ディズニーランドの食べ物や飲み物の持ち込み禁止リスト!おにぎりやお菓子はOKなの?

ディズニーランドに行くと、1日中楽しめてあっという間に時間が過ぎてしまいますよね。

私には最近生まれたばかりの子供がいますが、
もう少し大きくなったら一緒に連れて行ってあげたいなって思っています。

でも、ディズニーランドって食べ物や飲み物が、結構高いんですよね。
1回の食事に1000~1500円位はかかりますし、飲み物も300円前後はします。

夫と一緒に行くだけならまだしも、子供も連れていくとなるとお財布的に痛いです。
私は子供が1人ですが、2人や3人いるとかなりかかるよなって思います。

そんな時に気になるのが、

ディズニーランドに食べ物は持ち込み禁止なのか?

ということだと思います。

「お弁当はまだしも、ちょっとつまめるお菓子やおにぎりを持って行っても良いのかな?」

とか、

「水分補給にペットボトルくらい持って行っちゃダメなのかな?」

などなど。

金銭的な問題もそうですが、子供に偏食やアレルギーがあったら、食べられる物も限られてきますよね。

そこで食べ物や飲み物の持ち込み、
さらにそのほかに持ち込み禁止されているものについて、ご紹介していきます!

スポンサードリンク





食べ物の持ち込みは禁止なの?

まずは、とても気になる食べ物の持ち込みについてです。

食べ物の持ち込みは基本的に禁止となっています。

その理由としては

ディズニーランドは夢と魔法の世界というような世界感を重視しており、
お弁当などの食べ物の持ち込みによって、そのイメージが崩されてしまうから

だとされています。

ただし、下記の2つのケースの場合はokです。

1.離乳食
2.アレルギーがある人が持ち込むお弁当

離乳食について

ディズニーランドのベビーセンターには、離乳食が売っています。
でも、さすがにそこで買ったものを食べて下さいとは言わないようです。

 

赤ちゃんも好みの離乳食がありますからね。家から持って行った方が安心ですよね。

 

但し、レストランで食べることが条件です。
そして、同行者はレストランで注文をすることも条件になっています。

 

お子さんが、持参した離乳食を食べるのはOKですが、
その辺のベンチで食べるのではなく、レストランで一緒に食べて下さいねってことですね。

アレルギーがある人はお弁当の持ち込みOK!

アレルギー持ちの人は、お弁当の持ち込み可能になっています。

アレルギーも様々な種類がありますからね。

 

ディズニーランドでも低アレルギーのレストランメニューはありますが、
全種類のアレルギーに対応するのは不可能なのです。
(※これらについては、後ほど詳しく説明します。)

 

また、公式サイトには持ち込み可の食べ物について
離乳食とアレルギー以外は、書かれていませんでした。

 

しかしディズニーランドの持ち込み事情には、ちょっとグレーな部分があります。

 

私の話になりますが、私には少し年の離れた弟がおり、
その弟が3~4歳の頃に家族でディズニーランドに行ったことがあります。

 

当時弟は、ある市販のクッキーが大好きで、
それを食べさせておけば多少ぐずっても黙るという感じでした。

 

親は当然カバンにそのクッキーを忍ばせていました。
そして、ぐずった弟にその辺のベンチでクッキーを与えていました。

 

私は「怒られるんじゃないの・・」と冷や冷やしていましたが、
キャストさんが通りすぎても何も言われませんでした。

 

おそらく、この程度については見てみぬふりをしてくれるのだと思います。

ちなみに弟以外にも、お菓子をさっと食べさせている親子連れを見たことがあります。

 

しかし、おにぎりやサンドイッチをさっと食べている人は今のところ見たことがありません。

個人的に、サンドイッチはなんとなく溶け込む気もしますが、おにぎりは浮きそうな気がするので
注意される可能性が高そうです。

なので、もし持ちこんで注意されても、責任は負えないのでご了承下さい。

アレルギー持ちの人は持ち込みOKだが、食べる場所は制限あり!


「私、食物アレルギーがあるんです」

とか

「子供が食べ物にアレルギーがあって…」

 

という人は、ディズニーランドではなくても、
レストランで食事をすることやテイクアウトの食べ物の購入に抵抗がありますよね。

 

対象の食べ物が入っていなそうだけれど、実は入っていたなんてこともありますし…

もし食事が原因でアレルギー反応が出てしまったら、ディズニーランドを楽しむどころではなくなりますもんね。

 

なので、アレルギー持ちの人は、持参のお弁当を持ち込むことが可能となっています。

但し、下記条件があります。

 

  • レストラン内で食べること
  • 同伴の人はレストラン内の食事を注文すること

 

お弁当を持参しても、その辺で座って食べたりはしないでねと言うことですね。

アレルギーがある人のお弁当の持ち込みについては、
下記公式サイトにも詳細が書いてありますので、確認してみて下さい。
↓↓
https://faq.tokyodisneyresort.jp/tdr/faq_detail.html?id=11480&category=1333&page=1

周りからの目線が気になる場合

離乳食の持ち込みや、アレルギーがある場合はお弁当の持ち込みがOKということが分かりました。

でも、あまり食べ物を持ち込んでいる人を見たことが無いから、周囲の目が気になるという人もいますよね。

 

離乳食であれば、ベビーセンターで買って食べることができます。

また、アレルギー持ちの人であれば、レストランで提供されている低アレルギーメニューを注文することも可能です。

 

いくつかのレストランで提供されているのですが、使っている食材の詳細はこちらに書いてあります。
↓↓
https://fsp.tokyodisneyresort.jp/p/info

 

また他にも、パーク外にはなりますが、入り口のすぐ近くにピクニックエリアがあるので、そちらでお弁当を食べることもできます。

【場所】
メインエントランス左側(地図左下の☆マークのところです!)

ここでは何を食べても大丈夫です。
持参してきた手作りのお弁当だったり、コンビニで買ったお惣菜でもOKですし、
小腹がすいたからとお菓子を食べることもokです。

 

パークに入る前にピクニックエリアでお弁当を食べて行っても良いですし、
途中でお弁当をを食べる為にパークを出て、ピクニックエリアに行っても大丈夫です。

 

ただし、利用する場合は、必ず再入場できるスタンプを手に押してもらいましょう!
これが無いと、再度パーク内に入ることができなくなってしまうためです。

ディズニーランドで販売されている食べ物は美味しいので、それ自体を楽しむのもアリです。

しかし、どうしてもお金をかけたくないという方はピクニックランドなどで食事を済ませ、
浮いたお金をお土産などに使うのもアリですね。

そのほかに持ち込み禁止のものは?

食べ物では「離乳食」や「アレルギーの人のお弁当」以外は、基本的に持ち込み禁止なのがわかりました。

では、食べ物以外で持ち込み禁止なものってあるのかな?と思った方へ。

ディズニーランドの公式HPがうたっている持ち込み禁止なものはこれです!

 

  • 酒類
  • お弁当(ピクニックエリアを利用して下さい)
  • 飲み物(ビン・カン)
  • ハードケースやカート類
  • 三脚

 

ディズニーランドにお酒類は持ち込みも禁止ですし、販売自体もしていないです。
余談ですが、ディズニーシーではお酒が販売されています。(持ち込みはNGです)

 

飲み物はビン・カンが禁止ですが、ペットボトルはokなようです。
何故ビン・カンが禁止かというと、危ないからという理由です。

 

ハードケースやカート類も危ないという安全上の問題から、持ち込み禁止となっています。

確かに、硬いハードケースが人に当たったり、カートの足が誰かにぶつかったら危ないですからね。

 

また、三脚は禁止ですが、自撮り棒はグレーみたいです。
というのも、実際に持ち込みはできたが、

「棒を伸ばすなどの邪魔になる行為はしないで下さい」

という条件付きで認めているというのが現状のようです。

 

確かに人混みの中で棒を伸ばすのは非常に危険で邪魔になりますので
これらはしっかりと守ってディズニーランドを楽しむようにしましょう。

スポンサードリンク





まとめ

ディズニーランドで持ち込み禁止な「食べ物」「飲み物」が気になる気持ちは、
結婚して子供が生まれてから、よく分かります。

 

独身の時は、ちょっとくらいお金がかかっても構わないと思っていましたし、
アレルギーも偏食も全くないので、気にしていませんでした。

 

ただ、子供がいると何かとお金がかかりますし、
ちょっと小腹がすいたり喉が渇いたら大泣きもしますし。

ペットボトルはOKなので、お金を浮かせたいのであれば持っていくと良いでしょう。

 

また、おにぎりやサンドイッチはおそらく持っていきませんが、
お菓子は子供用に目立たないものを持っていくのもアリかなと思います。

 

ディズニーランドはせっかくの楽しい時間ですので、
禁止行為をしてトラブルなどにならないようにご紹介したことをしっかりと守って楽しみましょう!

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る