新庄剛志 顔が変わったのは薬か整形?現在の画像とろれつが回っていない真相は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

元メジャーリーガーの新庄剛志さんが
2月20日に放送される「しくじり先生」に出演することが話題となっている。

放送の中では金銭トラブルがあったことなどを赤裸々に暴露するものと思われるが、
そんな中、顔が変わったなどといった彼の容姿に関する声も多く挙がっている。

確かに過去の画像と現在の画像を比較してみると、
印象が違うというのが正直な感想で、
中にはろれつが回ってないなどの理由から薬使用疑惑も囁かれているようだ。

そんな新庄剛志さんの現在の活動や
実際の顔の比較画像などをご紹介していきたい。

スポンサードリンク





新庄剛志の画像比較

まずは、実際にどれくらい顔が変わっているのかを見るために
新庄剛志さんの過去の画像と現在の画像を比較してみた。
【過去の画像】

【現在の画像】

こうして比較してみて見ると、
確かに昔の顔と現在の顔の印象が違うと感じてしまう。

しかも、最近はほとんどテレビに出演していないため、
それも整形疑惑が広まっている要因の一つとなっているだろう。

個人的に新庄剛志は整形していないのではと思う

私個人的な意見としては、確かに顔の印象が変わったと感じるものの、
画像から眉毛を描いていたり、カラコンを使用していることがわかるため、
化粧を厚く塗っているだけなのではないかと思う。

実際に人の顔の印象は眉毛を変えるだけでもだいぶ変わるのと、
カラコンを使用することでも大きく変わると言われており、
特にアイドルなんかは目を大きくするために
わざと黒いカラコンを入れているという情報も聞いたことがある。

もちろん、過去の画像は野球選手の時の画像なので、
眉毛を描いたり、カラコンは入れていないため、
整形ではなく、単にその違いなのかなと思う。

実際に鼻や口、骨格などは以前と変わっておらず、
もともと整形しなくても顔は十分整っている。

ただ、誰を意識しているのかはわからないが、
新庄剛志さんの中で現在、厚化粧をすることにハマっており、
それが少し度が超えていて、このような化粧をしすぎた結果、
整形疑惑を疑われているのだと思う。

新庄剛志の薬物使用疑惑は本当か

また、新庄剛志さんには以前から薬物使用疑惑が持たれている。
これは親交の深かった清原和博さんが薬物で逮捕されたことによるもので、
一時期、二人の容姿が似ていたことも理由の一つとして挙げられる。

その時の実際の画像がこちら。

確かに二人とも、肌を黒くして歯を白くしているという特徴が一致している。
また、新庄剛志さんは清原和博さんが通っていたのと
同じ歯医者に通っていたという情報もあるくらいだ。

ちなみに薬物使用者がこのような容姿をする理由として
肌は目の周りのくまを隠したりするためで、
歯はボロボロになるため、差し歯やインプラントにしてしまうのだが、
新庄剛志さんは自身の全て歯をインプラントにしたと公言している。

また、これは昨年公開された動画なのだが、
新庄剛志さんの喋り方に注目すると、
少しろれつが回っていないような印象を受ける。

このろれつが回らないのも薬物使用者の特徴の一つではあるが、
この動画だけでそれを判断するのも如何なものかと思うため、

2月20日に放送される「しくじり先生」で
ろれつがどうなっているかなどを注目しながら見て欲しいと思う。

新庄剛志は現在何をしている?

2月20日の「しくじり先生」の出演がテレビに久しぶりの登場となるわけだが、
新庄剛志さんは現在何をしているのだろうか。

実は現在日本には住んでおらず、インドネシアのバリ島でモトクロスに熱中しているとのこと。
モトクロスとはオートバイ競技の一つで、
未塗装のコースを走行し、順位を競うスポーツだ。

彼はモトクロスでプロの選手になることを目標に
およそ2,000万円をかけて、自身専用のモトクロスコースを作り、
そこで練習三昧の日々を過ごしているようだ。

スポンサードリンク





まとめ

新庄剛志さんが顔が変わったのは整形ではなく、
化粧やカラコンなどで整形に見えている可能性が高い。

薬物で逮捕された清原和博さんと似たような容姿をしていたことや
ろれつが回っていない時があったことなどから薬物使用疑惑が持たれているが、
あくまでも疑惑であり、決定的な証拠などは一切ない。

現在はインドネシアのバリ島で、モトクロスのプロ選手になるため、
練習三昧の日々を送っている。

整形や薬物など良くない噂が飛び交っているが、
あくまでも噂であることを信じたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る