車の運転が怖い男の克服方法!パニック障害などの病気が突然発症している可能性もあった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

車の運転が怖いと感じる男。

しかし、それはただの怖いではなく、
不安障害に分類されるパニック障害などの病気の可能性があります。

今回は、実際に車の運転が怖いと思った男性の意見、
車の運転へ対する恐怖をどう克服するか?

また、急に運転ができなくなったときの対処法、
突然起きてしまうパニック障害によるパニック発作を起こさないようにするための方法も紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク





男でも車の運転が怖い人は意外と多い

筆者が実際に調べたところ、男性でも車の運転が怖いと思っている人は、
結構多く、どのような意見があったかを紹介していきます。

  • 車の運転によって事故を起こしたくない。
  • 免許を取得したものの、長い間、運転をしていないため心配である。
  • 一度、衝突事故を起こしたのが原因で、
    また同じことが起きてしまったらのことを考えると運転する気持ちにはなれない。

このように、事故へ対する恐怖や長年運転していないことで不安を感じるという理由で、
車の運転が怖いと思っている人が多かったです。

免許を持ってない男性の女性からの印象

ここでは、女性が免許を持っている男性に対してどのような印象を抱いているのか、
まとめた意見を紹介させて頂きます。

Q.車の免許を持っていない男性、どう思う?

■アリor気にしない派

  • 田舎ならともかく、都会では必要ないから。
  • 運転が出来るからと言って、男は調子に乗るから必要ない。
  • 相手を好きになる理由に車の免許は必要ない。

■ナシ派

  • 家庭が出来たときに、子供をレジャーに連れて行ってあげたいから。
  • 田舎に住んでいる場合、買い物で出かけたりする際に車がないと何も出来ないので必要になる。
  • 運転できた方がカッコいいし、頼りになる感じがする。

以上のようにアリ、ナシ共に半々と言ったところでした。

アリ派の人は、相手を好きになる気持ちがあれば必要ないという人や、
都会に住んでいるから車を持つ必要はないという意見でした。

対するナシ派の人は、田舎に住んでいるから車がないと不便だと感じる人や家庭が出来たときに、
子供をお出かけに連れて行きたいという意見でした。

中には車が運転出来ることでカッコいいと感じたり、頼りになるといった意見もありましたが、
全体を見ると、主に生活の面で必要だという意見が多かったです。

車の運転の克服方法

車を運転したいものの、
いざ運転しようとしても中々勇気が出ないものです。

そこで、ここでは車の運転の克服方法を筆者の体験談も踏まえてご紹介し、
あなたの運転に対する克服方法の参考になればと思います!

  • 車の整備をきちんとする
    車が万全じゃないと元も子もないので、必ず確認するようにしてください!

  • 初心者マークをつける
    初心者マークは免許取得から1年間は必ずつける必要がありますが、
    1年以上経過しても運転に不安があればつけていても問題ありません。
    ドライバーは初心者マークをつけている車に対し、
    意外と優しく対応してくれるケースが多いので、絶対に利用しましょう!

  • 時間に余裕を持つ
    時間に余裕を持つと、ゆとりのある運転ができ、
    運転にも大きく影響するためです!
    事前にルートなどしっかりと把握しておきましょう。

  • 交通ルールの確認をする
    長年運転をしないと交通ルールを忘れてしまっている方が多いです。
    ルールを忘れていると事故の危険性が高くなるので、絶対に復習しておきましょう!

  • 家族、友人などに頼る
    家族や友人で運転の練習に協力してくれる人がいれば、
    助手席に乗せて運転してみてください!
    教習所でも練習できますが、家族や友人の方がリラックスできて
    アドバイスが聞きやすい点からもオススメです。

  • 速度はしっかりと守る
    場所にもよりますが、制限速度を超えて運転している車が多いところもあるかと思います。
    しかし、早い速度での運転は慣れてない人にとってはとても危険なので、
    無理に合わせる必要はありません!
    上記でも説明した初心者マークをつけていれば
    ドライバーも煽ったりすることはないと思うので、速度はしっかりと守りましょう!

  • 地元や人気のない場所で練習をする
    筆者が行った方法になりますが、
    小さな田んぼ道で家族に同乗してもらい、練習しました!
    自分の知っている地元の道の方が運転しやすく、
    人気が少ない道は事故の可能性が低いので安心できるためです。

    以上が克服方法となります。また、運転に抵抗がある方で「駐車が苦手」という方が多いですが、
    こちらはYouTubeで「駐車 コツ」などと調べると、参考動画がたくさん出てくるので、
    乗る前に予習しておくのもアリです!

練習中に運転出来なくなったら運転代行サービスを頼もう!

練習中に何かしらの理由で運転出来なくなることがあるかと思います。
そう言ったとき、一人で悩まずに運転代行サービスを頼りましょう。

運転代行とは、自動車の運転が出来なくなった者の代わりに運転して、
自動車を目的地に送るサービスのことを言います。

料金は発生してしまいますが、もしものときに非常に便利なサービスだと思いますので、
運転出来ない最悪の状況になってもこのサービスがあることを知っていると安心できると思うので
ぜひ、覚えておいてください!

 

大半の方は運転の数をこなすことで克服できるのですが、
なかなか恐怖心がとれなかったり、突然運転出来なくなったという方は
次にご紹介するパニック障害の疑いがありますので、ご確認ください。

怖いのは実はパニック障害の可能性も

人によって、色々な理由で怖いと感じると思います。

しかし、それはただの”怖い”ではなく
”パニック障害”の可能性もあります。

自分がパニック障害だと知らずに運転を続けると、身の安全に大きな影響を与えるので
それに当てはまらないか、次で確認していきましょう。

パニック障害とは?

不安障害に分類される、一種の精神的な病気を意味します。
症状としては思いがけないときに突然、

  • 動悸
  • 息切れ
  • 発汗
  • めまい

などの強い不安によるパニック発作が生じます。

割合としては性別、年齢に関係なく
100人に1人の割合で発症と、誰でも発症する可能性があるのです!

症状はだいたい20〜30分ほどで収まるのですが、

再び発作が起きてしまうのではないかという恐怖感などによって
症状が繰り返される予期不安を発症したり、

大勢の人に発作を見られてしまうのは恥ずかしいことだと感じ、
人混みを避けるようになる広場恐怖というものがあります。
この

  • パニック発作
  • 予期不安
  • 広場恐怖

という3つの症状がパニック障害の代表的な症例です。

さらに、治療せずに放置しておくと最悪の場合、
うつ病に発展する恐れもありますので、

少しでも疑いを感じたらすぐに心療内科や精神科を受診してください!

パニック発作が起こる原因

パニック発作の原因は脳内伝達物質のホルモンの乱れとされていますが、
まだ具体的な原因ははっきりしていません。

ただ、疲れているときや緊張によって強いストレスを感じると
発作が起きやすいと言われております。

これは車の運転も該当しており、車の運転を怖いと感じてしまうことで、
緊張感も生まれてきてしまいます。

パニック発作を起こさないためには?

パニック障害の治療法として心と体をリラックスさせるというものがあるため、
ストレスがあまりかからない生活を意識しましょう。

筆者が一番良いと思った方法は、規則正しい生活習慣を送ることです。
というのも、パニック障害の人は病気の性質上、生活習慣を乱しやすいためです。

特に食事、運動、睡眠、この3つを改善するだけで
パニック発作の解決にも大きく繋がります。

筆者も健康な体を維持するために生活習慣には心がけており、

  • 食事は油物やインスタント食品を控える
  • 運動は食後に腹筋を行う
  • 睡眠時間は6時間以上の確保

をしております。

ただ、いきなり行おうとすると逆にストレスになってしまうので、
少しずつで良いので実践していきましょう。

ただ、疑いがある場合は心療内科や精神科を受診して、
担当医の指示に従って行動をとるようにしてください。

スポンサードリンク





まとめ

男でも車の運転が怖いと思っている人は多く、
主な理由が事故を起こしてしまうのではないかという恐怖心でした。

女性の中には都会住みであったり、
相手を好きになる気持ちがあれば男性でも免許は必要ないという意見が多かったですが、

田舎住みであったり、家庭を持った際に出かけたいなど、
生活の面で男性には免許が必要だという意見も多かったです。

加えて、どうしても車の運転が必要な方のために、
筆者の体験談も含めた運転の克服法を記載させて頂きました。

 

しかし、やむを得ない理由で運転が出来なくなることもあるかと思います。
そう言ったときは、運転代行サービスを利用することができます。

 

ただ、運転が怖いのは、不安障害の一種である、パニック障害の可能性もあります。

パニック障害は、思いがけないときに突然、動悸や息切れ、
強い不安を伴うパニック発作が生じる精神的な病気のことをいいます。

パニック発作は運転を意識しすぎて、
緊張してしまうことが原因で起きると言われております。

それを防止するためには、日頃の生活習慣に気を付けることで、
パニック発作の防止に繋がり、体の健康の維持にも繋がります。

車の運転が怖いと感じた人は、
余裕を持った行動と生活習慣の改善に心がけていきましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る