登坂淳一アナ 女性問題の文春の内容はセクハラ!嫁が激怒して離婚していた

1月11日にNHKを退社し、
フジテレビの「プライムニュース」MCに抜擢されていた
登坂淳一アナウンサーが出演辞退したと発表されました。

その理由は、
週刊文春で報じられたセクハラの女性問題です。

一体どのような内容だったのでしょうか?

また嫁とは現在離婚していますが、
女性問題が関係していたのかなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク





週刊文春が報じた女性問題の内容

週刊文春が報じた登坂淳一アナの女性問題を
以下にまとめてみました。

  • 問題を起こしたのは2011年6月
  • 飲み会で訪れた二次会のカラオケ店で女性キャスター二人の脚を触る
  • トイレに行く20代の女性アナウンサーの後を追い、
    体を触るなどのセクハラ行為に及んだ
  • これがNHKに伝えられ、登坂淳一アナウンサーは大阪に異動
  • その大阪でも女性問題が発覚し、鹿児島へ異動

などという内容となっています。

そして、この報道が引き金となり、
2017年4月スタートの「プライムニュース」のMCを辞退しました。

ただ、出演辞退した際のニュースの中で

報道内容については、身に覚えがないことも多く、困惑するような内容

とコメントしており、報道内容の一部は否定している形となっています。

登坂淳一アナの経歴

登坂淳一アナの経歴を調べると、

  • 1997年:NHK和歌山放送局へ入局
  • 2004年:大阪放送局を経て、東京放送局へ
  • 2010年:札幌放送局
  • 2014年:大阪放送局〜鹿児島放送局
  • 2018年1月:NHK退職、フリーアナウンサーに

女性問題を起こしたのは2011年6月。

その頃は大阪や鹿児島に異動しており、
東京に戻ってくることはありませんでした。

あの「NHKニュース」に8年目で抜擢されるなど
順調な道のりを進んでおり、

「麿」の愛称として視聴者に知られるなど
知名度も抜群。

それなのに、なぜこのような経歴を歩んでいたかというと、
裏で女性問題を起こしていたためというのが
今回明らかになったのです。

嫁と離婚していた

登坂淳一アナの嫁は永谷幸代さんという方で
局で同期という関係でした。

2001年に結婚していますが、
2017年春に離婚しています。

この流れを見ると、登坂淳一アナの女性問題が原因と思われますが、
永谷幸代さんが元NHK局員で東京都葛飾区議員の
立花孝志議員と浮気していたためという説もあるため、

真相はよくわかっていません。

フジテレビはショーンKの二の舞か

今回の出演辞退はショーンK氏の経歴詐称疑惑と被ります。

その際はフジテレビの身辺調査に不備があったなどと批判が集まりましたが、
今回の登坂淳一アナの件も抜擢されてから起こしたのではなく、
今から6年ほど前に起こした女性問題です。

前回の反省を生かし、しっかりと身辺調査をしていれば、
未然に防げた事態でしょう。

ちなみにMCとして出演予定だった「プライムニュース」は
平日16:50~19:00で4月2日から放送されます。

ただ、ショーンK氏が出演予定だった「ユアタイム」は
結局別のMCを抜擢して放送されたものの
約1年半で終了する結果になっているため、

今後どうなるのかに注目が集まっています。

スポンサードリンク





まとめ

登坂淳一アナの女性問題を報じた週刊文春の内容は
セクハラでした。

ニュースを扱うアナウンサーがこうした行為をしていたのは
とてもイメージが悪く、フジテレビはしっかりと身辺調査をするべきだったでしょう。

結局、ショーンK氏の二の舞となってしまったわけですが、
フジテレビはなぜ、自局のアナウンサーを抜擢しないのでしょうか?

教育が追いついていないのか、原因は不明ですが
経験を積ませるためにも番組に積極的に起用した方が
長期的に見たら良いのではないかと感じました。

登坂淳一アナはすでにNHKを退職していますが、
ホリプロに所属しています。

今回の仕事を辞退したことで
今後どのように活動していくのでしょうか…

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る