甲府UFO事件は嘘で騒然?現在の場所とYくん山畠とKくん河野のテレビでの発言はどうなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2月22日に放送される「世界の何だコレ!?ミステリー」で
今からおよそ40年前に山梨県甲府市で起きた
「甲府UFO事件」が紹介される。

これは当時小学2年生だったYくんこと山畠克博氏と
Kくんこと河野雅人氏がUFOを目撃し、宇宙人に遭遇したというもので、
新聞にも取り上げられ、世間が騒然とした事件のことだが、

今回二人がテレビ出演するということで注目が集まっている。

甲府UFO事件は嘘なのか本当なのか、
当時の事件場所は現在どうなっているかも併せてご紹介していきたい。

スポンサードリンク





甲府UFO事件とは

1975年2月23日午後6時半頃、
場所は山梨県甲府市上町の日の出団地付近で
甲府UFO事件が発生する。

山城小学校に通う当時小学2年生の山畠克博氏と河野雅人氏が
ローラースケートをして遊んでいると、
突然オレンジ色に輝く二つの物体(UFO)を発見。

UFOの一つは北に向かって遠ざかっていったものの、
もう一つUFOは二人の頭上まで接近してきて、突然、黒い筒のようなものが伸び、
「カシャ、カシャ」とカメラで撮影するような音が聞こえていたという。

その姿を見た二人は怖くなり、現場から立ち去ろうとすると、
UFOが頭上をついてきたが、しばらくすると、
そのUFOももう一機と同じ方向に飛んでいったという。

その後、二人は家に帰るため、ぶどう畑をの近くを通ると、
炎のような光を発見する。

火事だと思って近づいた二人だったが、
その光は急に横滑りで移動し、青白い光に変化した。
そう、これは先ほど見たUFOだったのだ。

二人は好奇心で近づいて観察していると、
突然UFOのドアが開き、宇宙人が降りてきたという。

そして、河野雅人氏は山畠克博氏の後ろに近づく別の宇宙人の姿を目撃し、
「逃げろ!」と叫ぶが、山畠克博氏は宇宙人に気づかず、
肩を2回直接叩かれたのだという。

山畠克博氏は恐怖のあまり、腰を抜かし、
死んだふりをして倒れていると、宇宙人は辺り一帯を観察した後に
山畠克博氏から離れた。

その隙に河野雅人氏は山畠克博氏を背負ってぶどう畑から逃げ出したのだ。

山畠克博と河野雅人の家族もUFOを目撃

その後、河野雅人氏の家に帰ると、山畠克博氏の家族も家に来ており、
「UFOを見た!」という言葉に最初は信じなかったものの、実際に現場に行ってみると、
確かにオレンジ色に輝く円盤型のUFOを確認。

その姿に現場は騒然としたが、最終的には強い光を放ち、姿を消してしまった。

しかし、子供だけでなく、大人もこのUFOの姿を目撃したということで、
情報が広まり、山梨日日新聞などの協力によって現地調査が行われ、
日本で起きたUFOや宇宙人関連の目撃事件としては最も有名な部類として、
記録に残り、日本を騒然とさせた事件の一つとなっている。

甲府UFO事件の現場と現在の様子

実際に二人がUFOを目撃した現場である
ぶどう畑の現在の様子を収めた動画があったため、ご紹介したい。

現在、ぶどう畑は無くなっており、住宅街となっていることが動画からよくわかる。

山畠克博と河野雅人が見たUFOの特徴と宇宙人の特徴

二人は目撃したUFOと宇宙人について以下のような特徴を述べている。

【UFOの特徴】

・直径5m(資料によっては2.5m)
・高さ2m(同1.5m)
・ドーム部分の下に皿を逆さにしたような本体のある円盤型
・ドームと本体の間に半透明の四角い窓がいくつもある、黒い枠が沢山はめ込まれていた
・機体表面はステンレスのような銀色で、薄暗く輝いていたように見えた
・底部に3個の球形の着陸ギア
・本体には見たこともない文字が5個横書きされていた
・最初はドーム部分が回転していたが、やがて停止した

【宇宙人の特徴】

・宇宙人の姿身長120〜130cmくらい
・顔の色は茶色
・頭部に髪の毛は生えていない
・顔一面に深い横ジワが走っていて、目は確認できない
・口のあたりに3本の銀色の牙が生えていた
・耳はウサギのように長く大きく尖っており、真ん中には穴があいていた
・手の指は4本で、茶色の手袋のようなものをしていたように見えた
・足の指は長靴のようで、足袋のように2本に分かれていた
・銀色に光る服を着ていて、腰にベルト
・先端がラッパのように開いた銃らしき物を肩からさげていた
・早回し(高い)声をしていた

【UFOと宇宙人の画像】

二人以外に目撃証言も

さらに、UFOや宇宙人を目撃したのはこの二人だけではなかった。

保険外交員の佐藤さんもこの時、車を運転していると、
狭い道の途中に立ちふさがる身長130〜140cmくらいの宇宙人を目撃。
そのうちの一体がフロントガラスに手をつけ、
画像のような宇宙人が顔を寄せてきたため、騒然としたと証言している。

また、甲府市環境センターの管理人が
ぶどう畑からUFOが飛び立つのを目撃したという証言もあり、
この日にUFOや宇宙人を目撃したのが二人とその家族だけではなかったことから、
信ぴょう性が高いとする見方が強まったのだ。

スポンサードリンク





甲府UFO事件は嘘か本当か

今から40年前に発生した甲府UFO事件だが、
この事件について嘘であるという意見と
本当であるという意見に分かれているのが現状だ。

確かにこれだけの目撃証言があれば本当である可能性が高いが、
先ほどご紹介した保険外交員の佐藤さんの証言は
信ぴょう性が低いとされる雑誌に掲載された内容であるため、
嘘か本当かわからないとされている。

しかし、佐藤さんは

この画像のように顔出しでインタビューに応じており、
自分の正体を明かしていることから、嘘をついている可能性が低いとも受け取れる。

また、当時小学2年生だった山畠克博氏と河野雅人氏も
最初はYくんとKくんとして名前は一切公表していなかったが、
2月22日の「世界の何だコレ!?ミステリー」で紹介される際も
本名で登場することから本当に体験したという意思が伝わってくる。

UFOの存在に関しては2016年のアメリカ大統領選でヒラリー候補が
「自分が当選したらUFOの情報を公開する」と発言しており、
世界各国でも目撃証言があることから、
UFO自体は存在することはほぼ間違いないという見方が強い。

さらに、甲府UFO事件に関して、
これだけ詳細な情報を子供たちなどが発言している点からみても、
個人的には信ぴょう性が高いと感じ、二人の言っていることは正しいという印象を受けるが、
現在50歳近くになった二人がどのような発言をするのか注目したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る