中村奨成(広陵)の出身や彼女は酒井凜?母子家庭で育つも甲子園での成績が凄すぎると話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

第99回夏の甲子園もいよいよ残すは決勝戦のみとなり、
22日に準決勝が終わり、広陵(広島)と花咲徳栄(埼玉)の決勝戦を迎えるのみとなったが、

この甲子園で一躍脚光を浴びているのが
広陵高校の中村奨成(なかむら しょうせい)選手。

22日現在の成績で、甲子園で6本のホームランを放っており、
打点17とともに100年以上続く甲子園の記録を更新する大車輪の活躍を見せている。

そんな中村奨成選手の出身地や出身中学、
彼女の情報などをご紹介するとともに、

甲子園で記録を打ち立てた彼は
母子家庭で育っていたことなどもあわせてご紹介していきたい。

スポンサードリンク





中村奨成の出身地などのプロフィール

  • 名前:中村奨成(なかむら しょうせい)
  • 生年月日:1999年6月6日生まれ
  • 年齢:18歳(2017年8月22日現在)
  • 身長:181cm
  • 体重:78kg
  • 出身地:広島県廿日市(はつかいち)市
  • 出身小学校:廿日市市立大野東小学校
  • 出身中学校:廿日市市立大野東中学校
  • 出身高校:広陵高校

出身地は広陵高校のある広島県廿日市市出身で
小学校や中学校は地元の学校に進学している。

小学校1年生の時に野球を始め、当初からキャッチャーをしていた。
中学では野球部に所属せず、「大野シニア」というシニアチームに所属し、
5つの大会で優勝。

そして、名門の広陵高校に進学し、
1年生からレギュラーとして活躍している。

以上が中村奨成選手のプロフィールである。
広陵高校は県外からも多くの生徒が集まってくるが、
中村奨成選手は地元広島県出身だということが判明した。

中村奨成は母子家庭で育ち、母親が練習相手だった

小学校1年生から野球を始めた中村奨成選手だが、
そのきっかけとなったのは母親の啓子さんの影響だという。

実は啓子さんは大のカープファンで、息子には

野球しかやらなせるつもりはなかった

というほど、野球に対する熱が熱い人だった。

そのため、小学生の頃はキャッチボールの相手をしたり、
中学生の頃はバドミントンの羽をトスして
トスバッティングの練習などを手伝っていたのである。

活躍する選手といえば、野球の知識を持った父親がいて、
小さい頃から指導していたという経験談はよく聞かれるが、
中村奨成選手のように母子家庭というケースはあまり聞かれず、

おそらく、啓子さんは野球の練習に対する知識はそれほど詳しくなかったと思うので、
練習に対する心構えなどの精神的な部分を中心に叩き込んでいた可能性もある。

中村奨成の彼女に酒井凜の名前が挙がる

中村奨成選手について調べると、「酒井凛」という名前がヒットするため、
この人物が彼女なのではないかと噂になっている。

しかし、調べてみると、酒井凛さんは広陵高校3年生で実在する方で
硬式テニス部に所属しており、全国大会で入賞するほどの実力の持ち主だ。

そして、この二人が交際しているという情報は一切なく、
中村奨成選手が彼女と思われる女性と二人で撮ったプリクラの画像が流出しているため、
その方が彼女だと思われる。
(実名や画像に関してはプライバシーの関係上、公開は控えたい)

中村奨成の甲子園の成績のまとめ

そんな中村奨成選手の甲子園での成績が凄いことになっているため、
以下にまとめてみた。

  • 1回戦 中京大中京
    5打数4安打3打点(本塁打2)
  • 2回戦 秀岳館
    4打数3安打3打点(本塁打1)
  • 3回戦 聖光学院
    4打数3安打4打点(本塁打1)
  • 準々決勝 仙台育英
    5打数2安打0打点
  • 準決勝 天理
    5打数4安打7打点(本塁打2)

【合計成績】
打率.696(23-16) 本塁打6本 打点17打点 出塁率.741
という異次元の成績を収めている。

スポンサードリンク





中村奨成選手はドラフトでカープが指名か?

中村奨成選手の地元広島といえば、広島東洋カープだが、
中村奨成選手のこの活躍にドラフト1位で指名されるのではないかと話題になっている。

特に野球を始めるきっかけとなった母親が大のカープファンということで、
おそらく、中村奨成選手もカープファンであることが予想できるため、
本人としても、カープに行きたい気持ちが強いかもしれない。

ただ、今回残している成績ももちろんだが、

  • ポジションがキャッチャーであること
  • 甲子園常連の名門校を相手に結果を残していること

などを考えると、他球団もドラフト1位で指名してくる可能性は十分あると考えられる。

また、中村奨成選手の6本のホームランの内訳は

  • 左中間3本
  • バックスクリーン1本
  • 右中間2本

などと、広角に打つことが出来ている点も評価されている。

さらに、強肩で足も早いため、
全ての能力を兼ね備えた強打の捕手はプロ野球界でも不足しているため、
どこの球団も喉から手が出るほど欲しい選手なのだ。

しかし、いくら素材が良くても育成がしっかりしていないと才能が開花しない可能性もあるため、
しっかり育成できるという点ではカープに入団するのは悪くないだろう。

ただ、広島県の地方大会の成績は
打率.176 本塁打2本 打点4打点
とそこまで目立った活躍ができていない点が
スカウトの評価にどう影響するのかが不明であるため、

高校日本代表に選出されていることから、
甲子園後の活躍によって評価が大きく変わると思われる。

甲子園で記録を打ち立てたことで注目が集まっている中村奨成選手だが、
今後どうなるのかにも注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る