貧乏ゆすりをする人の心理は男性と女性で違う!うっとうしい、ウザいと思わない方法は?

電車、オフィス、飲食店…様々な場所で見かける「貧乏ゆすり」。
足がガタガタと揺れている様子を見て、不快に感じる人は少なくないと思います。

そこで、イメージしてみてください。
貧乏ゆすりをしている人の性別は男性と女性どちらでしょうか?

 

男性をイメージした人が多いのではないかと思います。
実は、貧乏ゆすりに対する心理は男性と女性では大きな違いがあるのです!この記事ではそのことについて説明していきたいと思います。

 

ではまず、なぜ「貧乏ゆすり」という現象が起こるのか、というのを知っていただき、
貧乏ゆすりに対するイメージを払拭できればと思います!




なぜ人は貧乏ゆすりをするのか

貧乏ゆすりをしてしまう原因は、実はまだはっきりとは解明されていません。
ですが、いくつか考えられている原因があるので紹介していきます。

鬱状態からの回避

鬱状態になると減るセトロニンという神経伝達物質。
貧乏ゆすりによる一定のリズムを刻むことで、「セトロニン」の低下を防ぐことができると考えられています。

 

また、身体の一部を揺らし続けることで意識をそこに集中し、
心が不安定な状態を緩和しているとも言えるでしょう。

脊髄反射による現象

脳が何かに集中した時に、普段は大脳がコントロールしている足の動きを止める
という働きを抑制することで貧乏ゆすりが起きると言われています。

悪い癖だと言われている貧乏ゆすりですが、
実は集中力が高まっている証拠だと考えれば悪いものではないのかも知れません。

 

以上のことが貧乏ゆすりの主な原因だと考えられています。
貧乏ゆすりによって体にいい影響を与えることもあるんですね!

では、貧乏ゆすりについて男性と女性の違いはあるのでしょうか?

貧乏ゆすりをする男性の原因とは

貧乏ゆすりといえば、男性のイメージが強いのではないでしょうか?
男性の貧乏ゆすりは電車や飲食店など、様々な場面で見かけることが多いと思います。

なぜ男性は貧乏ゆすりをするのか、その要因は大昔の狩りの習慣に関係があるそうです。
「いつ襲われるかわからない」といった生活の中で、
すぐに戦えるようにするための準備運動と言われています。

そういった昔の名残が現在でも表れているんですね。

 

さらに、テストステロン値という男性ホルモンの分泌が多いことで怒りっぽくなっており、
ストレス発散のために貧乏ゆすりをしてしまっていると考えられています。

男性が貧乏ゆすりをするのは、本能的なことが多いようです。
それに対して女性はどうでしょう?

貧乏ゆすりをする女性の原因とは

男性と比べて、女性は貧乏ゆすりをあまりしないと思われがちだと思います。
ですが、実際には女性も貧乏ゆすりをするのです。

 

女性は美意識が高いことから周りから見られているという意識が働きます。
座っている時の姿勢、足を閉じているかどうかなど、
気をつけなければならないことが男性と比べて多いのです。

 

さらに周りから指摘されることもあり、
貧乏ゆすりを「意識的に抑制する」という方もいれば、
もともと貧乏ゆすりはしない方もいます。

 

こうして比べてみると、貧乏ゆすりをする原因自体も男性の方が多いように感じます。
原因が多いから、貧乏ゆすりをする人も男性が多いのでしょうか?

つまり、以下の理由から男性の方が貧乏ゆすりをする人が多い!

一番の理由は仕事上のストレスだと考えられています。
それは女性にも当てはまることですが、

上記でも説明した通り、以下の原因で男性の貧乏ゆすりの割合が多いのです!

女性は男性より「テストステロン値(男性ホルモン)」の分泌が少ない

この男性ホルモンの分泌が少ないため、
女性はあまり貧乏ゆすりをしないとされています。

女性の方が高い「美意識」

男性は、女性ほど「周りからの目」を気にしません。
さらに足を閉じたりする場面も滅多にないので、普段の生活ではあまり足に気を配らないのです。

そうすると貧乏ゆすりをしていても気づかないことが多く、
先に周りの人が気になってしまうのでしょう。

 

男性は、男性ホルモンによって怒りっぽくなっているとストレスを感じやすくなり、
そのストレスを軽減させようと反射的に貧乏ゆすりをしてしまっているのかも知れません。
さらに「周りからの目」を気にしない人が多いため女性より貧乏ゆすりをする人が多いと言われています。

貧乏ゆすりをなんとかやめさせたい…その方法は?

目の前でガタガタと貧乏ゆすりをされて
こっちまでイライラしてしまう…なんて経験はありませんか?

注意してもやめてもらえない…
相手が仕事の上司などの目上の人で注意すらできない…
そんな時、うまく改善してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

貧乏ゆすりはストレスが原因となっている場合が多いです。
本人に自覚がなくても、精神的に何かしらの負担がかかっているんですね。

 

そんな時にただ「やめて」と言っても、
相手はストレスのやり場に困ってしまうだけでなんの解決にもなりません。

 

相手のストレスを軽減させてあげることが重要になります。

  • 「何か困っていることはない?」
  • 「何か飲み物いらない?」
  • 「必要な物があればいつでも言ってね。」

などなど…貧乏ゆすりに対する気持ちを少しだけこらえて、相手を気遣ってあげてみてください。

 

その後に「貧乏ゆすりをしていたので、何かストレスを感じているのかなと思って。」などと
貧乏ゆすりについて指摘すると、相手も悪い気はしないのではないでしょうか。
嫌な空気になることもなさそうですね。

スポンサードリンク





貧乏ゆすりは身体に良いものだと思い込んで理解する心を持つ

ただ、貧乏ゆすりは身体にいいものだという見解もあります。

エコノミー症候群という言葉を耳にしたことはありませんか?
長時間同じ態勢でいると、身体の血流が悪くなってしまうことを指します。

 

そうなる前に貧乏ゆすりをすると、
ふくらはぎの運動によって足腰に溜まりやすい血液が心臓に送り返され、

症状を予防できるそうです。

 

他にも冷えの改善だったり、鬱状態からの回避効果だったり、

医学的にはあまり悪いものではないとされているようなので、
そう心に言い聞かせてみるのも一つの手かも知れませんね!

ネットではウザいなどの意見が多く見られている

貧乏ゆすりについてネットで検索すると職場でのやめてほしい行動に入っていたり、
嫌われる癖に入っていたり…

やはり不快に感じている人は多いようです。
貧乏ゆすりについての知識がなければ、ただの迷惑行動なのかも知れません。

 

なので、まずは相手がなぜ貧乏ゆすりをしてしまうのか、
理解する姿勢を大事にしてみてください。

また、貧乏ゆすりでその人の印象を決めつけてしまう人もいると思いますが、
貧乏ゆすりをしてしまう理由がわかれば
「ウザい」「やめてほしい」「嫌い」などのマイナスな印象が少しは薄れていくのではないでしょうか。

先ほども記述しましたが、貧乏ゆすりは医学的にもいい効果が期待されている行動でもあります。
ただ嫌がられる行動としてではなく「いい効果がある」という情報がもっと広まればいいなと思います。

まとめ

いかがでしたか?
貧乏ゆすりはただの癖というわけではないんですね。
「ストレスからの回避」「集中状態による反射行動」など、様々な理由があって起こる現象でもあるのです。

また、男性は「本能的」に貧乏ゆすりをしてしまうことが多く、
女性は「意識的」に貧乏ゆすりを抑制しているなどの男女での違いもあります。

本能的にしてしまうので、男性の方が貧乏ゆすりをする人が多いのです。
仕事のストレスが身体に表れてしまうのも、男性ホルモンが関係しているとなると仕方ないことなのかも知れませんね。

 

とは言ったものの、実際には貧乏ゆすりは多くの人が嫌悪感を示しています。
ネット上では「やめてほしい」「不快」などの意見が多いため、
貧乏ゆすりをする人は肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。

ですが、貧乏ゆすりをすることによって医学的にいい効果があるということを知れば、
「ただの嫌われる行動」というイメージを拭い去ることができるのではないかと思います。

 

貧乏ゆすりはただの「癖」ということだけではなく、
「ストレス発散」「集中している」などの原因があると考えられている行動です。

周りに貧乏ゆすりをしている人がいたら一方的に嫌悪感を抱くのではなく、
少しだけ理解して歩み寄ってみると改善に繋がるかも知れません。
エステに勝るつるるん肌に。ケースベールリムーバー【医薬部外品】



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る