幸福の科学に出家とは具体的に何をする?信者の給料や生活はどうなるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

女優の清水富美加さんが
幸福の科学に出家するというニュースが大きな話題となっているが、

そもそも、幸福の科学に出家すると、
具体的に生活など何をするもので、
信者としての給料はどうなるのだろうか。

個人的にあまりイメージが湧かなかったため、
幸福の科学に出家するという意味についてまとめてみた。

スポンサードリンク





一般的な出家の意味

まず、出家について調べてみると、

家庭における日常生活を求道,修行の妨げになるとして,家庭生活を捨て,
修行に最も適すると思われる環境に入って,
修行に没頭すること。また,その人をもいう。

とある。

一般的に宗教に出家するという意味は
お寺に弟子入りをして仏教などの修行をする日々を送ることを言うのだが、
幸福の科学において、「出家する」ということは別の意味を持っているのである。

幸福の科学における出家とは?

上記の一般的な出家は社会と隔離して修行に没頭することを言うが、
幸福の科学の出家はそうではない。

幸福の科学では教団の職員になることを出家と呼んでおり、
その割合はおよそ6000人に1人だと言う。

つまり、清水富美加さんは幸福の科学の職員になることが決定したため、
その時点で出家したということになるのだ。

幸福の科学の出家は具体的に何をするのか

では、幸福の科学に出家した清水富美加さんは
具体的にどのような生活を送るのだろうか。

教団の担当者によると、出家した後の具体的な生活スタイルについて

「朝の祈りから始まり、仏神への感謝と人々への救済を常に考え続けながら、
教団の指導者の一人として清浄な生活を送るものです」

と回答しているが、清水富美加さんの場合は

「健康が回復した後、ご本人の希望を汲みつつ、
人助けのプロとなるべく、まずは精神的修養を積んでまいります」

と回答している。

報道にもあるが、幸福の科学側の主張によると、
清水富美加さんは現在、医師からドクターストップを受けるほど
精神状態が芳しくないという。

所属事務所のレプロはこの事実を認めていないため、
どちらが本当なのかは未だに不明だが、

仮に精神状態が本当だとした場合、
まずは回復を優先させた後、
朝の祈りや指導者となるための修行を積んでいくものと思われる。

幸福の科学の信者として給料は発生するのか

幸福の科学に出家して上記のような生活を送ることになるわけだが、
信者としての給料は発生するのだろうか。

結論から言うと、給料は「僧職給」という形で支払われると言う。
これは信者たちのお布施などで賄われており、
おそらく、幸福の科学に限らず、どこの宗教でも
こうした形で職員に対し、給料が支払われているはずだ。

なので、芸能界を引退したからといって無一文になるわけではないのである。

清水富美加の出家後は映画に出演する可能性も

幸福の科学は映画の制作活動もしているのだが、
実は芸能事務所を抱えているのをご存知だろうか。

その芸能事務所の名前は「ニュースター・プロダクション」と言い、
所属タレントは公式ホームページで11名公開されているが、
実際に見てみたところ、どのタレントも聞いたことがなく、知名度は低い。

しかし、2017年夏に幸福の科学制作の映画
「君のまなざし」が公開されるのだが、
その映画には黒田アーサーさんや黒沢年雄さんなど
知名度のある俳優も出演するのだ。

彼らが幸福の科学の信者かは不明だが、
清水富美加さんも今後、こうした形で出家後に
幸福の科学の映画などに出演する可能性が高いと考えられる。

スポンサードリンク





まとめ

幸福の科学の出家は一般的な出家とは違い、
職員になることを指す。

出家後の清水富美加さんの具体的な行動は
まずは回復を優先させた後、
朝の祈りや指導者としての修行を積んでいくものと思われる。

ただ、幸福の科学は映画を制作したり、芸能プロダクションの抱えているため、
女優の経験を生かして映画に出演するなどの活動を積極的に行う可能性も高い。

しかし、こうなった場合、幸福の科学が所属事務所のレプロから
彼女を引き抜きしたと捉えられるため、
これは社会人として常識に欠けるといった意見も出てきている。

個人的には幸福の科学の担当者は「引退ではない」と発言していたため、
出家後に映画に出演する可能性は高いのかなと思うが、

そうなると、結局この騒動の一番の発端は何だったのか、
事務所を辞めたかったのか、仕事を続けられないほどの病気を抱えているのかなど
より疑問が大きく残る印象だが、今後どうなるのかに注目していきたい。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る