渡瀬恒彦 余命の激痩せ写真や9系の代役は誰?胆のうがんで病院治療していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

渡哲也さんの弟で俳優の渡瀬恒彦さん(72歳)が14日、
多臓器不全のため死去していたことが発表された。

渡瀬恒彦さんといえば、「十津川警部」や「おみやさん」、
「警視庁捜査一課9係」などの作品で知られ、
幅広い世代の層に人気のあった名優の突然の訃報に
驚きと悲しみの声が挙がっている。

また、2017年4月スタートの「警視庁捜査一課9係」にも出演予定だったが、
その時の写真が激痩せしていると話題になっており、
余命も心配されていたようだ。

「警視庁捜査一課9係」は現在撮影が進んでいるとのことだが、
代役は誰になるのだろうか。

スポンサードリンク





渡瀬恒彦の激痩せ写真で余命を心配する声が挙がっていた

渡瀬恒彦さんの激痩せ写真がこちら。

以下の宣材写真と比べるといかに激痩せしているのかがよくわかる。


さらに昨年の「警視庁捜査一課9係」のクランクアップの時の写真がこちら。


渡瀬恒彦さんは2015年秋に胆のうがんが発覚しているため、
この写真の時にはがん治療を続けながら撮影に臨んでいたという。

9系の代役は無しのまま軌道修正か

「警視庁捜査一課9係」といえば、渡瀬恒彦さんが主演を務め、
2006年から放送開始し、今年で12年目となる。

本人も

「“9係”は僕にとって、
“やらせてください、やりたいんです!”と言いたい作品。
そういう存在です」

と発言するほど思い入れのある作品だ。

しかし、撮影は3月から開始したものの、そこに渡瀬恒彦さんの姿はなかったという。
というのも、2月中旬に左肺に気胸を発症しタコとで入院治療を続けており、
3月に入ると敗血症を併発し、ドラマの撮影をできる状態ではなかったのだ。

そのため、現在は1話、2話の撮影が終了しているが、
渡瀬恒彦さんのシーンを井ノ原快彦さんらの出番に変更する形で乗り切ったという。

それ以降の脚本も渡瀬恒彦さんの出演シーンが書かれていないといい、
渡瀬恒彦さんの代役を立てるのではなく、
出演シーンをカットする軌道修正の形で話が進められていくようだ。

また、渡瀬恒彦さんは2017年4月スタートの9系に対して

今回のみどころは竹中(直人)さんが入ったり、中村(俊介)さんが出演することで
イノッチと中越さんの関係がどうなるのか、というところでしょうか。
竹中さんとは…会いたくないですよ(笑)。
それは冗談ですが、これまで2、3回共演したことがあります。
彼は彼ならではのお芝居をする方なので、今回も共演がとても楽しみです。

などというコメントを残しており、今作から新加入する竹中直人さんと
どのような芝居を交わすのかにも注目を集めていただけに本当に残念な結果となってしまった。

また、井ノ原快彦さんは

例えば、吹越(満)さんと田口(浩正)さんは、
こんな芝居をしたからそのつもりで後を続けて、と電話でバトンを渡してくれる。
そんな時に12年のチームワークを感じます。
でも、渡瀬さんの「もう1回やってみようよ」という言葉で、
みんなで芝居を作っていくという作業は最初からありました。
他の現場ではあまりないことかなと思うんですが、
それも座長の渡瀬さんが仕切ってやってくれた、というところが大きいと思います。
今回は竹中(直人)さんが加わってくださいますが、
渡瀬さんとの化学反応が面白いだろうなと思います。

などとコメントしており、いかに渡瀬恒彦さんが慕われていたかがよく伝わってくる。

しかし、今回の訃報ということで、
共演者の方々も気持ちの整理がつかない中で撮影を続けることは
裏方のスタッフを始め、改めてすごいことだと感心させられる。

スポンサードリンク





渡瀬恒彦の胆のうがん発覚から現在までの経緯

2015年夏
体調不良を訴え、検査をした結果、胆のうがんが見つかる。
仕事を5ヶ月間休養して治療に専念した結果、仕事復帰するまでに回復した。

2015年12月〜2016年2月
「おみやさん」の撮影が2015年12月から始まるも、
滑舌が悪かったり、すぐに息が上がってしまったりと、
体調に異変が見られた。

2016年7月
1992年から23年間続けてきた十津川警部を降板。
原因は発熱を繰り返し、撮影がなんども中断したためで、
鹿児島にある「UMSオンコロロジークリニック」で治療に専念する。

2017年1月
ドラマ「そして誰もいなくなった」に出演。
撮影に参加できるほど胆のうがんの状態が落ち着いてきた。

しかし、その矢先に親交のあった俳優の松方弘樹さんが亡くなり
「年齢も近く、東映の撮影所で共に育ってきました。今は言葉が出ません」
とコメントしていた。

2017年2月中旬
左肺に気胸を発症し、入院生活を送る。

2017年3月
敗血症を併発。
多臓器不全のため、死去。

こうして見ると、胆のうがんだったとはいえ、元気な姿を何度も見せていただけに
今回の訃報に驚きを隠せず、悲しみの声も多く見られた。


改めて、渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈りいたします。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る