倉持麟太郎弁護士の画像と経歴!結婚して嫁がいて山尾志桜里議員とはW不倫だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

7日発売の週刊文春に山尾志桜里議員の不倫が報じられることを受け、
すでに幹事長の職が内定していたが、

それを取り消されていた事実が発覚したことが話題となっている。

そのお相手はテレビ等にも出演している倉持麟太郎(くらもち りんたろう)弁護士で、
彼にも嫁などの家庭を持っているため、W不倫ということとなる。

そんな山尾志桜里議員の不倫相手である倉持麟太郎弁護士とは
どのような人物なのか、画像などとともに経歴などをご紹介していきたい。

スポンサードリンク





倉持麟太郎の画像と経歴

【倉持麟太郎弁護士の画像】

【プロフィール】

  • 名前:倉持麟太郎(くらもち りんたろう)
  • 生年月日:1983年1月16日生まれ
  • 年齢:34歳(2017年9月6日現在)
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 趣味:野球、ピアノ、読書、映画鑑賞など

【学歴】

  • 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
  • 中央大学法科大学院 修了

【経歴】

  • 弁護士登録(2012年)
  • 弁護士法人仁平総合法律事務所に所属(2012〜2014年)
  • 「弁護士法人Next」を開設し、代表弁護士に(現在)

などという経歴となっている。

また、上記の他にも

  • 慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師
  • 東京雇用労働相談センターの担当弁護士
  • 日本弁護士連合会・憲法問題対策本部幹事
  • 第二東京弁護士会憲法問題検討委員会幹事

東京MXの「モーニングCROSS」ではレギュラーコメンテーターを務めるなど、
幅広い活動をしている人物だ。

モーニングCROSS出演時の動画がこちら。

画像や動画を見てもらうとわかる通り、
少しワイルドな顔つきをしていることからイケメンだとする声も一部で挙がっている。

以上が倉持麟太郎弁護士の画像や経歴である。

倉持麟太郎の嫁や子供は?

倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里議員のニュースは
一部報道で「W不倫」と報じられていることから、

倉持麟太郎議員にも家族が存在する。

ただ、嫁や子供に関する情報の明記は見つからず、
ネットでも情報が見つからないのが現状であるため、

おそらく、嫁に関しては学生時代の知り合いなど
一般人であることに間違い無さそうだ。

今回のW不倫は倉持麟太郎の仕事に大きな影響も

まず、上記の経歴でもご紹介した通り、
倉持麟太郎弁護士は東京MXでコメンテーターとして出演している。

しかし、今回の不倫報道で世間のイメージやスポンサーの関係から
レギュラーコメンテーターを降板する可能性が考えられる。

特に「モーニングCROSS」のレギュラーコメンテーターは
Wikipediaで調べると50名以上いるので、
番組からお声が掛からなくなるのは必然的だと言える。

さらに、倉持麟太郎弁護士の所属する「弁護士Next」は
ホームページを見ると、

社会の医師として~身近なホーム・ロイヤー~

我々のコンセプトは、お医者さんで例えると、
大きな総合病院や大学病院ではなく、「小さな、でも親切な町医者」。

大きな病院のように待たせません。フットワーク軽く、
どんな些細なお悩みでも、お気軽にご相談ください。
親切に丁寧に、どんなご相談でもお伺いします。

当事務所では、男女問題・遺産相続などの家事事件や、
倒産事件(債務整理を含む)、刑事事件などの個人のお客様向けの案件も多く取り扱っています。

などと明記されており、男女問題についても取り扱っていることが確認できる。

しかし、普通の感覚だと不倫している弁護士に
自身の問題を解決してもらいたいとは考えづらくなることから、
今回のW不倫は弁護士活動にも大きな影響が出る可能性が考えられるのだ。

スポンサードリンク





二人の繋がりは?

では、倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里議員はどのようにして不倫へと発展していったのだろうか。

調べてみると、山尾志桜里議員は倉持麟太郎弁護士が主催する講演会に参加しており、
コメントを寄せている証拠画像も見つかっている。

さらに、それだけでなく、
会食した際の画像も見つかっており、
非常に近い関係だったことが伺えるのだ。


今回の不倫報道は山尾志桜里議員が待つ高級ホテルの部屋に
倉持麟太郎議員が赤ワインとビールなどを持って入り、
翌朝に出てきて週4回も密会してたのだというのだから、不倫は確定だ。

しかし、山尾志桜里議員は事務所を通じて不倫を否定している。

先日、橋本健神戸市議が今井絵理子議員との不倫で話題になったばかりだが、
もう少し危機感というものがなかったのだろうか。

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る