住吉都 死去の死因が特定?小平奈緒と大学同期のスピードスケート選手がなぜ?

スピードスケート女子短距離の住吉都(すみよしみやこ)選手が
20日に亡くなっていたことが判明しました。

年齢はまだ30歳と非常に若く、
長野市内の自室で亡くなっていたと報じられているだけで
詳しい死因については判明していません。

一体彼女に何があったのでしょうか?

スポンサードリンク





住吉都の画像と経歴

【画像】


【経歴】

  • 2012年1月 ワールドカップ ソルトレイクシティ大会 500m 6位
  • 2012年3月 世界距離別選手権 500m 12位
  • 2012年12月 ワールドカップ 長野大会 500m 6位
  • 2013年1月 世界スプリント選手権 500m 6位
  • 2013年2月 ワールドカップ エルフルト大会 500m 5位
  • 2013年3月 世界距離別選手権 500m 15位

などという経歴となっています。

今までメダルを獲得したことはありませんが、
2014年のソチ五輪にも選出されたのですが

500mで14位
1000mで22位

とメダルに大きく届かず、結果が残せませんでした。

現在30歳の住吉都選手ですが、
今年2月9日から開幕する平昌五輪の選手に選出されておらず、
次のオリンピックでの年齢は34歳だということを考えると、

相当追い込まれていたことが伺えます。

また、同じスピードスケートの小平奈緒選手とは
信州大学時代の同級生という間柄であることもわかっています。

スポンサードリンク





死因に様々な噂も…

23日現在、どのニュースを見ても
死因について書いてある媒体はありません。
(ネットでも確定情報は出回っていません)

ただ、ネットの書き込みを見ると、

「自ら命を絶ったのではないか」

という情報が多く見られ、現在有力視されており、
私自身もこの可能性が高いと感じます。

実は、住吉都選手は先月行われた平昌五輪の代表選考会に参加していることから、
病気などは考えづらいためです。

また、関係者のものと思われる以下のツイートの内容を見ると、
先月代表から落選し、相当ショックを受けていたことが伺えます。

住吉都は明るい性格だった?

住吉都選手はどのような人物だったのか、
気になったので、YouTubeで検索してみると、

以下の動画に登場していました。
(3分23秒あたりから)

最後に笑顔で大きく手を振る姿は
元気で明るそうな性格だったことが伝わってきますよね。

ただ、30歳で代表に入れず、
プロスポーツという厳しい勝負の世界で敗れた心境というのは
私たち一般人には理解できない感情でもあります。

仮に自ら命を絶ったのだとしても、
彼女が弱い人間だと責めることは私にはできません。

旦那や子供はいる?

さらに気になるのは旦那や子供など
家族がいるのかについてだと思います。

こちらについては現在結婚していないため、
旦那と子供は存在しません。

彼氏の存在はあったのかもしれませんが、
プライベートな部分なので公にされることはないでしょう。

まとめ

日本を代表する選手の一人である
住吉都選手の訃報は衝撃的ですが、

通夜、葬儀は遺族の希望により非公表で行われるようです。

まだご家族も突然のことで気持ちの整理がつかない状況でしょう。

 

死因は特定されていませんが、
無理やり特定することが果たして良いのか疑問を感じてしまいます。

2月9日から平昌五輪が開幕しますが、
住吉都選手の分まで選手たちは頑張って欲しいです。

また、小平奈緒選手は代表に選出されているため、
これから注目して見ていきたいと感じました。


ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る