山口俊の嫁 高木加織(かおり)の悪態やセレブ生活と画像とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今月18日に先発予定だった巨人の山口俊投手が
暴行事件を起こしたため、現在登録抹消され、
今後の去就が注目されているが、

そんな山口俊投手の嫁で元グラビアアイドルの
高木加織(かおり)さんにも注目が集まっており、
7月25日発売の「フラッシュ」にはセレブ生活が記載されている。

また、一部報道では山口俊投手が事件を起こした際に
嫁も同伴しており、悪態を付いていたなどという情報も流れているが、

高木加織さんとは一体どの様な人物なのだろうか。
画像などとともにご紹介していきたい。

スポンサードリンク





高木加織の画像とプロフィール

【高木加織の画像】

  • 名前:高木加織
  • 生年月日:1985年7月23日
  • 年齢:32歳
  • 出身地:愛知県
  • 所属事務所:YMN

山口俊投手と高木加織さんは2014年12月25日に入籍しており、
2015年3月20日に第一子、2016年8月20日に第二子が誕生している。
二人の結婚はデキ婚だったとの情報も。

元グラビアアイドルで1999年に「ミス・ヤングマガジン」を受賞し、
テレビ出演も多数していた。

グラビアアイドルとして目立つ感じではなかったが、
上昇志向が強い性格で、結婚前はセレブな男性との飲み会に積極的に参加していた。

以上が高木加織さんの画像とプロフィールなどのご紹介である。

高木加織のセレブ生活が話題に

そんな高木加織さんだが、
山口俊投手の嫁になってからセレブ生活っぷりが凄いのだという。

それがどれほどのものかというと、

  • 派手な生活ぶりなどをツイッターに投稿。
  • 世田谷一等地に3階建ての一軒家を購入。
  • 2,000万円以上のベンツなど高級車を複数台所持。

などとなっており、
家や車の購入は山口俊投手ではなく、嫁の高木加織さんが決めたとのこと。

また、実際に高木加織さんのツイッターを見てみたが、
特にセレブ生活っぽい画像は見受けられず、
インスタの画像を全て削除していることから、
ツイッターもセレブ生活っぽい画像などが削除された可能性が高い。

山口俊の移籍は高木加織の悪態が理由だった?

また、山口俊投手は今年からFAで
DeNAから巨人に移籍しているが、

この移籍を後押ししたのも嫁の高木加織さんの影響が大きかったという。

というのも、DeNAが山口俊投手に提示した金額は3年5億とされているが、
巨人が提示した金額は3年7億。

もし、この移籍が山口俊投手の望む形ではなかったとすると、
高木加織さんが悪態をついたことになるが、

山口俊投手が事件を起こしてから、古巣DeNAの関係者が証言しているのは
彼の酒癖の悪さで、酔ってくると命令口調となり、
若手選手もそれを断りきれず、評判はあまり良くなかったどころか、
移籍してくれてよかったという声も出てくるほどである。

それを山口俊投手も感じていたのだとしたら、
自ら志願して移籍したと思われるため、
高木加織さんが無理やり移籍を促す悪態をついていたことにはならない。

高木加織は病院で悪態をついていた?

山口俊投手が事件を起こしたのは自身の誕生日である11日のことで、
右手甲を怪我したため、泥酔した状態で病院に行ったところ、
暴れて物を壊しただけでなく、警備員に怪我を負わせたというものだ。

ただ、病院に行った際に高木加織さんと思わしき女性が
一緒に連れ添っていたことが明らかとなっており、

山口俊投手の行動を制止するのではなく、
一緒に悪態をついて病院を立ち去ったとされている。

上記の悪態の話が本当かどうか定かではないが、
山口俊投手は鳴り物入りで移籍してきたにもかかわらず、
怪我などで出遅れ、現在1勝しかしておらず、
防御率も6.43と決して良い成績とは言えない。

こうした状況に、二人とも切羽詰まった精神状態となっており、
そのうえ、野球選手の商売道具である手をプライベートで怪我してしまったことで、
今回の事件に至ったのかなと個人的に思う。

スポンサードリンク





ファンからは解雇しろの声も

巨人といえば、野球賭博問題で世間を賑わせたばかりであり、
ようやくその熱りが収まってきた時に今回の事件ということで、
ファンからは「解雇すべき」などと厳しい意見が多く挙がっている。

また、今回の事件は被害者が存在するため、立派な事件であり、
山口俊投手はファンや関係者からの信用を大きく失っている。

よくプレーで恩返しをするという言葉があるが、
さすがに今回の事件はその言葉が当てはまらない気がするため、
今後、巨人はどのような対応をとっていくのかに注目である。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る