福岡ヤフオクドームの野球での座席表のキャパや見え方を画像で紹介!おすすめの席はどこ?

福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ヤフオクドーム。

キャパは約52,500人と大規模なドーム球場ですが、

「野球を観たいけど、各座席から実際にどのような景色が見られるのか」

などと疑問を持っている方も多いかと思います。

そこで、福岡ヤフオクドームの座席からの見え方を実際の画像付きでご紹介し、

おすすめの座席についてもまとめていきます。




福岡ヤフオクドームの座席表とキャパは?

福岡ヤフオクドームの座席表は以下の通りです。

画像を見ても分かる通り、たくさんの種類の座席があり、キャパは約52.500人となっています。

スタンダードな座席としては

  • 外野席
  • 内野S指定席
  • 内野A指定席
  • 内野B指定席
  • 内野自由席

の5種類が一般的な座席なので、これらの実際の見え方の画像を次にご紹介していきます!

外野席の見え方の画像 ¥1,000

【外野席】

【ホークス応援席 指定】

【ビジター席】

内野S指定席の見え方の画像 ¥4,000

【一塁側】

【三塁側】

内野A指定席の見え方の画像 ¥3,000

【三塁側】

内野B指定席の見え方の画像 ¥2,000

【三塁側】

内野自由席の見え方の画像 ¥1,800

【三塁側】

以上が福岡ヤフオクドームの座席からの見え方の紹介になります。

おすすめの席はどこ?

では、福岡ヤフオクドームで野球観戦をする場合、おすすめの席はどこなのでしょうか?

これは一概に「この席!」と断言することはできません。

というのも、野球観戦はそれぞれの楽しみ方があるため、どの席が一番という正解はないのです。

しかし、ある意見を聞きたいという方もいると思うので、

私なりに考えたそれぞれの観戦スタイルに合わせたおすすめの座席を次でご紹介していきます。

応援をガッツリするなら外野席!

福岡ヤフオクドームでは外野席以外での立ち応援が禁じられています。

なので、「応援歌を覚えていて、ガッツリと選手を応援したい!」という方は外野席がおすすめです。

もちろん、内野席でも応援はできますが、

私がよく行く横浜スタジアムでは内野席で応援歌を歌っている人は少ない印象なので

福岡ヤフオクドームも同じ状況だと考えると、応援歌は歌いづらいのかなと感じます。

しかし、反対に外野席は応援歌を歌わない人の方が少ないので、熱心に応援したい方は外野席に行きましょう!

安全に野球観戦をしたい方は内野S指定席!

野球はよくファウルボールが飛んできます。

そのため、少しよそ見をしていると、ファウルボールが自分に直撃するということも十分考えられます。

(私も観戦中にファウルボールが直撃した人を生でよく見ています…)

特にファウルボールは内野席に飛んできやすいのですが、

その中でも内野S指定席は防球ネットが張られているため、強いライナー性の打球が飛んでくることはありません。

ちなみにホームランボールしか飛んでこない外野席も安全といえば安全ですが、

ホークスが攻撃の際は立たないといけないですし、応援歌はあまり歌わないという方には向きません。

なので、純粋に野球を安全に楽しみたい!という方は少々値段が高いですが、内野S指定席が良いのかなと思います。

ボールが欲しい方は内野A席or内野自由席!

先ほどファウルボールについて触れましたが、ファウルボールはほとんどの方が欲しいので

ボールが転がると、みんなが手を伸ばしてボールの取り合いになったりします。

そこで、ファウルボールが飛んできやすいのは内野A指定席か内野自由席付近なので、

強い打球が飛んでくる危険性もありますが、ボールが欲しかったり、臨場感も楽しみたいという方はおすすめです!




双眼鏡があると10倍野球が楽しめる!?

座席をご紹介しましたが、チケットにあまりお金を掛けられなかったり、
良い席が売り切れてチケットが取れなかったりして仕方なく遠い席で観戦することもあるかと思います。

私も野球観戦に行く際にビールなどを買うと、出費が高くなってしまうのでチケット代をよく抑えています。

なので、遠い席の場合は以下の双眼鏡を使用することで、遠い席でも以前より楽しむことができるようになりました!

重さは約200gなので、缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、
首にぶら下げることもできるので、野球観戦での使用に非常に向いています。

また、メガネをかけている私でも使用できたため、とても見やすく機能性はかなり抜群です!

なので、もし外野席など遠い席で観戦される方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

球場に車で行く際のお得な駐車場の見つけ方!

あなたがもし球場に車で向かう場合、「目的地に到着したけど、周辺の駐車場がどこも空いてない…」なんて経験はありませんか?

試合当日は多くの人が目的地に向かうため、周辺の駐車場はほとんど満車状態になってしまうのが現状です。

しかし、以下の記事で説明している「akippa(あきっぱ)」というサービスを利用すれば、

空いている駐車場を事前に予約することができ、上記のような心配はいらなくなります。

しかも、一般的な駐車場に比べて料金が安く、会員登録も無料なので、

「車で野球観戦に行きたい!」とお考えの方はサービス内容や口コミなどを詳しく説明しているため、ぜひ読んでみてください!

野球観戦によく行く私が実践する宿泊先の最安値を探す方法!

もし、あなたが野球観戦を遠征で行かれる場合、気にかけておかなければならないのは宿泊先です!

ただ、複数のホテルを探したり、料金を比較するのってとても面倒ですよね…

そんな時、私はトリバゴを利用してホテルの予約を取っています。

トリバゴは

  1. 指定されたキーワード周辺のホテルを一覧で表示!
  2. 値段、距離、評価の順番に並べ替え可能!
  3. そのまま予約も可能!

という比較サイトで、検索する時間お金も節約できるので私がとても重宝しているサイトです。

利用方法は以下の画像の通りとなっており、とても簡単です!

※例:幕張メッセの場合

また、会場に近いホテルを探したい場合は以下のように操作してください。

もちろん球場周辺のホテルにも対応していますし、ホテル代は日によって大きく変動するので、絶対にホテル代で損をしたくない!という方は一度試してみてください!

■たった1分でホテル代の比較&予約ができる!■

まとめ

福岡ヤフオクドームの座席表や座席からの見え方についてご紹介しました。

紹介した画像から少しでもイメージが湧いたようでしたら幸いです。

ライブの際の見え方は以下の記事をご覧ください。