空飛ぶタイヤ(映画)の原作のネタバレと結末!赤松と沢田が衝撃の展開に?

長瀬智也さん主演の映画『空飛ぶタイヤ』が2018年6月15日に公開されます。

原作は池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』で
『半沢直樹』や『下町ロケット』などの有名作品の原作者としても知られています。

今回、長瀬智也さんはリコールを隠そうとする大企業と真っ向から戦いを挑む役を演じますが、
どのような結末を迎えるのでしょうか?

原作からネタバレ情報をご紹介していきます。




あらすじ

よく晴れた日の午後に、1台のトレーラーが起こした脱輪事故。
整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察で信じられないことを聞く。
突然タイヤが外れた、と。

港北中央署刑事の高幡(寺脇康文)らに整備不良を疑われ、世間やマスコミ、銀行からもからバッシングをされる毎日。
自暴自棄になりながらも、赤松運送の専務・宮代直吉(笹野高史)、
整備士・門田駿一(阿部顕嵐)や妻・史絵(深田恭子)の支えもあり、独自の調査を開始した赤松は、
車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元の大手自動車会社・ホープ自動車へ再調査を要求する。

一方、ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、
再三にわたる赤松の要求を疎ましく想いながらも、同僚の小牧重道(ムロツヨシ)や杉本元(中村蒼)と調査を進めていく内に、
社内でひた隠しにされる真実の存在を知る。

同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、週刊潮流の記者・榎本優子(小池栄子)より
、グループ会社であるホープ自動車について探りを入れられ、その杜撰な経営計画と、ある噂について疑問を抱く。
それぞれが辿りついた先にあった真実は、大企業の“リコール隠し”──。
過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。

その真実の前に立ちはだかる、ホープ自動車常務取締役・狩野威(岸部一徳)。

果たしてそれは事故なのか事件なのか。
男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。
正義とはなにか、守るべきものはなにか。

日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!

引用:『空飛ぶタイヤ』公式HP

キャスト

  • 長瀬智也(赤松徳郎役)
  • ディーンフジオカ(沢田悠太役)
  • 井上一生(井崎一亮役)
  • 深田恭子(赤松史絵役)
  • 岸辺一徳(狩野威役)
  • 笹野高史(宮代直吉役)
  • 寺脇康文(高幡真治役)
  • 小池栄子(榎本優子役)
  • ムロツヨシ(小牧重道役)
  • 中村蒼(杉本元役)など

他にも佐々木蔵之介さんや柄本明さんなども出演するので、
かなり豪華なキャスト陣ですよね!

 

さて、ここから先は原作を元にネタバレを公開していきますので
「結末を知りたくない!」という方はご注意ください。

社員が事故を起こし、会社倒産の危機に【ネタバレ】

赤松徳郎(長瀬智也)は社員およそ50名を抱える赤松運送の社長を務めている。

しかしある日、「社員がトラックを運転中に事故を起こし、被害者が命を落とした」という衝撃的な出来事が起きる。

ただ、トラックを運転していた社員は

  • タイヤが突然脱輪した
  • 法定速度をしっかりと守っていた

などと証言しており、事故の原因は運転手のせいではないことがわかってきた。

となると、トラック製造元で不備があった可能性が考えられるが、
製造元のホープ自動車は「整備不良」という結論を出す。

つまり、赤松運送が日々の点検や整備を怠ったために起きた事故であるとの見解を示したのだ。

これによって赤松運送に家宅捜査が入り、
その情報は全国規模で報道されたことで仕事が激減する。

赤松運送は倒産の危機を迎えてしまったのだ。

赤松はホープ自動車の調査に疑問を持つ【ネタバレ】

会社倒産の危機に頭を抱える赤松だったが、「整備不良」と診断されたため、
担当していた門田を解雇した。

ある日、赤松運送でトラックの整備を担当していた門田が書いていた整備日誌を見つける。

中身を見てみると、事故を起こしたトラックの整備について「問題なし」の言葉が。

門田は見た目はチャラチャラしているが、仕事には真面目に取り組む定評がある人物なので
赤松はこの日誌の内容を信じ、「整備不良」との結論を出したホープ自動車に再調査を依頼した。

しかし、ホープ自動車は何度依頼を出しても再調査に応じることはなかった。

事故はホープ自動車側が原因だった【ネタバレ】

赤松の再調査依頼に対応したのはホープ自動車のクレーム処理を担当する
沢田(ディーンフジオカ)だった。

しかし、そんな沢田の元に事故の原因を調査した品質管理部の人間が
赤松運送からの再調査依頼について問い合わせをしてきたことに疑問を持ち始める。

そこで沢田が極秘で調査すると、ホープ自動車には
品質保証部と経営上層部によって開かれている「T会議」が存在していたのだ。

Tはタイヤのことを指しており、
ホープ自動車経営陣が極秘で開いているリコール隠しのための会議だったのです。

リコールとは

自動車の設計や製造の段階で不具合が発生した際に公表し、
無料で特定の自動車の部品などの交換すること。

当然、リコールをすれば会社の経済的負担が大きくなるが、
ホープ自動車はリコールを隠すことでそれを免れてきたのだ。

そのため、今回赤松運送の社員が起こした事故も、
赤松運送側の整備不良ではなく、ホープ運送側に原因があることを沢田は知ったのです。

沢田は会社と戦う意思を見せる【ネタバレ】

リコール隠しの事実を知った沢田は内部告発という形で
ホープ自動車の悪態を公表しようと考えた。

内部告発の方が経営陣が一掃され、会社へのダメージが少なくて済むと考えたからだ。

また、沢田は現在クレーム処理を担当しているが、
車の設計開発に携わるという長年の夢を持っていた。

その夢にも近づけるチャンスだと考え、リコール隠しの証拠を独自に収集し始めた。

ホープ自動車のリコール隠しの情報が広まりを見せる【ネタバレ】

一方、ホープ自動車のグループ企業のホープ銀行の専務・巻田は
ホープ自動車の狩野(岸部一徳)と癒着をしており、営業の井崎に融資の話を進めるように指示していた。

実は、井崎の嫁の香織は巻田の姪という間柄なので、話を断ることが出来ずにいたのだ。

そんな中、井崎は大学時代の友人で週刊誌の記者をしている榎本(小池栄子)から
「ホープ自動車はリコール隠しをしている」という情報が入ってくる。

井崎は「ホープ自動車への融資は危険だ」と確信していたが、
組織に属する者として命令に従うしかなく、苦悩する日々が続いたのだ。

赤松は榎本からホープ自動車の実態を知らされ、争う姿勢を見せるも…【ネタバレ】

リコール隠しを調査する記者の榎本は赤松の元を訪れた。

榎本はホープ自動車について調べており、
ホープ自動車の車両が全国で似たような事故が起きているものの、
全て「整備不良」で片付けられていることを伝えた。

それを聞いた赤松は「自分たちで実態を調べるしかない!」と
ホープ自動車と徹底的に戦う姿勢を見せる。

そして、赤松はホープ自動車に提出していた部品の「ハブ」を返却するように求めるが、
ホープ自動車はこれを拒否。

「ハブ」はもともと赤松運送のものなのにそれを返却しないのであれば裁判で争う姿勢を見せるが、
そんな矢先に事故の被害者遺族から裁判を起こされてしまう。

しかも、提示された慰謝料は1億5千万円。

当然、今の赤松にそのような金額が払えるはずもなく、
さらに追い打ちをかけるように融資先のホープ銀行から融資の打ち切りを通告されてしまう。

この状況ではホープ自動車相手に裁判を起こす余裕もなく、
赤松は途方に暮れていた。

ホープ自動車から1億円で和解の取引が…【ネタバレ】

そんな中、ホープ自動車の沢田が赤松の元を訪ねる。

沢田は社内調整を理由に部品を返すのに時間が掛かると説明し、
その補償金として1億円を提示してきたのだ。

赤松は「1億円あれば、再建できる!」と喜んだものの、沢田は続けて
「社内調整が上手くいかなかった場合、1億円は部品代ということにしてください」
と言い出したのだ。

つまり、1億円で手を引いてくださいということ。

心が揺れる赤松だが、彼が出した結論は「NO」だった。

赤松は被害者のためにも事件の全容を明らかにすることが大事だといい、
大金を積まれてもその信念を変えることはなかった。

リコール隠しの記事が圧力で消されてしまう【ネタバレ】

しかし、赤松には頼りの綱があった。

それは榎本が調査したホープ自動車のリコール隠しの記事が
週刊誌「週刊潮流」に掲載されることだ。

そして、発売日に朝一で買って中を見てみると、
ホープ自動車の記事はどこにも掲載されていなかった。

実は、沢田たちの調査に気づいた狩野が裏で手を回していたのだ。

慌てて榎本に連絡をすると、
「上の判断でもうあの記事が掲載されることはありません…」という言葉が返ってきた。

沢田がリコール隠しから手を引く【ネタバレ】

沢田はその後も情報収集を続けている中で同じく「T会議」に不満を持つ
ホープ自動車のネットワーク管理者である杉本(中村蒼)と協力する。

そして、彼の協力もあり、証拠が揃ったため、社長に直談判に行こうとした矢先に
沢田は「商品開発部に来ないか?」と上司に告げられる。

これが狩野の策であることは知っていたが、
それでも長年の夢だった沢田は悩みに悩んだ挙句、自分の夢を優先し、争うことをやめたのだ。

ある情報でホープ自動車に勝ったと思ったが…【ネタバレ】

ただ、このような状況でも赤松は諦めなかった。

榎本と協力して「整備不良」とされた事故を起こした会社を片っ端からまわり、
情報収集をしたのだ。

そして、ある会社の整備担当者から一通の書類が送られてくる。

その内容は「整備不良と診断されたが、事故を起こした車輌は納車1ヶ月後のことだったため、
整備不良というのは無理がある」という衝撃的なものだった。

赤松は決定的な証拠を掴んだと確信し、警察に証拠を提示すると、
警察はホープ自動車への家宅捜査を行なったのだ。

しかし、ホープ自動車からリコール隠しを決定づける証拠や部品の「ハブ」が見つからなかったのだ。

実は狩野たちが手を回し、証拠などを全て消去させていたのである。

また、家宅捜査が入ったことでホープ自動車の売上は減少したものの
グループ会社の援助によってダメージは最小限にとどまるに至った。

自分の夢を取るか、正義感を取るか【ネタバレ】

その頃、沢田の元に杉本が現れ、1台のPCを差し出した。

中を見てみると、T会議」の議事録など、不正の証拠の数々が保管されていた。

杉本の母は病気で入院しているため、
内部告発を表立ってすることはできない状況だったのだ。

「どうするかはお前に任せる」

と言ってそのPCを沢田に託した。

沢田は争うのをやめたものの、心のどこかでわだかまりがあるのを感じており、
気がつくと赤松の元を訪れていた。

沢田は赤松に自分自身の夢を優先して良かったのか、
なぜ、自分の信念を曲げないのかを問いかけたのだ。

すると、赤松は一枚の手紙を取り出し、沢田が中を見てみると、

「かみさまへ ママにもういちど あいたいです」

という文章と母親の絵が書いてあった。

これは犠牲者の子供が書いた絵で沢田はこの手紙を見て大量の涙を流した。

沢田は警察に杉本から預かったPCを渡すことを決心し、
社内の自分の居場所がなくなるかもしれないが、心の中は晴れやかな状態だった。

結末

赤松の元に警察がやってきた。

ホープ自動車のリコール隠しの決定的証拠が見つかり、
赤松運送への疑いは完全に晴れたという報告だった。

これによって狩野は逮捕され、遺族からの訴えも取り下げられたのだ。

また、赤松運送も以前の活気を取り戻しつつあり、
仕事に明け暮れる日々が続いていくのであった。

また、ホープ自動車はグループ企業からの救済はなく、セントレア自動車に吸収される。

告発した沢田はそのまま会社に残れることとなり、杉本も出向先から呼び戻されたのだ。

以上が『空飛ぶタイヤ』の原作のネタバレである。

スポンサードリンク





まとめ

大企業に立ち向かっていく主人公赤松を長瀬智也さんがどう演じるか、
映画版もとても楽しみですね!

正義感を持った者が勝つという爽快なストーリーとなっているため、
実際に映像で見たら、感動するシーンもあると思うので
私もぜひ、チェックしたいなと思います!

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

にほんブログ村

ページ上部へ戻る