ストロベリームーンの意味や画像。2016年6月20日を見逃すな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年6月20日に夜空を見ると
一風変わった光景が見られるのをご存知だろうか。

その一風変わった光景とは満月のことなのだが
ただの満月ではなく、少し赤みを帯びていることから
通称「ストロベリームーン」と呼ばれている。

このストロベリームーンを見ると
良いことがあるとされているため、その意味と
どういったものなのか画像を紹介したい。

スポンサードリンク





2016年6月20日に見られるストロベリームーンの意味

ストロベリームーンはもともとイギリスで呼ばれるようになったとされており
それがアメリカ、日本などに浸透していったとのこと。

特にアメリカの6月はイチゴの収穫時期にあたるため
その意味も踏まえて浸透していったのだとか。

ちなみにヨーロッパでは「ローズムーン」と呼ばれるなど
地域によって名称が異なっている。

ストロベリームーンには恋愛成就の意味も

ストロベリームーンはとても縁起が良いとされており
特に好きな人と一緒に見ると二人は結ばれるとされているのだ。

流れ星を見ると願いが叶うのと似たような感じである。

そのため、仕事の帰り道などに好きな人を誘って
何気なく夜空を見上げるふりをして
ストロベリームーンの話題をすると面白い展開になるかもしれない。

ストロベリームーンはなぜ赤いのか

普段は黄色い満月がなぜ赤みがかかって見えるのだろうか。
これは大気中の湿度の影響や満月の高さが低いこと
といった要因が重なることで起きるそうだ。

夕日が赤いのは当たり前だが
それと同じ原理が働いて
満月も赤くなるというわけだ。

ストロベリームーンの画像

ストロベリームーンの画像がこちら。


通常の満月よりも明らかに赤みがかかっているのがわかるため
一目で「何か違う」と気がつくだろう。

もし、周りで不思議そうにしている人を見かけたら
「これはストロベリームーンといって
恋愛成就の効果がある縁起の良いものだよ」と説明してあげてほしい。

赤みがかった満月は不気味なイメージを持たれるため
ストロベリームーンの意味を知って見るのとでは
また違った雰囲気を味わうことができるだろう。

スポンサードリンク





2016年6月20日の天気

こちらの画像は2016年6月20日の天気である。
スクリーンショット 2016-06-20 13.47.54
この画像を見ると北海道、中国、四国、九州地方は天気が悪く
残念ながらストロベリームーンが見られない可能性が高いが
それ以外の地域の方は見ることができるだろう。

恋愛成就があるとされるストロベリームーンの効果で
今夜は多くのカップルが誕生…なんて可能性も。

この機会に一度、意識して空を見上げてみてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る