足の臭い原因や対策!(男性編)洗っても取れないのは病気のサインかも?

男性の皆さんにとって、体臭のケアはとても重要ですよね。
特にお悩みの方が多いのが足の臭い!

お座敷に上がるときや彼女のおうちに遊びに行くとき、
靴を脱いでから「しまった!!」と思うことも…

毎日お風呂に入っているのに、
足用のデオドラント剤を使って対策をしているのに足が臭い!

もしかしたら、洗っても取れない足の臭いは病気のサインかもしれません。

足が臭い原因やその対策は?
今回はそんな足の臭いについて調べてみました!




そもそも、足が臭い原因って何?

脇や足など、臭いが気になる部分は汗をかく部分のことが多いですよね。
汗と臭いには密接した関係がありそうですが、足の臭いの場合もそうなのでしょうか?

まずは汗と臭いの関係からみてみましょう。

≪エクリン腺とアポクリン腺≫

私たちの体には、汗が出る部分である汗腺がたくさんあります。
汗腺にはエクリン腺アポクリン腺という2種類があり、
それぞれが違った特徴を持っています。

 

エクリン腺は全身のほとんどに分布している汗腺で、
体温調節の為に汗を出すという役割があります。

エクリン腺から出る汗は無色透明で、臭いはほとんどしません。

 

一方、アポクリン腺は脇などに分布しており、
アポクリン腺からでる汗はタンパク質や脂質などが含まれているので、
白く濁っていて臭いがあります。

この汗はフェロモンの役割をしていたものなので臭いがあるのです。

≪足の汗腺は?≫

足の裏にはエクリン腺が集中しています。

なので、足の裏はとても汗をかきやすい部分なのですが、
エクリン腺から出る汗は臭いの無い汗です。

ではなぜ足は臭くなってしまうのでしょうか?

≪足の雑菌の繁殖が原因≫

先ほどエクリン腺から出る汗は無臭だと申しましたが、
この汗の中で雑菌が繁殖してしまうと臭いの原因になってしまいます。

雑菌は皮脂や皮ふ、爪の間の汚れをエサにして繁殖します。

雑菌は湿気の多い環境を好むので、
汗をかきやすい足は絶好の繁殖スポットになります。

この雑菌たちが出す排せつ物が臭いの原因なのです。

≪汗をかきやすく、蒸れやすい足の環境≫

エクリン腺が集中していて汗をかきやすい足の裏なのに、
日中は靴を履いて過ごさなければなりません。

なので靴を長時間履くことで
通気性の悪い環境になってしまい、

それが臭いの原因になっています。

臭いの原因は病気のサインかも?

爪や足の間の皮ふの色が変色していないかチェックしてみたり、
皮膚科の先生に相談してみましょう!

≪多汗症≫

多汗症とは過剰な汗をかいてしまう病気のことですが、
足の裏に過剰な汗をかく多汗症のことを
足蹠多汗症(そくしょたかんしょう)と言います。

 

多汗症は自律神経の乱れにより発症しやすい病気です。

 

自律神経は生活習慣精神的な影響をとても受けやすいため、
規則正しい生活を心がけたりストレスをうまく解消していくことで改善につながります。

毎日お風呂で洗っているのに、なかなか足の臭いが取れない場合、
もしかしたら病気のサインかもしれません。

≪水虫を発症してしまっている≫

足の臭いと水虫を併発することが多いので、
なかなか取れない足の臭いは水虫が原因になってしまっている可能性があります。

 

足の臭いの原因になる雑菌は足の常在菌なのですが、
水虫の原因は白癬菌という種類の菌です。

白癬菌は通常足に住んでいないので、
スリッパやお風呂など、どこかからもらってきて足に移り住んでしまいます。

 

また、白癬菌はカビの一種で、湿気の多い足の環境の中で増殖し、
かゆみやひび割れ等の水虫の症状が出てきてしまいます。

≪内臓疾患や糖尿病≫

内臓疾患や糖尿病などの病気がある場合、
身体の免疫力が低下しているため雑菌が増えやすくなっています。

 

内臓疾患があると口臭や体臭がキツくなることがあるので、
足の臭い以外にも体臭でお悩みの方は
一度病院の先生に相談してみると安心です。

主に男性の方が足が臭い理由

実は男性の方が発汗が良い方が多く、
男性ホルモンなどの働きにより体臭が強い傾向にあります。

 

しかしその他にも男性の方が足が臭くなってしまう要因があります。

 

男性は女性に比べて、足がすっぽりと覆われた靴を履くことが多いですよね。

特に男性の場合、仕事の日は1日中革靴を履く方が多くいらっしゃいます。
夏場の暑い日や雨の日にも、ビジネスマンは革靴を履かなくてはいけません。

 

革靴は通気性が悪いのでとても蒸れやすく、
足に雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

その結果、足が臭くなる原因となってしまうのです。

 

また、サイズが合っていない靴を履くことも臭いの原因になってしまいます。

 

特に小さすぎる靴を長時間履くと、痛みのストレスで足の発汗が良くなってしまい、
さらに足が蒸れやすくなってしまいます。
靴を選ぶときは試着をして、サイズの合った靴を選びましょう!

 

さらに、ストレスは自律神経の乱れの原因となり、発汗を促してしまいます。
ノルマや残業と戦ったり、気を遣う飲み会が多い男性は
知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまっている方が多いでしょう。

 

よって、ストレスの環境下にいることが多い男性の方が、
足の臭いに悩む方が多いのです。

彼女が彼氏の足の臭いに悩んでいる?男性諸君、今すぐ対策を!

いくら付き合いが長い彼女だとしても、
女性の方からは「足臭いからなんとかして!」なんて言いにくいものです。

もしかしたら皆さんの彼女や奥様も、
なかなか言い出せなくて困っているかもしれません。

 

さりげなく靴下やデオドラントアイテムをプレゼントされたことのある方は…
彼女からの無言の圧力かもしれませんよ!!!

ニオイ問題はとってもデリケートなことなので、
お互いに気持ちよく過ごすために改善していきたいものです。

今すぐできる足の臭い対策をまとめてみます!

①同じ靴を毎日履き続けない

同じ靴を履き続けると靴の湿気が取れないままになってしまいますので、
雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

仕事用の革靴も休日用ののスニーカーも、毎日ローテーションをして履きましょう!
ローテーションして履いた方が靴の傷みも防ぐことができます。

②1日履いた靴はしっかり湿気を取ってから靴箱へ

脱いだ靴をそのまますぐに靴箱へ入れているあなた!

靴用の湿気取りを中に入れたり少し外に出しておくなど、
しっかりその日の湿気を取ってからしまうようにしましょう。

 

ついでにブラッシングをして汚れを取るとより素敵な男性になれますよ!

③1日1回、靴下を履き替える

替えの靴下をカバンに入れておいて午後に1回履き替えておくと、
靴の中の清潔さを保てるので臭いを防ぐことができます。

雨の日は特に濡れた靴下をそのまま履き続けないようにしましょう!

 

急に飲み会でお座敷に上がらなきゃいけなくなった時や、
仕事終わりに彼女のおうちに遊びに行くことが決まったときなどに替えの靴下を持っておけば、
その前にサッと履き替えられるのでおすすめです。

④5本指ソックスや消臭効果のある靴下を履く

指と指が触れ合わず汗を吸いやすい5本指ソックスは足の臭い防止に効果があります。

 

ちょっと見られるのが恥ずかしいなあという方は、
せめて消臭効果のある靴下を履きましょう。

⑤お医者さんに相談してみる

運動をしていないのに靴下がぐっしょり濡れるほど汗をかいたり、
対策をしても足の臭いが改善されない場合、何かの病気が隠れているかもしれません。

汗に関しては、発汗異常外来のある皮膚科の先生に相談するのがおすすめです。
臭いの元を根本から改善していくことが重要です。



まとめ

いかがでしたか?

なかなか自分では気付きにくい足の臭いですが、
悩んでいる男性がとても多い問題です。

 

足の臭いは汗で靴の中が蒸れることで雑菌が増えてしまうことが原因のことが多く、
特に革靴を履き続ける機会が多い男性は足が蒸れやすいので対策が必要です。

 

対策としては靴をローテーションで履いたり靴下を履き替えるなどが効果的です。
洗っても臭いが強い、対策をしても改善されない場合は病気のサインかもしれませんので、
お医者さんに相談をしてみると安心できますよ!

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る