阿武孝雄(警視長の不倫)の画像と情報漏洩の可能性をフライデーがヤバい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

警察庁キャリアの40代の男性警視長が
警視庁在職当時、仕事を通じて知り合った女性と不倫関係になり、
女性の会社に事業を受注させていた可能性があることがフライデーによって判明した。

そして、この警察庁キャリアの40代の男性警視長の名前は
阿武孝雄(あんの たかお)氏であると特定されており、
フライデーには不倫相手が流出させた画像や
内容から情報漏洩の可能性も指摘されている。

スポンサードリンク





阿武孝雄のヤバい画像が流出

実際に阿武孝雄氏のヤバいとされている流出した画像がこちら。


左は普通の画像だが、問題なのは右の画像である。
女性のものと思われる靴の匂いを嗅ぎながら、
下半身はモザイクを入れなければならない状態となっているのが
画像から確認できる。

これは警視長の人間としてはあるまじき行為であり、
写真を撮影したのも不倫相手とのことで、
不倫をしていたということも、周りの信頼を大きく揺るがすものである。

では、警視長の阿武孝雄はどのような人物なのか、
経歴や家族構成などを次にご紹介していきたい。

阿武孝雄の経歴

【経歴】
京都大学法学部を卒業後、
1995年に警視庁に所属。

神奈川や北海道などで課長として歴任した後、
2011年、38歳で警務部長に就任し、これは県警のナンバー2と言われるポジションであり、
この若さでの就任は異例であるため、警視庁の中でもエリートと有名だったようだ。

2015年には警視庁交通部の課長に就任したが、
2016年に本人から不倫に関する申告があったことで
警察庁の室長に異動している。

阿武孝雄の家族構成

不倫ということなので、既婚者がおり、
子供も3人もいるという。

警視庁のエリートで結婚もしており、
子供もいて順風満帆な生活に見えていた阿武孝雄氏だが、
どのような内容を報じられたのだろうか。次にご紹介していきたい。

阿武孝雄の不倫のフライデー内容

不倫相手との関係が始まったのは
2015年には警視庁交通部の課長に就任した際に
この仕事を通じて不倫相手と知り合っている。

不倫相手は香里奈さん似の美人で年齢は30代。
某一般企業の役員を務める方だ。

そして、先に声をかけたのはこの女性ではなく、
阿武孝雄氏の方からだったといい、
名刺交換をした際にプライベートな誘いを頻繁に受けるようになったという。

この女性は阿武孝雄氏が既婚者であることを知っていたが、
女性に「結婚したい」と強く言っていたそうで、
その言葉を女性も信じて不倫関係を続けていたとのこと。

しかし、阿武孝雄氏はデート代やタクシー代などを支払う様子がないどころか、
体ばかりを求めてきたため、不満を持っていた。

さらに、女性の会社の経営状態の悪化によってデート代を支払えないことを告げると、
阿武孝雄氏の態度が急変し、結婚の話や同居の話を白紙にされたという。

これに女性は不満が限界に達し、フライデーにリークすることを決めて
上記の画像とともにフライデーに情報を売ったことになる。

阿武孝雄は警視長でありながら情報漏洩の可能性も

さらに、フライデーの内容には
機密情報が書かれたノートについても記載されており、

阿武孝雄氏はそのノートについて「字が下手でしょ」
などとネタにしていたということで
機密情報を女性に漏洩していた可能性も指摘されているのだ。

警視長が警察の機密情報をしかも不倫相手に漏洩させていたとしたら、
かなり大問題なことは間違いない。

スポンサードリンク





警視長はどれくらい偉いのか

最後に補足情報で警察の役職についてまとめてみた。

■警視総監
定員が1名で警察のトップ。
現在は高綱直良氏。

■警視監
定員が最大で41名で
警察庁の次官や地方警察局の局長などのこと。
「踊る大捜査線」の室井さんが最終的にこの役職に就任した。

■警視長
警察庁内の各局の課長や室長、警視庁の各部長などのこと。
今回フライデーされた阿武孝雄氏の役職。

■警視正
大規模な警察署の署長になることができ、
「踊る大捜査線」でユースケ・サンタマリアさんが演じた
真下正義は、最終的に警視正になり、
湾岸警察署の署長に就任していたのを想像するとわかりやすい。

■警視
警察庁では係長、地域の警察署内では副署長や次長などのこと。
水谷豊さん演じる「相棒」の杉下右京がこの警部である。

■警部補
各警察署の係長級の役職に就くことができる。
「踊る大捜査線」の青島は最終的に警部補になっている。

■巡査部長
警部補の補佐や巡査の指導、
また交番などの班長を担うことが多い

■巡査
日本の警察官の最下位の階級で
警察官全体の3割を占める。

これは上から偉い順となっており、
今回不倫をフライデーされた阿武孝雄氏は
上から3番目の役職に就いていたことがわかる。

しかし、今回の場合は情報漏洩の可能性も指摘されていることから、
ただの不倫ではない可能性もあるため、
警察はしっかりと調べた情報を包み隠さず、公開してほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • momo
    • 2017年 2月 16日

    何かと被害者面でテレビインタビューにも出ている女性側ですが
    6億円もの公費を不倫相手から不正に受注しているイベント会社経営者です
    要するに股開いただけで税金6億をかっぱいだこんな女、
    男もかなりの変態ですがこんなビッチも制裁食らわせるべきです

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別表示

カテゴリー

ページ上部へ戻る