日本シリーズ2017のテレビ日程や中継時間は?優勝予想はソフトバンクが有利か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2017年プロ野球日本シリーズは圧倒的な戦力を誇るパリーグ王者ソフトバンクと
3位からの下克上を果たし、勢いのあるDeNAが対決することとなった。

そこで、日本シリーズを放送するテレビの中継時間の日程の紹介や
優勝はどちらのチームが果たすのかどのような予想が立てられているのかなどをご紹介していきたい。

日本シリーズ2017の日程とテレビ中継時間

日本シリーズ2017を放送するテレビや中継時間などの日程は以下の通り。

スポンサードリンク





日本シリーズ第一試合 日程

福岡ソフトバンクホークスvs横浜DeNAベイスターズ

開催場所:ヤフオクドーム
開催日時:10月28日(土)18:30〜
テレビ中継1:TBS(地上波)17:55〜
テレビ中継2:TBSチャンネル2(CS)18:00〜
テレビ中継3:NHKBS1(BS)18:15〜
テレビ中継4:RKB毎日放送(地上波)18:00〜

日本シリーズ第二試合 日程

福岡ソフトバンクホークスvs横浜DeNAベイスターズ

開催場所:ヤフオクドーム
開催日時:10月29日(日)18:30〜
テレビ中継1:フジテレビ(地上波)18:30〜
テレビ中継2:フジテレビONE(CS)18:30〜
テレビ中継3:NHKBS1(BS)18:15〜
テレビ中継4:テレビ西日本1(地上波)18:30〜

日本シリーズ第三試合 日程

横浜DeNAベイスターズvs福岡ソフトバンクホークス

開催場所:横浜スタジアム
開催日時:10月31日(火)18:30〜
テレビ中継1:TBS(地上波)18:15〜
テレビ中継2:TBSチャンネル2(CS)18:15〜
テレビ中継3:RKB毎日放送(地上波)18:15〜

日本シリーズ第四試合 日程

横浜DeNAベイスターズvs福岡ソフトバンクホークス

開催場所:横浜スタジアム
開催日時:11月1日(水)18:30〜
テレビ中継1:TBS(地上波)18:15〜
テレビ中継2:TBSチャンネル2(CS)18:15〜
テレビ中継3:NHKBS1(BS)18:15〜
テレビ中継4:RKB毎日放送(地上波)18:15〜

日本シリーズ第五試合 日程

横浜DeNAベイスターズvs福岡ソフトバンクホークス

開催場所:横浜スタジアム
開催日時:11月2日(木)18:30〜
テレビ中継1:TBS(地上波)18:15〜
テレビ中継2:TBSチャンネル2(CS)18:15〜
テレビ中継3:RKB毎日放送(地上波)18:15〜

日本シリーズ第六試合 日程

福岡ソフトバンクホークスvs横浜DeNAベイスターズ

開催場所:ヤフオクドーム
開催日時:11月4日(土)18:30〜
テレビ中継1:
テレビ中継2:
テレビ中継3:
テレビ中継4:

日本シリーズ第七試合 日程

福岡ソフトバンクホークスvs横浜DeNAベイスターズ

開催場所:ヤフオクドーム
開催日時:11月5日(日)18:30〜
テレビ中継1:
テレビ中継2:
テレビ中継3:
テレビ中継4:

テレビ中継時間の空白の箇所については
判明次第、追記していきたい。

スポンサードリンク





延長戦や引き分けの場合、再試合はある?

日本シリーズのルールは先に4勝したチームが勝者となる。

また、延長は通常よりも長い15回まで行われるため、
引き分けになるケースはほとんど無いが、

仮に3勝3敗1分などで決着がつかなかった場合はどうなるのだろうか。

上記のような場合は第8戦が翌日に行われ、
この試合は第7戦を行なった球場(2017年の場合はヤフオクドーム)で
延長無制限の試合が行われることとなる。

日本シリーズ優勝はソフトバンクかDeNAか予想は?

今回の日本シリーズはパリーグを圧倒的なゲーム差をつけて優勝し、
戦力も非常に充実しているソフトバンクと、

クライマックスシリーズで王者広島との対決を制し、
勢いに乗るDeNAが対決するが、

日本シリーズはどちらが優勝すると予想されているのだろうか。

ネットの意見を見てみると、
やはり王者ソフトバンクの優勝を予想している方が多く見られる結果となっている。

野手で言えば、CSで復帰した柳田選手やCS史上初の4試合連続ホームランを達成した内川選手、
パリーグ本塁打王、打点王のデスパイネ選手、ムードメーカーの松田選手など
圧倒的な打撃陣に加え、

先発投手も非常に安定しており、中継ぎ陣に至っては
2017年のシーズンで6回以降リードしていれば58勝1敗と
どの面を見ても、隙がほとんど見当たらない完璧なチームと言える。

一方のDeNAは打点王のロペス選手、
WBC日本代表の4番でCSでも3本のホームランを放った筒香選手、
首位打者の宮﨑選手などのクリーンナップがセリーグ最強とされており、

ソフトバンク投手陣といえど、簡単に抑えられる打線ではないことは間違いない。

また、先発投手も左腕3投手などが安定しており、
中継ぎ陣はCSでもほとんど失点を許すことなく、大舞台で結果を残している。

さらに、セリーグを圧倒的強さで優勝した広島に対し、
4連勝で撃破という勢いの良さやラミレス監督の強気な采配は
日本シリーズにも大きく影響する可能性があり、注目ポイントとなっている。

個人的には戦力だけでみると、ソフトバンクの優勝を予想しているが、
野球は何が起こるかわからないスポーツであるため、

CSの勢いのまま日本一になる可能性もあり、接戦になるのではないだろうか。

DeNAは3位からの下克上を果たしたものの、
これに対し、様々な意見が挙がっているが、

決められたルールに従って勝ち進んだのには変わりないため、
セリーグ代表として胸を張って対戦してほしい。

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る