ダニ対策で簡単な駆除方法は?シートのみで退治可能!布団を乾燥機や洗濯機にかけなくても大丈夫!

休日などで自宅でゆっくり過ごしていて、ふと体を見ると、
虫に刺されたような跡があることって結構ありますよね。

この正体は大半がダニなのですが、目に見えないほど小さい個体が多く、
対策方法も布団などを乾燥機にかけたり、洗濯機で洗ったりなどと
面倒なものが多いですよね。

そこで、簡単なダニの駆除方法ってあるんでしょうか?
実はネットでも話題のあるシートを使用するだけでダニ対策に効果があったという声が多いため、
そられを含めてご紹介していきます。




ダニはどうやったら駆除できる?

まず、ダニの布団での一般的な駆除方法について説明していきます。

ダニを完全に死滅させるには乾燥機、洗濯機or掃除機を使用しなければなりません。

  1. 乾燥機でダニを死滅させる
  2. 洗濯機or掃除機で死骸やフンを除去する

という手順を行うことによって布団のダニを完全に死滅させることができます。

なぜここまでしなくてはならないかというと、
ダニは60度以上の高温の環境でないと駆除することができません。

また、死骸やフンが残っていると、それも人間に悪影響を及ぼすため、
洗濯機か掃除機でそれらを落とさなければならないためです。

ダニ対策はとにかく面倒臭い!

ただ、ここまで行うのって物凄く面倒臭いんですよね…
ツイッターでも以下のような意見が見られました。


特にダニはゴキブリなどと違って目に見えないので
ダニが大量発生している実感は体に異変が起きてからじゃないと湧かないという点も厄介なところです。

あるシートを置くだけと簡単な方法でダニの駆除が成功!?

対策が非常に面倒なダニですが、
シートを置くだけでダニを駆除してくれる商品があるのをご存知ですか?
それが以下の「ダニ捕りロボ」という商品です。

■顧客満足度が驚異の97%を獲得!■
>>ダニ捕りロボ公式サイト



ダニ捕りロボの特徴は以下の通りです。

  • 使用方法は”ただ置くだけ!”
  • 特殊な誘引剤でダニをおびき寄せ、捕獲する
  • ダニを乾燥して駆除する
  • 赤ちゃんやペットがいる家庭でも使用できる
  • 安全性は国内外の検査機関で立証済み

本当に置くだけでこれだけの効果が得られるのかと疑問に感じますが、
以下のように効果を実感している人が見られるのがわかります。

ダニがあなたに与える悪影響がヤバい…


ダニは私たちに悪影響を与える害虫だと何となく捉えていると思いますが、
具体的にどのような悪影響を与えているかご存知ですか?

以下に簡潔にまとめてみました。

ダニが与える人体への影響

  • アレルギー性喘息になる
  • アレルギー性鼻炎になる
  • アレルギー性結膜炎になる
  • アレルギー性皮膚炎になる
  • シックハウス症候群になる
  • 小児ぜんそくになる
  • アトピー性皮膚炎になる

などが挙げられます。

また、複数の箇所を刺されると露出の多い服を着ている際には
他人からの目が気になってしまいますよね。

直接口にはしませんが、心の中では
「あの人、ダニに刺されているよ…」などと思われており、印象が悪くなってしまう可能性もあるため、
早急な対策が必要なのです。

ダニの活動時期はどれくらい?

私たちに猛威を振るうダニですが、活動時期はどれくらいかご存知でしょうか?

  • ダニの繁殖が盛んになるのは梅雨の時期!
  • ピークは夏でそれ以降は下降していく

というのが一般的なダニの活動時期になるため、だいたい6〜9月が要注意です!
ですが、痒みなどの症状が出た場合はすぐに対策した方が良いでしょう。

ちなみにダニが好む環境は

  • 温度:25~30度
  • 湿度:60~80%

となっているため、部屋の環境を調整することも大切です。

ただ、冬などでもカーペットやひざ掛けなどはダニが好む環境に当てはまっているため、
冬によく使用する場合は時期に関係なく注意が必要ですよ!

ちなみに先ほどご紹介したダニ捕りロボは布団だけでなく、
こたつなどにも使用できるため、詳しくは下記リンクの下の方をご覧ください。

■畳、ソファー、押入れなどでも使用可能!■
>>ダニ捕りロボ公式サイト

まとめ

ダニの簡単な駆除方法についてまとめました。

ダニの駆除は布団を乾燥機や洗濯機にかけたりと本当に面倒な方法しかないので
時間が無い方や時間を節約したい方にもオススメです。

値段が少し高いかなという印象ですが、それにかかる手間を考えたら
浮いた時間を別のことに使えるのでそちらのメリットの方が大きいと個人的に感じます。

もし、「ダニに悩まされているけど、なかなか行動できない…」
という方は簡単にできる方法から試してみると良いですよ!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る