」
「ゴキブリを100%退治したい」

 

などという方にオススメだ。

 

実際にダスキンのサービスを試した方のツイッターの声は
以下のようになっている。

上記のツイッターの声にもある通り、
ダスキンは無料見積もりも行なっているため、

あなたの家や職場がどのような状況なのか、
「専門家の意見を聞いてみたい!」という方にもオススメとなっている。

“いつまでに対策をすべきか?”=今すぐに対策を!

では、ゴキブリ対策はいつまでに行うべきなのだろうか?

結論から言うと、一番効果的なのは今すぐに対策を行うことである!

 

というのも、ゴキブリのが最も活動する時期は7〜9月なのだが、
気温が18度以上でもゴキブリは活発に動き出す。

 

それくらいの気温になるのは4月下旬〜5月あたりとなっているが、
ここ数年は温暖化の影響もあり、3月でも18度を超える日は珍しくない。

 

中には

「冬でもゴキブリを見た」

という報告があるのだが、

これは暖房器具の使用によってゴキブリが活動しやすくなる環境が作られていることが原因であるため、
本当は冬でもしっかりと対策をした方が良いのだ。

 

もちろん、7〜9月の活発期に入ってから対策をしても効果はあるものの、早いに越したことはない。
ただ、完全にゴキブリを退治するのには、ある程度の日数がかかってしまうので注意してほしい。

 

また、ゴキブリの赤ちゃんが成虫になってしまうと、非常に多くの卵を産んでしまうため、
放置していると、駆除をするのが非常に厄介になってしまう。
(約20〜50匹の幼虫が同時に生まれてしまうため)

 

しかも、ゴキブリの卵は卵鞘(らんしょう)という固い殻で覆われていて、
くん煙タイプの薬剤などでは効果を発揮することができないほど強固な作りとなっている
(しかし、毒エサに含まれる成分はその強固な卵をも駆除できるため、
私が毒エサをオススメする理由の一つでもある)

なので、今すぐに対策をした方が良いと言うのは、以上の理由からである。

 

対策するといっても、大掛かりな作業をするわけでは決してない。
ゴキちゃんストップのような毒エサを該当の箇所に設置するだけで非常に負担が少なく、
効果は6ヶ月程度も持続するため、シーズン通して使用できるというのも非常に楽なのである。

 

どうしてもゴキブリを見たくないという方は積極的に対策をして、
ゴキブリに怯えることのない生活をぜひ、取り戻していただきたい。

ペットや赤ちゃんがいるご家庭は”ゴキちゃんグッバイ”が便利!

毒エサを使用したいと思い、ゴキちゃんストップの画像を見ると、
むき出しの状態であるため、ペットや赤ちゃんがいるご家庭での使用は正直厳しいのが現実だ。

 

しかし、カバーで覆われているゴキちゃんグッバイという商品も存在するため、
これによってペットや赤ちゃんがいるご家庭でも使用できるようになっている。

 

また、ゴキブリ用に調合した成分となっているため、仮に死骸をペットが食べたとしても
致死量に至ることはないとのこと。(ただし、専門医の受診を推奨している)

なので、ご購入される場合はあなたのご家庭の環境に合わせて対策してみてほしい。
(下記リンク先のページ真ん中付近に記載)

 

▼ペットや子供がいるご家庭でも安心!▼
ゴキちゃんグッバイはコチラ!

まとめ

人類の最大の敵とも言えるゴキブリは
およそ3億5000年前の地層から化石が発見されていることから、
完全に絶滅させることは不可能な生物である。

 

だが、上記でご紹介した方法やサービスなどを利用する事で
自分の身の回りだけでもしっかりと対策する事は可能だ。

 

私は
>>ゴキちゃんストップの効果が凄すぎ!口コミが正しいか実際に購入して検証してみた結果がコチラ!
でご紹介した通り、ゴキブリ駆除に無事に成功したが、

その中で何が一番良かったかと言うと、もちろん気持ち悪いゴキブリを見なくなったことも良かったのだが、
無駄な時間を奪われなくなったことが一番良かったと感じる。

 

というのも、ゴキブリが発生した場合、捕まえる時間は平均すると30分はかかっており、
(退治してから元の作業に戻ったり、心の中を切り替える時間を含める)
例えば毎年10回出れば、5時間もゴキブリに時間が奪われてしまう計算になるのだ。

 

5時間もあれば、本を読み進めたり、映画を2〜3本は見ることができると考えると、
物凄く勿体無い時間だと感じないだろうか。

 

私はゴキブリに貴重な時間が奪われることに怒りを感じたので、
設置するだけの簡単な毒エサを利用して、無事に効果を実感して非常に良かったと思っている。

少し大げさに言うと、時間をお金で買っているような感覚だ。

なので、あなたのゴキブリに悩む日々が
今回ご紹介した方法で解放されるきっかけになれば幸いである。

▼ネット販売限定!▼
「ゴキちゃんストップ」公式サイト



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る