中川俊直 ストーカーと重婚ウエディングでフライデーに続くスキャンダルに前川恵も呆れ顔?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

18日、自民党の中川俊直議員が政務官を辞任することが突如発表された。
辞任する理由は「一身上の都合によるため」としたが、
20日発売の週刊新潮によって不倫スキャンダルが報じられるため、
それによって辞任することが明らかとなった。

中川俊直議員といえば、先月発売のフライデーが
同じ自民党所属の前川恵議員との不倫を報じたばかり。

相次ぐ不倫スキャンダルが辞任の理由かと思いきや、
今回の相手の女性とは重婚ウエディングをした上に
なんと、警察によってストーカー登録されていたことが明らかとなったのだ。

そこで、改めてフライデーの内容などをご紹介していきたい。

スポンサードリンク





中川俊直と前川恵のフライデーの画像

【中川俊直議員の画像】


【前川恵議員の画像】


【フライデーの画像】


左が今回のスキャンダルの画像を加工したもので、
写真に写っているのが中川俊直議員と前川恵議員。

マンションに入る姿と出る姿を撮影されている。

フライデーのスキャンダルの内容

中川俊直議員と前川恵議員のスキャンダルの内容をまとめると以下の通り。

  • 2月22日23時半頃、前川恵議員の事務所マンションに中川俊直議員が裏口から迎えられ入っていった。
  • 3時間ほど過ごした後、再び裏口から中川俊直議員が出ていき、
    その後、前川恵議員もエントランスの方から出て行った。
  • 2月28日19時過ぎ、再びマンションから二人の姿が確認され、
    徒歩5分圏内のカフェレストランで周りの目を気にせず食事を楽しんでいた。
  • その後、二人は再びマンションへと戻って行った。

以上がフライデーが確認した二人のスキャンダルの内容である。
また、フライデーが取材を進めると、

  • 二人の関係は約2年間続いている。
  • 週に3〜4回ほど会っている。
  • 二人が会っているマンションは一般法人日本フードバンク協会の事務所で
    前川恵議員が会長を務めている協会の事務所だった。

などの事実も判明しており、期間が長期的で頻繁に会っていたこと、
さらに不倫現場が仕事で借りているマンションとのことで、
批判というよりは呆れたという声が多い印象を受ける。

中川俊直と前川恵は共に否定

フライデーがこの件について二人に別々に直接取材を試みると、
二人とも揃って不倫の事実を否定

というのも二人の言い分としては、
その日に会っていたのは議員連盟の打ち合わせのためであり、
中にはスタッフの方もいたとしている。

しかし、二人は上記のスキャンダル内容の際の服装はラフなもので、
前川恵議員に関してはTシャツ短パン姿だったというため、
その服装で打ち合わせをしていたというのは無理があるだろう。

中川俊直と前川恵の結婚は?

今回のスキャンダルを不倫とご紹介したが、
前川恵議員は現在結婚していないため、不倫相手という立場であり、
中川俊直議員は結婚していて3人の子供がいるという。

3人の子供は父親が議員ということで誇らしかったと思うが、
このスキャンダルが発覚したことで肩身が狭くなるだろう。

また、議員という立場上、二人の仕事にも影響すると思われたが、
18日、冒頭でもご紹介した通り、中川俊直議員が突如辞任を発表した。

それは今回のスキャンダルが原因ではなく、別の女性とのスキャンダルで、
重婚ウエディングやストーカーなどという衝撃的な内容となっているという。

スポンサードリンク





重婚ウエディングとストーカー登録とは

重婚ウエディングという言葉を検索しても適当な情報が出てこないが、
おそらく、現在の嫁だけでなく、不倫相手と挙式や披露宴を挙げたことを指しているのだと予測する。

ただ、この不倫相手とも婚姻届を提出していたとすると、重婚罪という法律に触れるため、
婚姻届は提出せずに、挙式や披露宴のみを挙げていたものと思われる。

しかし、その女性との関係がこじれると、
警察にストーカー登録されるほどの行動をとっていたという。

ストーカー登録とは被害者が登録しておくと、警察に110番した際に
通報者の情報がパソコン上に表示され、短い会話でも近くの警察官が急行するというもので
ストーカーといえば、つきまといや嫌がらせなどの印象だが、
中川俊直議員はストーカー登録されるほど酷い行動をとっていたということになる。

しかも、重婚罪やストーカーは一般的に懲役2年という犯罪であり、
報じられると判明した段階で辞任しているのを見ると、
事実であることを認めているようなものであるため、
ただ、辞任だけで済む内容なのかに注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る