ディズニーランドで所持金はいくらかかる?お金はいくら使うのかを考えて良い思い出に!

デートスポットや家族での旅行先で大人気の「東京ディズニーランド」!!
夢の国ですが、現実問題としてお金はいくら位使うのかを考えていく必要があります。

なんとなくという気持ちでいくらかかるか見当をつけずに行ってしまい、
所持金が全く足りなかったなんてことになる人もいます。

ランド内にATMはありますが、心の準備をして行くのとそうでないのとでは、
心の持ちようも違います。

事前に調べてから、余裕のある気持ちでディズニーランドに行き、
良い思い出を作りましょう!

スポンサードリンク





飲食代はいくらかかる?

ディズニーランドでは、パーク内への飲食の持ち込みが禁止となっています。
その為、飲食の際にはディズニーランド内の下記のいずれかを利用することになります。

  • レストラン
  • 移動ワゴン・カウンター
  • リフレッシュメントコーナー

また、下記にそれぞれの参考価格を記載します。
(あくまで参考価格なので、多少のずれはご了承ください。)

  • レストラン…1,000円~5,000円
     ※和洋中とバラエティーに富んでいます。
  • 移動ワゴン、カウンター…300円~1,000円
     ※ジュース、アイスクリーム、ピザ、サンドイッチ、ポテト等が買えます。
  • リフレッシュメントコーナー…200円~1,000円
     ※ジュース、サラダ、ポテト、ホットドッグ等が買えます。

朝、昼、晩と3食利用すると考えます。
(全てアイスとジュースだけで済ませるという選択肢は除きます)

レストランを利用し飲み物も移動ワゴンで購入すると考えると、
1人4,000~5,000円が必要です。

テイクアウトでホットドッグやサンドイッチで済ませて、
飲み物も購入したと考えると、1人2,000円~4,000円が必要です。

このようにディズニーランド内で済ませると最低でも1人2,000円が必要です。

 

ただ、スタンプを押してもらい再入場できる状態にし、
ディズニーランドの外に出るという選択肢もあります。

 

家族連れで飲食代を抑えたい場合は、この選択をし、
ディズニーランドホテル内の「ルッキング・グラス」というコンビニで買い物をし、
ディズニーランドのエントランス近くのピクニックエリアで食事というのもオススメです。

普通のコンビニよりは少しお高めですが、1食500円もあれば食事ができます。

お土産代はいくらかかる?

東京ディズニーランドのお土産ですが、お菓子やTシャツからガラス細工など、
値段も数百円から数十万円までピンからキリまで揃っています。

また種類も豊富で季節やイベント毎に様々なものが揃っています。

早速人気商品の値段から見てみましょう。

  • チョコレートクランチ…1,000円
    ※ディズニーランドで人気No.1のお土産で、不動の1位とのことです。
    合計20個入りが1,000円で、54個入りが2,300円ですが、1,000円の購入率が一番多いようです。
    確かに、私もディズニーランドに行くと必ず購入するお土産です。
  • クッキー…1,000円
    ※小さいものだと300円くらいで、大きいものだと5,000円くらいですが、
      クッキーはこの価格帯の購入率が多いようです。
  • Tシャツ…2,000円~3,000円
    ※サイズ等により価格が異なりますが、だいたいこの価格帯の購入率が多いようです。
  • ヘアアクセサリー…1,000円~2,000円
     ※シュシュやカチューシャなどのヘアアクセサリーは、この価格帯のものが多いです。

これらの商品をカテゴリーで1つずつ購入すると、5,000円くらいですね。
友人や職番に多めにお菓子を購入すると、10,000円くらいになるのではないでしょうか。

所持金はどれくらい持っていた方が良い?

ディズニーランドで遊ぶ為にかかるお金についてですが、
下記が一般的ではないでしょうか。

  • パスポート料金
     ※これは、入場する為に必ず必要です。
  • 飲食代
     ※持ち込みが一切禁止なので、全く購入しないというのは不可能ですね。
  • お土産代
     ※節約の為に購入しない手もありですが、友人や彼氏・彼女と一緒に行って、
      何も買わないと気まずかったりします(笑)

割引などを考えないと、
1dayパスポート7,400円(大人)+飲食代3,000円(レストランと移動ワゴンを利用)
+お土産代7,000円(自分用と友人にも購入)=17,400円

ということで、2万円くらいは所持していた方が良いですね。

 

1dayパスポートを首都圏割引や、県民の日割引で購入すると、
少し割引が効いたり、飲食代・お土産代を節約すれば1万円あれば楽しめるという声もきかれます。

節約は考えずに、でも散財はせずに1日ディズニーランドを楽しみたい場合は、
3万円を所持していれば十分遊べると思います。

ディズニーシーとどっちが安い?

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーと、どちらに行こうかと考えた時に、
迷うことも多いと思います。

内容としては、ディズニーランドは子供・家族向けに対し、
ディズニーシーは大人向けと言われています。

 

ディズニーランドでは禁止のお酒が、ディズニーシーだと販売されてますしね。
カップルや学生だと、両方楽しめると思います。

ということで、カップルや学生の場合は、
特にどちらに行こうか迷うことも多いと思いますが、値段で考えてみましょう。

どちらもかかるお金は、

  • パスポート料金
  • 飲食代
  • お土産代

だと思います。

まず、パスポート料金です。
入場の為に必要なパスポートの料金は、共に同じ7,400円(大人)です。

次に飲食代です。
価格相場・平均としてはディズニーランド、ディズニーシー共に大幅な違いは見られませんでした。

  • レストラン…1,000円~5,000円
  • 移動ワゴン、カウンター…300円~1,000円

しかし、ディズニーシーの方が移動ワゴンなどに売られている食べ歩き用の食べ物が、
しっかりと食事代わりになるものが多い印象です。

餃子ドッグ(500円)やポークライスロール(500円)や各種ベーカリー(190円~)など、
ディズニーランドよりお腹に溜まるテイクアウトメニューが豊富な印象です。

 

私もランド・シーと両方行ったことがありますが、安上がりにしようと思っても、
ディズニーランドでは3食全てテイクアウトにすると、ひもじい思いをするなと思いました。

ただ、ディズニーシーでは3食全てテイクアウトでも満腹感があったので、
特にひもじい思いもしませんでした(笑)

ここで注意なのが、ディズニーシーはお酒が販売されているので、
お酒を飲む人にとってはディズニーランドよりドリンク代がかかるので
ディズニーシーの方が飲食代が高くつくかもしれません。

 

最後にお土産代です。
基本的にはディズニーランドもディズニーシーも相場は同じなのですが、
ディズニーシーのみで販売しているダッフィーのグッズは、高いです。

まず、カバンにつけるぬいぐるみバッジが2,000円。。
高いです!!

例えばクリスマス用のダッフィー用のお洋服セットなんかは、
人形本体がつかないにも関わらず5,000円近くします!!

ということで、
お酒を飲み、ダッフィーグッズに興味のある人にとっては
ディズニーランドの方が安上がりかもしれません。

お酒を飲まず、ダッフィーグッズにも興味が無い人にとっては、
ディズニーシーの方が安上がりかもしれませんというのが結論です。

デートの場合は相手のお財布事情の確認を忘れずに!

「ディズニーランドにデートに行ったカップルは別れる」という噂を耳にしたことは無いでしょうか?

待ち時間が多いとか、体力を消耗しイライラしやすくなるとか、
様々な理由があげられていますが、その中でも『出費が多い』とか『金銭感覚の違い』などの、
お金の問題も上位を占めるようです。

普段の街中デートでは数千円あれば足りるものですが、
ディズニーランド・ディズニーシーに行くと1人1~2万円は必要になります。
もしこれを2人分払うとすると2~4万円が必要になります。

いつも食事代を奢ってくれる彼氏の立場を考えても、
この金額を支払うのは正直きついと思います。

 

相手が学生や新社会人であれば、奢ってくれると言っても
「入場料金は自分の分は払うね」などの気遣いは必要です。

※誕生日なので連れてきてくれている場合などは、
あらかじめ用意してくれている可能性もあるので、
その場合は甘えても良いかもしれません。

 

また、ついつい可愛いお土産が売っていて、あれもこれも買う!!と
数万単位でお土産にお金を使っている姿などは、あまり見せない方が良いかもしれません。
特に付き合って日が浅い場合は
『この子、金銭感覚が違うのかもしれない』とひかれる可能性も多いにあります。

 

このように女性も金額に関しては気を遣っているので
男性諸君も全て支払う必要はありません。

ただ、割り勘と言っても、細かく配分するのではなく、
多少多めに払うなどの配慮はしてあげましょう!!

スポンサードリンク





まとめ

ディズニーランド、又はディズニーシーでお金はいくらかかるか?
そして、自分の場合はいくら位使うかな?とイメージはついたでしょうか?

年に1回家族旅行で訪れるという人や、彼女がどうしても来たいと言うから、
記念日に遠方からわざわざやってきたという人など、様々な背景があると思います。

こうした理由があっても、予想とは違い所持金も足りなくなってくると、楽しみも半減するものです。
そうならない為にも、事前準備・調査をきちんとして、

夢の国で過ごす非日常的な空間をたっぷり満喫しましょう!

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る