小室圭さん(ICU)の家柄と実家の両親の職業は?仕事をしながら大学院生だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

5月16日、眞子さまと婚約することが発表された
ICU(国際基督教大学)出身の小室圭さん。

皇族と一般人との婚約ということで、
小室圭さんの家柄や両親の職業など、
実家に関する情報が多く注目されている。

報道から1日経過して、それらの情報が明らかになってきたため、
まとめていきたい。

スポンサードリンク





小室圭のプロフィール・経歴

【小室圭の画像】

  • 年齢:25歳
  • 実家:神奈川県横浜市港北区
  • 居住地:神奈川県横浜市北区在住
  • 趣味:バイオリン、スキー、料理
  • TOEIC:950点
  • 高校時代までインターナショナルスクールで過ごす
  • 個別塾の講師をしていた
  • ICU(国際基督教大学)に進学
  • 2010年、大学在学中に江ノ島の「海の王子」に選出される
  • 大学卒業後、アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ留学
  • 仕事:三菱東京UFJ銀行に勤務していた
    →現在は法律事務所に勤務しながら一橋大学大学院に通っている

年齢は眞子さまと同じ25歳で、
ICU大学在学中に意見交換会で知り合い、
5年ほど前から交際していたという。

高校時代までインターナショナルスクールに在籍していたため、
海外で生活しており、TOEIC950点と勉強ができるだけでなく、
個別塾の講師のアルバイトをしていた時には周りに気配りができ、
子供や周囲からの評判は良かったという。

また、趣味にバイオリンを挙げているところからも、
育ちの良さが伺える。

小室圭の両親の職業などの家柄は?

これだけ良い育ちをされている小室圭さんだが、
父親と母親などの両親の職業や家柄が良いのだろうか。

まず、父親に関しては小室圭さんがまだ小学生か、
それ以前の時に亡くなっており、職業は明らかとなっていないが、
インターナショナルスクールに通っていたことを考えると、
海外をまたにかける職業に就いていた可能性も考えられる。

また、小中学校時代は国立にある学校に通うために
母子だけで生活していたとのことで

母親の職業はケーキ店に勤めており、
小室圭さんを支えてきたという。

つまり、父親の職業は不明だが、
母親は現在ケーキ店に勤務しているとのことで、
家柄が特別に良いというわけでもなさそうだ。

ちなみに現在は母親と祖父の3人で暮らしているという。

スポンサードリンク





小室圭は学費に苦労していた?

小室圭さんが在籍していたICU大学の学費は
1年間で140万円ほどなので、私学としてはトップクラスの学費の高さである。

上記でも紹介した通り、父親は亡くなっており、
母親の職業はケーキ店に勤めているため、
決して裕福な家庭ではないことがわかる。

そのため、ICU大学時代は近所のフランス料理店でアルバイトをしており、
それを学費の足しにしていたという証言が出ている。

さらに、それ以外にも個別塾の講師のアルバイトもしていたため、
ICU大学で学びたいという欲が強く、
そのような意識が上記のような輝かしい経歴に繋がっていると思われ、

かなりの苦労人なのかもしれない。

眞子さまに悪い噂も

5月16日に小室圭さんとの婚約を発表した眞子さまだが、
一部では悪い噂も流れ始めている。

その発端は2016年11月1日号の週刊女性に掲載された以下の画像だ。
【画像①】

【画像②】

この画像の男性が小室圭さんに見えないと感じた人が多く、
別の男性なのではないかという情報が広がり、

山守凌平という名前までもが挙がり、
眞子さまの男癖が悪いのではないかと噂されてしまっているのだ。

しかし、5月17日に週刊女性が以下のモザイク無しの画像を掲載し、
小室圭さんであることを発表したため、
結局このような噂はデマだったのである。

小室圭と眞子さまの今後は?

眞子さまは今後、皇族から一般人になるわけだが、
そのためにはいくつかの儀式が行われる。

その主な儀式が以下の通りである。

  • 納采(のうさい)の儀
    結納のこと
  • 告期(こっき)の儀
    結婚式の期日を伝える
  • 賢所皇霊殿神殿(かしこどころこうれいでんしんでん)に謁(えっ)するの儀
    皇室の祖神などに結婚を報告する
  • 朝見(ちょうけん)の儀
    天皇皇后両陛下にお別れの挨拶をする
  • 入第(じゅだい)の儀
    小室圭さん側が迎え入れる
  • 結婚式

時期については未定で、17日の会見でも発表されることはなかったため、
今後の動向に注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る